ニコニコ動画【劇場公開記念】「ちはやふる2」1話~25話一挙放送、を見た その2(14~25話)

| コメント(0) | トラックバック(0)

chihaya2-14-535b.jpg

chihaya2-14-962.jpg

chihaya2-19-1088.jpg

chihaya2-24-30.jpg

chihaya2-24-1226.jpg

chihaya2-25-1116.jpg

肉まンゴ。
準々決勝、準決勝といの一番で負けた肉まんくん。
いつも負けてるわけじゃないし、基本的に強い相手と当たってる。
でもこれは印象悪い。
太一やかなちゃんにフォローされてちゃダメだろうと。
まあ姉ちゃんの件は同情しますが。

机くんが格好良すぎてもう。
全国大会初出場が準決勝。
いくら準備はしてきたと言っても肝心の試合勘はどうなのか。
結構健闘している…と思ったら肉まんくんに続きちはやも惜敗。
二勝二敗であとは机くんの勝ちに掛かっている状態。
出たばっかりでまさかの大役。
しかも運命戦、そのプレッシャーは半端無かったでしょうね。

しかし机くんは怯まない。
まさかの敵陣抜いた!!
運命線で敵陣抜くなんてほぼ100%不可能でしょう。
それを全国大会準決勝でやってのけた。
その上一か八かの掛けという訳でもなく、データ収集&かるたのジンクスを元にしたものだった!
机くんのIDかるたがここに集結。
出番少ないけど強烈に印象残しましたね。

実は決勝はあまり印象にない。
もう準決勝の机くんがインパクト強すぎて。
それでもいくつか印象に残ったことはあります。
まず山城理音。
富士崎が決勝戦にあえて下級生を入れてくるという習慣。
来年も勝つために、有望選手に経験を積ませようという意図ですね。

ぶっちゃけ今の3年生よりも弱くても入れる。
しかしこの先行投資が実を結び四連覇が成し遂げられたんだと思います。
苗字の通り山城今日子専任読手のお孫さん。
彼女もまた千早と同じ「感じ」の良い選手だった!
しかもその祖母が読手って無茶苦茶有利じゃないですか。

札合わせが出来てる!!
千早よりも「感じ」が良い、というか身内だしなあ。
そう思っていたら経験不足やスタミナ不足などが露呈して千早に敗北。
しかし彼女、千早に思わぬダメージを与えてしまったと。
そして大詰め、1勝2敗で迎えた2VS2の運命線。
太一と肉まんくんが示し合わせ、一か八かの賭けに出た。

予選決勝で北央学園にやられた「札分け」と逆。
同じ札を揃えて「これが読まれれば勝ち」という戦術。
後は神のみぞ知るです。
今後運命線で読まれなくてもいいから、これだけ取らせて欲しい。
太一必死の懇願が実り、水沢全国優勝しましたね。
…まさか2年で天下取っちゃうとは思わなかった。

個人戦に黄色信号。
いよいよ新やクイーンと戦う個人戦。
但し太一はB級なので戦いたくても戦えない。
そして千早ですが…山城理音戦で負傷。
苦肉の策で左手で出ることになった。
こりゃ負けるな。
コンディションが万全じゃない、という時点で千早の敗北は予想できましたね。
千早の個人戦は3年めに持ち越しでしょうか。

新がヤバイ。
1年半のブランクを経て綿谷新はどう成長したのか。
それは2回戦の肉まんくんと戦った時明らかとなった。
離れた札を片っ端から払う「渡り手」を繰り出してきた。
相手が1つ払うより前に2箇所3箇所払うという鬼のような技。
俺だって練習してきたのに、何でこんなに差があるんだ?
それ以上にひょろ君さえ覚えているのに肉まんくんを全然覚えていない新。
神がかり的な記憶力持ってるのにおかしい。
或いはそれほど親しくないから他人行儀なのか。 

太一VS山城理音。
B級の決勝はこの二人。
富士崎の主だった選手が負けてしまい、自分が勝たねば!と意気込む理音。
対する太一は…妙に落ち着き払っている。
ゾーン入ったとか、明鏡止水の心境に到達したかの様です。
この対地ならば楽勝…と思ったら千早が応援に来た。
止めろ逆効果だ。
案の定太一の無敵時間が終了してしまった。
しかしここで山城理音の弱点も明らかになりました。
耳が肥えすぎて、上手い読手じゃないと取れない。
みんなそうだと思うんですが、彼女はその差が激しいと。
極上の読手が近くに居たことによる不幸。
このせいで太一同様B級をウロウロしていると。

勝ったぞスグ新を見に行くぞ!
結局経験の差が物を言い、太一が勝利。
山城理音、鳴り物入りで出てきたのに個人でも団体でも負けてしまった。
せめてどっちか勝たせて「強敵だ!」とすべきだったような。
そして試合が終わったと千早を連れてA級決勝の会場へ急ぐ太一。
何か忘れていませんか?
そうです、優勝したらA級昇格。
これまで太一があと一歩及ばなかったA級に遂に昇格を果たした。
新やクイーンの試合を千早に見せることで頭がいっぱいだった太一。
太一のA級昇格をずっと気にかけていた千早。
互いを思いやって本人が忘れているという皮肉。

このニコニコメガネ!!
綿谷新はどのくらい強いのか?
それはクイーンに匹敵するほどのものなのか。
長らくライバル不在、独壇場だった高校選手権の個人戦。
新勝ってる。
当然焦ったクイーンは定石を捨てていろんな手段を試みる。

しかし何をされてもニコニコ笑う新。
煽っているわけじゃありません。
でも詩暢にとっては不快なことこの上ないと。
一周して原点に立ち帰った詩暢ですが時既に遅し。
但し詩暢は体調不良、雨に濡れたせいで発熱していた。
体調万全ではなかったという事で、完全な勝負は持ち越しですね。

原点はボロアパート。
新がいつもニコニコしている理由。
それは勝てなくて苛ついていた時祖父が言った一言。
お前はいつもそんな顔してかるた取ってるんか?
新にとって一番かるたが楽しかったのは千早と対戦した時。
以後常にそれを思い浮かべ「楽しむ」事を忘れていない。

どうするよ千早そして太一。
風邪引いていたとはいえクイーンを倒してしまった新。
強い、強すぎます。
仮にあと1年頑張っても、太一はおろか千早すら勝てそうな気がしません。
ちょっと強くしすぎたんじゃないでしょうか。
コンディション最悪の新じゃないと勝てそうにないけど、ドラマ的にそりゃ盛り上がらない。
原作者にとっては大変な宿題だと思いましたね。

一生かるたが好きで、新が好きなんだ。
そして太一にとって残酷なお知らせ。
千早が遂に自覚してしまった!
長い時間一緒なのは太一。
しかしたった一言、ひと目見るだけで千早の心を鷲掴みにしていく新。
その度に太一は心を乱されてきた訳です。

あの無駄美人も遂に恋愛に目覚めたのか。
それとも違う好きなのか。
やはり昔「卑怯者」だった男には天使は微笑まないのか。
富士崎の合宿に二人っきりで行った所で第2期は終了。
今後も目が離せない…というか第3期早くやってくれ!という終わり方でしたね。


公式サイト公式サイト2ウィキペディア / ニコニコ大百科公式Twitter(#chihaya_anime)

新しい記事: クロムクロ 第5話 『学び舎に来た男』 男がムチムチの太ももに惹かれるのは仕方ないと思います!

古い記事: ニコニコ動画【劇場公開記念】「ちはやふる2」1話~25話一挙放送、を見た その1(1~13話)

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4675

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net