ニコニコ動画【劇場公開記念】「ちはやふる2」1話~25話一挙放送、を見た その1(1~13話)

| コメント(2) | トラックバック(3)

chihaya2-13-224.jpg

chihaya2-13-244.jpg

chihaya2-13-964.jpg

2期一挙放送キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
BD-BOXの発売が5月だからやってくれると信じてました。
でも25話全部見てたら忘れる。
いや印象的なシーン多いんだけど、ちはやふるは多すぎて。
という訳で前半13話終わった所での感想。

新入生入学、そして全国高等学校かるた選手権大会再び。
千早たちも二年生になってクラス替え。
みんな一緒のクラスにはなりません。
太一と机くん。
千早と肉まんくん。
そしてかなちゃん、といった風にバラバラ。
更に2年になると、後輩が入ってくる。
同学年だけだった部に先輩後輩の関係が出来てくる。
これがかるた部の性質を大きく変えて行くんですね。

下の句かるた懐かしい。
紆余曲折あって新入生で残ったのは、
・恋愛脳の花野菫(太一狙い)
・北海道出身の筑波明博(下の句かるた経験者)
まあ5人だけの部なので、これくらいが無難というかなんというか。
でも2人共とんでもない曲者。

まず花野はかるたにまるで興味がなく太一目当て。
なのでかるたよりおしゃれ優先。
礼儀や形式に厳しい奏ちゃん(これも二年生になって知った)に窘められるものの、
百人一首なんて殆んど恋の歌じゃん。
ごもっとも。

そして筑波はかるた目的だけど、やって来たかるたが違う。
北海道独自の下の句かるた。
道産子である私にとって、かるたといえばこっちです。
上の句読んで下の句取るなんて出来るわけ無いじゃん。
初めて競技かるたを知った時の感想これでしたし。
なまじ似て非なる競技の経験者だっただけに、プライド高くて扱いに困ると。

指導方針とか出場選手とか。
これまで考えなくて良かった事を考えなくちゃならない。
そして大揉め。
毎回のように分裂の危機を迎えてしまう。
これまで「かるたでどう勝っていくか」しか考えてなかった千早たち。
しかし諸問題に対するスタンスがみんなバラバラなのが明らかになっていく。
考えようによってはより個性が出てくるという事になりますね。
ここらへんの描写が実に丁寧で見応えがあります。

軍師・机くん。
試合に関しては花野は問題ない。
しかし経験者筑波が大問題。
この男見栄っ張りで出たがり、挙句オーダー書き換えて自分が出ようとする。
弟達にとって俺はヒーロー、いい所見せたい。
その気持ちは分かるのですが、ズルはダメでしょ。

でも筑波のお陰で選手層がちょっと厚くなったのは事実。
元々参謀役みたいな感じだった机くんが偵察に徹するようになる。
徹しすぎてまた別の問題が起こるんですが。
試合に出たくないのかよ!(一緒に出て欲しい)
肉まんくんが机くんをレギュラーから降格させようとしたり。

新の出番も増えるよ!
第1期では子供時代に活躍したものの高校ではすっかりかるたを離れていた新。
千早と太一に触発されて再起したもののそこは東京と福井、団体と個人。
殆んど「千早の電話の君」と化していた太一が遂に始動します。
いやこれホント待ってました。
だって主役の一角なのに出番が少なかったから。
そんな彼の復活戦は…なんと替え玉。
チーム持ってない新は団体戦には出られません。
なので個人戦で千早と当たるのが見せ場になるはずだった。
太一はまだB級なので当たれないけど。

しかしたまたま団体戦を見学に来たら、中学の同級生に泣きつかれ他校の選手として替え玉出場。
新なにやってんのwww
しかもこれがバレて個人戦出場が危ぶまれる。
ほんと何やってんの新。
せっかくかるた再開したのにここで永久追放でもされたら笑えない。
しかしこの替え玉出場によって個人戦しか頭になかった新に変化が訪れる。
上の人は「真剣勝負=個人戦」というがそうだろうか。

詩暢の出番も増えるよ!
本来ならクイーンである彼女はラスボスなので、最後くらいしか見せ場がない。
そう思っていたらグッと出番が増えましたね。
原因は新です。
詩暢と新は旧知の仲、但しかるたのライバルとしてです。
いつも当たって負けていた。
肉まんくん同様のトラウマを植え付けれられているんですね。
但し肉まんくんと違って今は自分のほうが上、と倒す気満々ですが。

当然新復活を喜んでいるのですが、それが出られないかもしれない。
腕引っ張って運営委員の所へ行き、無理やり新の頭を下げさせる。
そして自分も頭を下げて、新が出ないなら自分も棄権する、とのたまった。
それは脅迫だ。
一応別の可能性も生まれてくるわけですね。
こんなに新に拘る、詩暢って新が好きなんじゃないの。
千早を巡る太一と新、という図式が変化する。
…今のところ色恋っぽい感じは微塵もありませんが、そう期待せずにはおれません。

団体戦準決勝!!
千早たち瑞沢高校は東京都予選で北央学園に惜敗。
でも今年から東京は2校出られる。
言わばB代表なんで他校のマークも薄い中、対戦相手にも恵まれて勝ち進んでいく。
イロモノ相手多い分見てて楽しいですね。
あと予備の選手が入った=戦力温存できるのは大きいということか。

そして準決勝の相手は明石第一女子。
西のクイーン候補・逢坂恵夢を擁する強豪。
千早綺麗サッパリ忘れていたけど、当然格上の相手です。
しかもこの学校美人が多い。
個人的にはウエーブの掛かったセミロングの早坂さんが良いですね。
感じと記憶、バランスの良い逢坂に大苦戦の千早。
果たしてどうなるか…という所で続きます。


公式サイト公式サイト2ウィキペディア / ニコニコ大百科公式Twitter(#chihaya_anime)

新しい記事: ニコニコ動画【劇場公開記念】「ちはやふる2」1話~25話一挙放送、を見た その2(14~25話)

古い記事: ガールズ&パンツァー(2周目) 第5話 『強豪・シャーマン軍団です!』 サンクスにとってこれほど強力な宣伝はあるまい。

関連記事

トラックバック(3)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4668

動画共有アニメニュース - ちはやふる2 (第2期) ~  第25話 ふじのたかねにゆきはふりつつ (2016年5月 5日 17:35)

ちはやふる2 (第2期) 第1話~ 第25話 ふじのたかねにゆきはふりつつ 小学校編から4年後、小学校卒業を期に3人はそれぞれの道を歩み始めた...

動画共有アニメニュース - ちはやふる 第1話  ~  第25話 もれいづるつきのかげのさやけさ (2016年5月 5日 17:42)

ちはやふる 第1話  ~ 第25話 もれいづるつきのかげのさやけさ 最終回 姉が日本一のモデルになることが夢である小学6年生の綾瀬千早は、転校生・綿...

だいたいこんな感じで -アニメ感想日記- - ちはやふる2【第1〜6話】感想 (2016年5月 5日 21:50)

☆第1話〜第6話までのまとめ感想です。 前作「ちはやふる」を見てから割と時間たってしまいました。dアニメで数話ずつまとめて見ています。 千早たちは2年...

コメント(2)

ちはやふる、2期は試合が多いから盛り上がりますよねー!
印象的なシーン多いですよね〜。3期希望ですー。

私も3期熱望しています。
この先の名人戦&クイーン戦そして3年になってからをアニメで見たい!!
その為に敢えて原作を見ないようにしているので。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net