甲鉄城のカバネリ 第2話 『明けぬ夜』 強くて可愛い無名に相変わらず熱い生駒...武士ども良いところなし。

| コメント(2) | トラックバック(11)

kaba-2-166.jpg

kaba-2-312.jpg

kaba-2-319.jpg

kaba-2-526.jpg

kaba-2-622.jpg

kaba-2-644.jpg

kaba-2-693.jpg

kaba-2-742.jpg

kaba-2-788.jpg

kaba-2-891.jpg

kaba-2-910.jpg

kaba-2-949.jpg

kaba-2-1061.jpg

kaba-2-1063.jpg

kaba-2-1079.jpg

kaba-2-1147.jpg

kaba-2-1284.jpg

kaba-2-1286.jpg

俺は踏みとどまった!
でもそんな生駒をみんなが受け入れてくれるのか。
そう思ったらやっぱり大変な目に遭いましたね。 

カバネにならずカバネの力を手に入れた言わばデビルマン生駒。
そして嬉しさのあまり巧にツラヌキ筒を自慢する。
じゃあお前は無事…。
いやカバネに噛まれた。
正直過ぎるのも考えもの。
巧ちょっと引き気味です。

無名の戦闘服キタ!そして戦闘シーン動きまくり。
武士道もがカバネに足止めされ非難もままならない中無名登場。
甲鉄城まで道を拓く。
言うが早いかカバネの中に降り立つ。
手始めに一匹の首刎ねた。
カバネ怒った。
一応仲間意識あるのかな。

そして次々とカバネを始末していく無名。
銃で、剣で、槍で。
これ見てると自分にもカバネ倒せるような気がするけど、良い子は真似しちゃいけませんね。
前回分かったことですが硬い心臓狙わなくても首落とせば倒せるんですね。 
だったらそっちを狙ったほうが良い気がする。

生駒調子に乗っちゃうから…。
ツラヌキ筒に自信満々の生駒。
無名に負けじと積極的にカバネを倒してみせようとする。
確かに倒せた。
でも正体もバレた。
カバネにならなかったはずの生駒の胸に輝く心臓が。
完全にカバネ認定された挙句、来栖に撃たれて甲鉄城の外へドボン。
哀れにも見捨てられてしまった。

あれはカバネです!!
先に外へ向かった殿様から連絡がない。
まあこうなるだろうと思ってたけどやはり襲われて…カバネ化してましたね。
正直先に逃げようとしたのか、君主として責任を果たそうとしたのかは分からない。
でも自決袋で武士らしく死ぬことが出来なかったのはカッコ悪い。
部下に死ね死ね言っといて親分はこのザマ。
武士の面目丸つぶれです。

来栖のちょっと良いとこ見てみたい。
威張るだけの役立たずというイメージしか無い武士のボス格・来栖に見せ場が来ました。
跳ね橋が内部からの操作で降りない。
後は外に出て手動で降ろすしか無い。
外にはカバネがうようよ。
ここで名乗りを上げたのが来栖。
もし外に出て見事に橋を下ろせれば武士の面目躍如。
しかし外へは出なかった。
代わりにカバネを倒しつつ切替器に向かうものがあったから。
誰あろう生駒でした。

見捨てた奴に助けられた記憶をずっと抱えて生きていけ!
捨てないでと女々しくすがっている訳ではありません。
仇を恩で返してやるから一生罪悪感もっとけという主人公いいですね。
見事跳ね橋を下ろし、列車が行く…行ってしまう。
見送る生駒は涙に暮れる…ちょっと強がっていた模様。

そこへ恐怖より友情を取った巧が蜘蛛の糸もといロープを下ろしてくる。
更に天使が飛び降りた…もとい舞い降りた。
泣いてるの?バカなの?
そう言って無名があっさりと助けてくれました。

少しは恥じろ。
助けられたこと、恥とは思わん!
ちょっと格好良い所見せかけたと思ったらスグ株を下げてくる来栖。
挙句人の心が残ってるなら自決しろと迫ってきた。
お前らのご主人様は自決出来なかったけどな!
いい加減武士の態度に民衆も頭に来ないんだろうか。
こいつはカバネじゃない、でも人でもない。
そう言って脱いだ無名の胸にも輝く心臓。
彼女は生駒と同じカバネの成り損ない…カバネリだったと。

来栖もそうだけど姫様もあんまいい所無かったですね。
助けようとするんだけど、止められるとダンマリ。
こうも意思が弱くてみんなを率いていけるのか、或いは来栖の傀儡になっちゃうのか。
いずれ成長していくと思うので、しばらくは見守ることにします。

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#カバネリ)

新しい記事: 坂本ですが? 第2話 『守られるより守りたい/今日から使える恋愛心理術』 女性陣がみんなヤンキーっぽい気がする。

古い記事: クロムクロ 第3話 『城跡に時は還らず』 450年前からやって来ました。

関連記事

トラックバック(11)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4657

動画共有アニメニュース - 甲鉄城のカバネリ    ~ 第2話 明けぬ夜 (2016年4月22日 11:58)

甲鉄城のカバネリ  第1話  ~ 第2話 明けぬ夜 高圧的に支配する武士に対して強い憤りを覚えており、カバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を...

ぐ~たらにっき - 甲鉄城のカバネリ #02 (2016年4月22日 21:24)

『明けぬ夜』

ゴマーズ GOMARZ - 甲鉄城のカバネリ 第2話 明けぬ夜 (2016年4月22日 21:26)

無名ちゃん無双すぎぃいい!

藍麦のああなんだかなぁ - 甲鉄城のカバネリ 第二話 「明けぬ夜」 (2016年4月23日 00:27)

甲鉄城のカバネリ 第二話 「明けぬ夜」です。 地震による特別番組で、一週休みが入

戯れ言ちゃんねる - 甲鉄城のカバネリ #02 「明けぬ夜」 (2016年4月23日 00:33)

== 人でもカバネでも ==  どうも、管理人です。ちょっと色々と立て込んでたり、疲れ果てて死んでたりで、大分溜りまくっててやばいのですけど、ひとま...

アニメ色の株主優待 - 甲鉄城のカバネリ 第2話「明けぬ夜」感想 (2016年4月23日 00:40)

カバネの襲来により壊滅寸前となった顕金駅。 そんな中、カバネ噛まれながらもカバネとならずにすんだ生駒。 逞生と共に甲鉄城へと向かうとそ...

誤 真夜中日記ミッドナイトモノローグ - 甲鉄城のカバネリ 第2話感想 (2016年4月23日 01:02)

待ちに待った第2話!

腐った蜜柑は二次元に沈む - 境界の矜持【アニメ 甲鉄城のカバネリ #2】 (2016年4月23日 13:38)

甲鉄城のカバネリ 第2話 明けない夜 見捨てた奴に助けられた記憶を ずっと抱えて生きていけ それを 俺はあの世から嗤ってやる― ざま...

キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 - 甲鉄城のカバネリ 第2話 「明けぬ夜」 感想 (2016年4月24日 19:41)

生駒はもう人間には戻れないのか…

悠遊自適 - 甲鉄城のカバネリ 第二話「明けぬ夜」 (2016年4月25日 21:37)

無名って名前なのね。てっきりワザと名前を伏せてるものと思ってた(汗)

だいたいこんな感じで -アニメ感想日記- - 甲鉄城のカバネリ【第2話 明けぬ夜】感想 (2016年4月30日 14:55)

☆第2話 明けぬ夜  わー、やっぱりこうなるのではないかと思ってました。集団で押し寄せるカバネたち、かなりグロで怖かったです…。 ストーリーはあまり進...

コメント(2)

・無名ちゃんで分かる時代背景?


まず時計を見て目標時間を決めるのですがこの時彼女は西洋式の呼び方を使ってます、更に甲鉄城は蒸気機関車……明治初期をイメージしている節もありますね、ちょんまげが無いし武士も多い。

・カバネリ探し?


無名ちゃんが寝ている間に生駒が置き去り寸前、いいタイミングで彼女は生駒を強引に回収、更にとやかく言う来栖を黙らせた。

・カバネが人を襲う理由


もしかすると意思があるけど脳がウィルスで変異してさながらゾンビ状態になっていると……生駒がウィルス説を唱えているのも気になる。

一見産業革命時代に見えて実は近未来という感じがします。
人口が減って技術が衰退していると。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net