モーレツ宇宙海賊 劇場版 『ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』 茉莉香の無自覚なお色気攻撃に晒される彼方が羨ましい。

| コメント(0) | トラックバック(2)

モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- Blu-ray初回生産限定版
【Amazon.co.jp限定】モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- (ジャケットカード付) [Blu-ray]


久々の海賊の時間だ!
原作が星雲賞受賞の笹本祐一。
という事で凄まじい科学考証、SF描写によだれを垂らしたアニメ。
じわじわ売れていくというアニメDVDらしからぬ売れ方をして終わってみればペイラインもクリア。
2014年にこの劇場版が公開と相成りました。

劇場版公式サイトではTV版よりキャラクターデザインが大人っぽくなっていた。
成長していった茉莉香、チアキ、グリューエルという感じがして期待が高まったものです。
こちらもだいぶ前に鑑賞済みだったのですがレビュー書かず仕舞い、
そういやモーパイ2期やってないな、やらないかな?
という期待を込めてのレビューです。

mpm-118.jpg

mpm-756.jpg

mpm-862.jpg

まるで鉄郎!…メーテルは何処。
パス持って宇宙に繰り出す少年。
「銀河鉄道999」の星野鉄郎を彷彿とさせる無限彼方。
数字に絡む名前は「学園戦記ムリョウ」っぽい。 

しかし加藤茉莉香はメーテルというよりエメラルダス。
という訳で海野広の方が近いのか。
あとフリントはハーロックの肩に乗っているトリさんと被りますね。 

mpm-1402.jpg

mpm-1405b.jpg

mpm-1429.jpg

茉莉香無防備過ぎだろ!
跡継ぎとして望まずに受けた強制英才教育、有名人の息子というプレッシャー、そして父に絡んで怪しい大人が群がってくる境遇。
頑なだった彼方ですが茉莉香の魅力にほだされていく。
いきなり同衾。
そりゃ落ちるよね。

キャラデザが大人っぽい所為もあって、
おてんば娘だった茉莉香がかなりお姉さんっぽい
上でコレです。
覗きこむ様に顔を近づけられたら十代の男子なんてもうタジタジ。

mpm-3583.jpg

mpm-1473b.jpg

mpm-3328.jpg

年の近いツンデレ娘ともイイ感じ。
ちなみにこの無限彼方は劇中で「美少年」と明言されています。
星野鉄郎とは素材が違う。
でも鉄郎も劇場版になったら美少年になってビックリしましたが。

最初からフレンドリーだった茉莉香そしてグリューエル。
一方で最初「つーん」と無愛想だったヒルデことグリュンヒルデ。
しかし物凄い熱視線。
グリューエルからはチャンスを逃すなと発破かけられたりして更に意識しちゃうと。
お姉さんナイスアシストです。
あとヒルデのスズラン髪が凄い気になる。 

mpm-2085.jpg

mpm-3178.jpg

ブギ・ウギ・フンシェイとグラン・ブルー。
物語としては亜空間の専門家だった彼方の父が失踪。
死亡認定された後に彼方のもとにその父からの小包が到着したことから話がスタート。
折しも亜空間が不安定化して宇宙は高速道路が使えない状態。
彼方はこれ絡む陰謀に巻き込まれると。

亜空間ネタは「カウボーイビバップ」第21話「ブギ・ウギ・フンシェイ」を思い起こさせました。
行方不明になった父を追って、亜空間(作中では『位相差空間』)へ行くあたりがそっくり。
また亜空間を深海の様に見立てた演出は映画「グラン・ブルー」を彷彿とさせる。
実際フリントのキーワードの一つが「モリナーリ」でしたね。
こちら同映画でジャン・レノが演じた「エンゾ・モリナーリ」が元ネタと思われます。
そんな訳でストーリーに既視感を感じて目新しさはあまり感じなかった。 

mpm-4668.jpg

mpm-4752.jpg

mpm-4869.jpg

モーパイにロボ。
あと気になったのはこの作品に「人型の巨大ロボット」が出てきたという事でしょうかね。
モーパイはSFですがファンタジーSF要素である「巨大ロボット」は何か違う気がしました。
あれはロボットじゃなくて巨大な潜水服だから!
しかし本気モードになるとユニコーンガンダムの様に変形。
目がある!手が出た!!
明らかにロボだよなあ、と思いました。

これらは劇場版→エンタメ重視という事なんでしょうか。
個人的にはTV版と同じかそれ以上、ゴリゴリのSF描写が見たかったのですが。
どちらかと言うと派手さを狙った感じがしました。

mpm-311.jpg

mpm-755.jpg

mpm-3359.jpg

mpm-3360.jpg

劇場版という事で…。
あと期待したのがお色気増量。
原作タイトルが「ミニスカ宇宙海賊」である様に、茉莉香始めヨット部の面々は、
宇宙なのにミニスカ。
しかし凶悪に短いミニスカから眩しい太ももはのぞいてもパンツが見える事は皆無。
これが限定解除されるのではという邪な期待がありました。

ありません、今回も鉄壁です。
パンツ、あわよくば茉莉香のシャワーシーン。
という私の妄想は、
そういうアニメじゃねえから。
とでも言いたげに一刀両断されてしまいました。
一点だけ。
ただ茉莉香に会うためなのに何故かボロボロになっていくチアキ。
コンビニのおっさんの前ですってんころりん大開放。
おっさんの顔が赤い、もしかして見えたのか!?
無論こちらには見えないんですが、妄想が膨らむシーンでした。 

mpm-2508.jpg

mpm-3559.jpg

mpm-4476.jpg

SF△、脚本△、ラブコメ要素◎。
期待したのとはちょっと違いましたが、これまで無かったラブコメ要素があったのが良かった。
女の子ばかりのアニメに男が出ると賛否両論あったりもしますが、
男子校や女子校でもないのに同性だらけって方が変。
茉莉香の高校は女子校ですが、外に出ればちゃんと男出ますしね。

茉莉香よりずっと年上のおっさんでも、美少年じゃなくても構わない。
取り敢えず心だけは自身の少年時代に戻し、
無限彼方に自己投影して茉莉香やグリュンヒルデと出会い、冒険をする。
自分にはそんなアニメに感じました。

mpm-1897.jpg

mpm-3592.jpg

2期はよ。
それはそれ、やっぱSF描写の強烈なモーパイが見たいのは変わりません。
ペイラインもクリアしているし原作ストックもある。
という訳で2期待ってます。 

公式サイトウィキペディア(原作タイトルは「ミニスカ宇宙海賊」) / ニコニコ大百科 / 公式Twitter(#mo_retsu)



新しい記事: ガンダム Gのレコンギスタ 第25話 『死線を越えて』 マスクはクンタラコンプレックス何とかしろ!

古い記事: ガンダムビルドファイターズトライ 第23話 『ビルド・ファイター』 ここへ来て謎のビルド・ファイター推し。

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3998

動画共有アニメニュース - モーレツ宇宙海賊 第1話  ~  第26話 そして、海賊は行く 最終回 (2015年3月20日 18:35)

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 第1話  ~  第26話 そして、海賊は行く 最終回 どこかの宇宙・海明星(うみのあけほし)に住む高校1年生の加...

ひえんきゃく - 劇場版モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- 感想 (2015年3月20日 21:19)

亜空の流れ、その果ては何色か? TVアニメ放送終了後、約1年半。 ようやく劇場版が公開されました! 初日の朝一で見にいったのですが、客の入りは2...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net