魔弾の王と戦姫 第8話 『二千対二万』 戦姫が居ない!ティグルの戦い。

| コメント(0) | トラックバック(6)

madan-8-238.jpg

madan-8-340.jpg

madan-8-405.jpg

銀の流星軍に加わってくれというのは虫が良すぎるか。
降伏したけどナバール騎士団とはここでお別れ。
ティグルの反逆者疑惑は晴れてないし、さっきまで戦っていた相手です。

一人で王都に戻るロランを止めようとするティグルですが聞きません。
そしてガヌロンの手にかかり謀殺。
蜂の大群に襲わせて殺すとか趣味悪すぎる。
最強の騎士がこんな死に方でアッサリ退場。
聖剣デュランダル置いていったのがアダになりましたね。
託されてもティグル弓しか使えないですし。

銀の流星軍が弱体化。
特使役のソフィーヤが帰還の途に付く、これは仕方ない。
しかしエレンが去ってしまうというというのが予想外。
また本国の召喚か何かと思ったら個人的な事情らしいです。
親友である戦姫の一人アレクサンドラ、通称サーシャの国レグニーツァが別の戦姫に攻めこまれた。
ジスタートでも内乱起こってるのか。
戦姫同士、いがみ合いはしても国を奪い合うまではしないのかと思っていた。

いざ鎌倉じゃありませんが、互いが攻められたら助けあうと約束した仲だとか。
こうしてエレンとリムも離脱。
因みにエレンが離脱するということは、黒弓のビームライフルも使えなくなります。
残ったのはティグル大好きなルーリック(ハゲ)と新たに陣営に加わったオージェ子爵の息子ジェラール。
但し後者は事務屋なので頼れる戦力はルーリックのみ。
こんな状態で戦えるのか…しかし敵は待ってくれませんでした。

madan-8-706.jpg

madan-8-742.jpg

madan-8-940.jpg

敵はガヌロンとテナルディエのみにあらず。
そしてジスタートでも無い、新たにムネジオル王国が攻めてきた。
この忙しい時に!って内輪もめしている国なんて格好の餌食です。
ただちょっと違うのはムネジオルは捕虜を取って奴隷にするという事。
見た目がインド風で「ベルセルク」のクシャーン帝国を思い起こさせます。

しかも相手は二万。
これまでは多いと言っても数千が関の山でしたが、ここで万単位の軍が出てきた。
現在の銀の流星軍は二千…全くお話になりませんね。

桶狭間戦法。
自国民が売られていくのは見るに堪えないが、まともに戦っても勝ち目がない。
そこで隘路に誘い込み、奇襲を繰り返す削り攻撃。
また人形で自軍を多く見せるという作戦。
しかも倒した敵から使える武器を回収するという涙ぐましい努力。
物凄く地味なんですが、それがイイ。
戦姫が居ない事で戦闘描写が丁寧になった様に見える。

また「戦いを好まない」最近良くある主人公である筈のティグル。
しかし彼は身を守るための戦いなら一切躊躇しません。
この姿勢も好感ですね。
そしてティグルのゲリラ戦術に業を煮やしたムネジオル軍の指揮官は捕虜の処刑を宣言。
罠なのは百も承知だが、出ない訳にはいかない。
そう思ったら出て行かないんですね、哀れ奴隷たちが殺されてしまう。

madan-8-1054.jpg

madan-8-1159.jpg

助けたのに責められるティグル。
現在銀の流星軍でチートといえるのはティグルの弓の腕だけ。
ですが「昔の軍隊は大将を仕留めれば後はザコ」というのが幸いしましたね。
弓嫌いのブリューヌ人が弓使いを将にする訳が無い。
ちゃんと設定が生きている台詞です。
油断したムネジオルの将軍は哀れティグルの弓の餌食、後は総崩れです。

こうして奴隷を助けだした、こりゃ英雄よと持て囃されるだろう。
何故もっと早く助けてくれなかったんだ!
一部の捕虜が処刑されんとする時に出てこなかった事への非難を浴びてしまう。
諸手を挙げて賞賛されない主人公。
無論大半は助けてくれてありがとう、なんですが肉親や友人を失った人からみれば不満はあると。
それだけに父親を処刑された娘の「仇を討ってくれてありがとう」は一番効くかも。 

劉備の荊州脱出を思い出す。
二万の兵を破り、五千を倒した。
大戦果だと思ったらそうも言ってられない。
なんとこちら先遣隊、つまり敵の一部に過ぎなかったと。
じゃあ本体は10万を超えるのか…三万でした。
意外と少な…くはありませんね。

敗走した兵が合流して四万。
こっちは残ったのが1500、うち500が負傷。
まともに動けるのは一千になってしまっている。
今度は一千対四万。
計算すればするほど絶望感が半端ない。
しかも捕虜二千を連れたまま逃げなきゃならない。
劉備が荊州脱出する時は張飛が居て助かりましたが、今ティグルのもとに張飛=戦姫は居ません。

madan-8-1306.jpg

madan-8-1331.jpg

去る戦姫あれば来る戦姫あり。
負傷兵と捕虜が居るので追いつかれるのは当たり前。
足止めにとティグルが先行しますが…常識外の射程を誇ろうと弓は弓。
一人じゃともかく、大軍じゃどうにもなりません。
ここまで窮地に陥る主人公も珍しい。
そしてここにエレンじゃなくてリュドミラ出現。
味方だよね、味方じゃないとティグル本当に終わる!
と思った所で次回です。

今回助けた金髪娘と父を殺されたのにお礼を行ってきた捕虜娘。
彼女たちに今後出番があるのかも気になります。 

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#madan_anime)

新しい記事: ログ・ホライズン 第2シリーズ 第8話 『アキバレイド』 遂にアカツキの口伝が発動!殺人鬼編完結。

古い記事: ソードアート・オンラインII 第20話 『スリーピング・ナイツ』 シウネーが面白そう。

関連記事

トラックバック(6)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3936

悠遊自適 - (´・ω・`)乳不足に救世主??? ~魔弾の王と戦姫 8.二千対二万~ (2014年11月29日 03:01)

あらすじ(公式HPから抜粋) 親友の危機を救うため、銀の流星軍から一時的に離脱したエレンたち。ティグルは残った兵たちを率い、ムオジネル軍の侵攻を阻止...

動画共有アニメニュース - 魔弾の王と戦姫   ~ 第8話  二千対二万 (2014年11月29日 04:37)

魔弾の王と戦姫 第1話  ~ 第8話  二千対二万 ブリューヌ王国とジスタート王国が両国の国境にあるディナント平原で激突したディナントの戦いは...

二次元美少女の笑顔を守りたい duple - 魔弾の王と戦姫 第8話「二千対二万」感想 (2014年11月29日 11:18)

デュランダルをティグルに預けて逝ってしまったロラン。 国王から宝剣と共に授かった彼の想いが、どうしようもなくティグルを動かしたんでしょうか。 国と...

ぬる~くまったりと - 魔弾の王と戦姫 TokyoMX(11/24)#08 (2014年11月29日 11:19)

第8話 二千と二万 公式サイトから親友の危機を救うため、銀の流星軍から一時的に離脱したエレンたち。ティグルは残った兵たちを率い、ムオジネル軍の侵攻を阻止す...

Little Colors - 魔弾の王と戦姫 第8話 「二千対二万」 感想 (2014年11月29日 12:16)

 圧倒的な数のムオジネル軍を迎え撃つわれらがぎんのりゅうせいぐん!

桜詩〜SAKURAUTA〜 - 魔弾の王と戦姫 #8 (2014年11月30日 23:36)

【二千対二万】 魔弾の王と戦姫 第1巻 [Blu-ray]出演:石川界人KADOKAWA メディアファクトリー(2014-12-24)販売元:Ama...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net