月刊少女野崎くん 第12話(終) 『この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない』 遂に「高い高い」の詳細が明らかに!そして二期はあるのか。

| コメント(2) | トラックバック(12)

nozaki-12-1056.jpg

nozaki-12-1092.jpg

nozaki-12-1140.jpg

nozaki-12-1150.jpg

やはり馴れ初めがあった様で。
入学式当日、電車を乗り間違えて遅刻した佐倉が見たのは門を跨ったまま寝ている野崎。
遅刻して門限やぶり。
目付きが悪い(多分睡眠不足だから)。
怪我?の痕(シップ貼っていただけ)。
当初ヤンキーと勘違い。

でも自分を抱き上げてくれたり、入学式に出たいという野崎のギャップにキュンと来てしまったと。
因みにこの時の佐倉の髪型がマミコそっくり、これ元ネタかな。 

nozaki-12-186.jpg

nozaki-12-249.jpg

nozaki-12-267.jpg

渡しそびれたチョコレート。
この根性なしがぁ♥
罵倒の台詞がこんなに可愛く聞こえるとは不思議。
前回見つかったのは、5ヶ月前のバレンタインデーに野崎のために用意したチョコレート。
今更学校に持ってきて大丈夫かそれ。
一応賞味期限は切れてないみたいですが腹壊しそう。

実は恥ずかしくて渡せなかったのではなく、
バレンタインはネタの宝庫。
取材に奔走する野崎に追いつけなかったから。
バレンタインは良い、ホワイトデーは要らない(地味だから)。
この発言で女子を敵に回した野崎は一個も貰えなかった様で。
佐倉が勇気を出してれば唯一無二のチョコレートとして印象に残ったかも知れませんね。 

nozaki-12-308.jpg

nozaki-12-357.jpg

それぞれのバレンタイン。
いきなり脱線した瀬尾はさておき、意外にも鹿島は堀先輩にチョコ渡していた。
堀が手作りを嫌がるので、既成品にソックリの手作りチョコを渡した。
これはイタズラ目的なのか、あくまで手作りを渡したい乙女心なんだろうか。
そして堀先輩は何故手作りを嫌がったんだろう。

男役として貰う側だと思っていた佐倉は当然ビックリ。
好きだよー尊敬してるよー。
あっさり好きと言ったのも二度ビックリだけど…なんか軽い。

幼稚園児の「好き、結婚する」みたいな感じです。

nozaki-12-461.jpg

nozaki-12-486.jpg

nozaki-12-498.jpg

偶然が重なって成就。
何故チョコレートをむき出しで歩くのか。
先生に見つかったら没収されそう。
没収はされなかったけどぶつかってぶちまける…当然相手は野崎です。
千代の恋心の結晶が飛び散ってしまった!

無愛想な野崎が激しく動揺してますね。
別にバレンタインのチョコだとは知りません、単にお菓子をダメにしただけの筈。
更に佐倉の言動に妙にビビってます。
気にしなくていいよ、食べて欲しかったけど→拾って食えと言っている!!
曲解した野崎はチョコを食べ、一応千代の目的は果たせましたね。

nozaki-12-623.jpg

nozaki-12-626.jpg

nozaki-12-931.jpg

nozaki-12-946.jpg

女だけの夏祭り。
メンバーが佐倉、瀬尾、鹿島そして御子柴。
みこりん女性枠なの。
鹿島と御子柴が並んでいると、イケメンが二人に見える訳で。
逆ナンに燃える女どもの中に飛び込むのは勇気いりますね。
そして男女混合デートじゃないのが意外。
女子だけじゃイベントが起きようもありません…と思ったら何だかんだで男性陣も来てましたね。 

野崎が佐倉を認識しているのは、リボン。
ヒドイ、流石にヒドイ。
そりゃ髪型だって服装だって違うけど、あれだけ一緒にいて分からないなんて。
と思ったら冗談だった。
野崎ならあり得ると思ってしまった、冗談が冗談に聞こえない。 

nozaki-12-1168.jpg

nozaki-12-1371.jpg

nozaki-12-1404.jpg

元のメンツほったらかし。
若松は瀬尾に連れ去られ、堀は鹿島と出会い、佐倉は野崎と遭遇。
一人で楽しんでいる御子柴はともかく、堀の友人は完全放置ですね。
取材の為に登ったジャングルジム、ここで佐倉は抱え上げられて出会いを思い出す。
二人きりで花火を鑑賞するなどムードは最高潮ですね。
好きだよ。
考えただけのつもりがポロッと口から出てしまった佐倉。

ここでえ、何だって?なんて返って来たら興ざめだなあ。
俺も好きだよ。
まさかの両想い。
…花火。

そう来たか。
道のりは遠そうだけど、いつか佐倉の想いが通じて欲しいと思った所でおしまい。

nozaki-12-24.jpg

nozaki-12-743.jpg

nozaki-12-750.jpg

nozaki-12-1315.jpg

とにかく佐倉が可愛くて魅力的だった。
野崎に一途なんだけど報われない、見てて応援したくなる主人公にしてヒロインだった。
外見なら瀬尾とか都など綺麗な女性は他にも居ますが、
表情がコロコロ変わる佐倉がとにかく愛らしくて仕方なかった。
メインキャラを一番魅力的に描く。
という基本がしっかり出来ていると見ていて楽しいですね。

あとモブキャラも可愛い子が多かったですね。
千代の友人や野崎の観察対象だった夏祭りデート中の女の子。
あと家族らしき人がチラッと出てましたが、あれ野崎の両親と弟でしょうか。
コメディとしても秀逸で何度も笑いが止まらなかった。
これは是非続きを見たいですね。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nozakikun)

新しい記事: ヤマノススメ セカンドシーズン 第12話 『Dear My Friend』 「何故登るのか?」迷った時は原点回帰!!

古い記事: さばげぶっ! 第12話(終) 『さらば友よ!サバゲ部最後の日!/サバゲ部より愛を込めて』 西部警察パロ軍団相手に大立ち回 ...

関連記事

トラックバック(12)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3850

二次元美少女の笑顔を守りたい duple - 月刊少女野崎くん 第12話 最終号「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」感想 (2014年9月24日 11:15)

千代ちゃんにきゅんきゅんするー!もうアニメ終わっちゃうと思うとさびしい。 今期放送前のPVをいろいろ見ている時に、千代ちゃんが1番可愛いと思って見始...

動画共有アニメニュース - 月刊少女野崎くん ~ 第12話 この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。 (2014年9月24日 11:55)

月刊少女野崎くん 第1話 ~ 第12話 この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。 女子高生・佐倉千代は勇気を振り絞って無愛想な同級生...

ぬる~くまったりと - 月刊少女野崎くん テレ東(9/21)#12終 (2014年9月24日 12:23)

最終号 この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。 公式サイトからバレンタインデーに渡すことのできなかった野崎へのチョコレートを冷蔵庫の奥底で見つ...

空 と 夏 の 間 ... - 月刊少女野崎くん 第12話「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」 キャプ付感想 (2014年9月24日 12:26)

千代ちゃんのリボンは本体じゃなかったのか?(^^;  野崎君と会った時、千代ちゃんは違うリボンだったことも明かされる最終話。  最後は良い雰囲...

のらりんすけっち - 月刊少女野崎くん 第12話「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」(最終回) (2014年9月24日 14:06)

野崎くんに渡せなかったチョコレート。 千代ちゃんすっごく努力はしたのね^^; 野崎くんにとってはバレンタインは絶好の取材チャンス日。 てゆーか、取材...

日刊アニログ - 月刊少女野崎くん 第12話「最後の最後まで健気で一途な姿勢を貫き通した千代ちゃんに乾杯」 (2014年9月24日 19:17)

月刊少女野崎くん #12「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」 変わっていないようで少しずつ変化を見せている二人の関係。 いつ...

こう観やがってます - 月刊少女野崎くん 第12話「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」の感想 これはこれでよし! (2014年9月24日 20:32)

ネタ探しをよくする野崎くんですが、自分の置かれている状況が一番少女漫画していると思う。 良い最終回でしたね。 2期があると良いのだけど。 以...

ジャスタウェイの日記☆ - 『月刊少女野崎くん』#12「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」(最終回) (2014年9月24日 21:04)

「私、野崎くんのことずっとずっと───好きだよ」 バレンタインに野崎に渡せなかったチョコを見つけてしまった佐倉。 なにやら野崎はバレンタインのイベ...

ひえんきゃく - 月刊少女野崎くん 第12話(最終回) 「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」 感想 (2014年9月24日 21:51)

いい最終回でしたね。 最後まで楽しく、綺麗にまとまっていました。 これで最終回なのが残念です。 バレンタインデーに渡すことのできなかった野崎への...

ADVGAMER - 月刊少女 野崎くん 12話 (最終回) 感想 (2014年9月25日 02:04)

月刊少女 野崎くん 12話 (最終回) 「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない」 感想 最終回ですね。 千代ちゃんの声や、あのEDが...

桜詩〜SAKURAUTA〜 - 月刊少女野崎くん #12 (2014年9月25日 16:44)

【この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。】 月刊少女野崎くん 第2巻 [Blu-ray]出演:中村悠一KADOKAWA メディアファクト...

アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - “恋する乙女キャラ”の重要なファクター(ハピネスチャージプリキュア!とか月刊少女野崎くんとか) (2014年9月27日 15:12)

【烈車戦隊トッキュウジャー 第29話】共闘を申し出るシュバルツ将軍の巻。グリッタ嬢の一件から、シュバルツ将軍が皇帝に対しての反抗勢力になることは予想出来て...

コメント(2)

・馴れ初め

千代ちゃん、少女漫画のベタ過ぎる入学式遅刻……そして門の上で寝ていた野崎君。これは中々無い出会いですね。ただ当初は先輩と思っていた節もありますが……。


・バレンタインデーは戦場です

この時は野崎君が夢野咲子と言うPNを持つ少女漫画家と言う事を知らなかった千代ちゃん。お陰で当日は野崎君がネタ採集に奔走して捕まらないという事態に……って言うか色々と通報し過ぎでは?


・部長のアシストぶり

これは演劇部でも夢野先生作品の資料が共有出来ると言うメリットがあるので祭りでも仕事してます。


・片方は女ですが

ローレライが言うのもなんですが鹿島とミコリンが並ぶと割って入るのも大変ですな。

・野崎君の家族?

と言う事はあのマンションは実家ではない?

・恋愛と漫画業界の暴露ネタ


この作品は恋愛と同時に漫画業界の暗部を曝したようなもんですな……面白い作品ですからストックが溜まったらやってほしいですね

チョコ=第一話で告った時持ってたのかと思いましたが、それ以前(バレンタイン)にもアプローチを試みて居たんですね。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net