ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第13話 『運命の車輪』 みんなDQN過ぎ...花京院だけが良心、そして「勝ったッ!第3部完!」が炸裂!!

| コメント(3) | トラックバック(10)

jojo2-13-378.jpg

jojo2-13-481.jpg

jojo2-13-488.jpg

家出少女まだ居たんだ。
前回の戦いで全く出てこなかったアン。
こりゃインドでフェードアウトかなと思ったら先回りしてヒッチハイクの真似。
警察も追っているジョセフの居場所が何故分かった。
ひょっとしてコイツもスタンド使いなんじゃないのか。

そんでもって今回のジョースター一行はガラ悪すぎ。
ポルナレフは荒っぽい追い越して相手の車に小石をぶつける。
危うく事故りそうになったとはいえ、煽った車の持ち主を突き止めず「全員ブチのめす!」と言い放つ承太郎。
事故ったトラックをしらんぷりしようと提案する承太郎。
しかもこれを見ていたアンが格好良い、痺れる~♪と来たもんだ。
アブドゥルさえ居れば…花京院一人じゃこの連中抑えきれません。

jojo2-13-621.jpg

jojo2-13-653.jpg

jojo2-13-665.jpg

jojo2-13-669.jpg

前を走っていたと思ったらいつの間にか後ろに。
そして後ろから押されて崖下に落とされそうになると。
運転手が見えない車が襲いかかる恐怖というと映画「ザ・カー」を思い出します。
ネット上では「激突!」も挙がっていましたね。

この窮地を救ったのが花京院のナイスプレイ。
ところで花京院、相撲は好きか?
よほど花京院の好判断が気に入ったのか、突如湧き出す相撲談義。
まるでうっちゃりの様に互いの車を入れ替える承太郎。
因みに花京院も相撲は好きだそうで。
相撲は当時の高校生にとって大人気。
という訳では無かったので、ニッチな共通点ですね。

jojo2-13-829.jpg

jojo2-13-841.jpg

jojo2-13-1081.jpg

jojo2-13-1094.jpg

タイヤからトゲが出るとチキチキマシンを思い出す。
やはりと言うか車がスタンド。
船のスタンド使いだったゴリラと似たタイプみたいですね。
変形も自由自在で凶悪そうな見た目にチェンジ、地面を掘るわ登るわともう車の範疇超えています。
極めつけはガソリンを高速で打ち出しての攻撃。
これ自体に殺傷力はありません、痛そうですが。
獲物にタップリとガソリンを染み込ませて着火です。

燃え盛る承太郎。
しかし近づくと自分たちにも燃え移るので為す術もないジョセフ達。
勝ったッ!第3部完!
そして伝説のメタ発言が飛び出しました。

未だ腕しか見えませんが、勝ち誇った表情が目に浮かぶようです。

jojo2-13-1094.jpg

jojo2-13-1094.jpg

jojo2-13-1094.jpg

自分が主人公の自覚あったんだ。
誰が空条承太郎の代わりを務めるんだ?
そうです、実は燃えたのは学ランだけ。
全身火だるまで口からも火を吹いていた様に見えたのですが違います。
珍しい承太郎のシャツ姿ですが、筋肉モリモリです。
白人のハーフというレベルじゃなくて、ボディビルダーもびっくりのレベル。
道というのは自分で切り開くもの。
お前らに道は無い!と言われて反論。

そして承太郎の道は拳で切り開く。
処刑用BGMが流れてオラオラ炸裂です。
車相手という事でいつも以上に容赦無かった様な気がします。
そして現れた男は…腕だけマッチョという珍妙な体型の男。
腹が餓鬼(子供じゃなくて妖怪の方)みたいにぽっこりしてますね。
どうやったら腕だけムキムキになるのか、また腕だけムキムキにする理由は何なのか。
興味あったんですが知る由もありません。 

jojo2-13-1094.jpg

jojo2-13-1094.jpg

jojo2-13-1094.jpg

シクシクって台詞で言うんだ。
あとオロローーーンってホントに妖怪かよ。
結局エンヤ婆が差し向けた刺客は全員返り討ち。
ホルホースは逃げましたが。
遂に自ら出馬の決意を固めます。
しかしこの婆さんのタロットが「正義」ってのが何回聞いても笑える。
まあ正義は一人ひとりにあるものだから間違っては居ないのか。

そして何と言っても興味の中心はそのスタンドの能力。
ジョセフの例もありますし、婆さんだからそんな強く無さそう。
因みに「老いぼれジョースター」なんて言ってますが、ジョセフもこの婆さんにだけは言われたくないでしょう。
と言う所で次回です。

reaction_guys2.jpg

jojo2-13-1094.jpg

jojo2-13-1094.jpg

jojo2-13-1094.jpg

jojo2-13-1094.jpg

承太郎七変化。
怒ってるシーンは多々ありますが、鳩が豆鉄砲食らったような顔やニッコリ笑うシーンは珍しい。
今回ゴキゲンなのか非常に表情豊かですね。
笑うシーンなんて無いと思ってました。

あとこれまで各個撃破しようとした敵が多かった中、全員まとめて狙ってきましたね。
その為ジョセフ達3人ないし4人での豊富なリアクションが堪能出来ます。
…何か外人四コマを思い出しました。 

次回はジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第14話 『正義 その1』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#jojo_anime)


新しい記事: それでも世界は美しい 第12話(終) 『帰還』 気持ちは歌で伝える...オババの歌声が若い!

古い記事: 棺姫のチャイカ 第12話(終) 『遺されしもの』 サバターえげつない!更にチャイカが増えた!?二期が今から待ちきれない! ...

関連記事

トラックバック(10)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3747

動画共有アニメニュース - ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース  ~ 第13話 運命の車輪(ホウィール・オブ・フォーチュン) (2014年6月28日 16:54)

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第1話 ~ 第13話 運命の車輪(ホウィール・オブ・フォーチュン) 第2シリーズということ...

ぬる~くまったりと - ジョジョの奇妙な冒険 SC TokyoMX(6/27)#13 (2014年6月28日 19:18)

第13話 運命の車輪 公式サイトからインドからパキスタンへの道のりを四駆車で飛ばす承太郎たち。運転手を任されたポルナレフは、荒れた山道で前を走るボロ車を強...

アニメだけが救い - ジョジョの奇妙な冒険3部 第13話感想..勝った、第三部完! (2014年6月28日 21:13)

ジョジョの奇妙な冒険3部 13話 「運命の車輪(ホウィール・オブ・フォーチュン)」 の感想です。 車に乗り、聖地ベナレスを後にするジョジョ一...

空 と 夏 の 間 ... - ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第13話「運命の車輪」 キャプ付感想 (2014年6月28日 21:32)

第3部完…だと?(笑) アンちゃんも再登場♪ カーチェイス&バイオレンス多めな第13話。 このメンバーには荒事を止める人がいないのね(^^;...

Wisp-Blog - ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース13話感想 (2014年6月28日 21:34)

 原作通りのこのポーズになるまでの動きすら格好いい、恐ろしい。

白狼PunkRockerS - まどかの奇妙な冒険 School Idol Crusaders 第13話「運命の車輪」 (2014年6月28日 22:51)

陸路でパキスタンを目指す一行 花京院「もうすぐインドともお別れですね」 ジョセフ「最初はなんちゅう国じゃと思ったが、 早くも懐かしい...

趣味人の宿部屋 - ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第13話「運命の車輪(ホウィール・オブ・フォーチュン)」 感想 (2014年6月29日 10:11)

※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。 -------------------------------------------------...

アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - 前々から薄々は分かっていたけど…(ピンポンとかselectorとか) (2014年6月30日 03:54)

【風雲維新ダイ☆ショーグン 第12話(最終回)】子安さんとの最終決戦の巻。なんつーか…この手のB級作品ありがちな、“あわよくば第2期を作りたいな”ってな感...

ALISAのLOVE DESTINY - ジョジョの奇妙な冒険 第13話「運命の車輪(ホウィール・オブ・フォーチュン)」  (2014年6月30日 19:34)

【Amazon.co.jp限定】ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.2 (オリジナルデカ缶バッチ付 ジョセフver) (イベント応募券...

ほかのさなぎ。 - ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイ... (2014年7月 5日 13:33)

第三部(の1クール目)完!!さらににっこり承太郎まで再現するとは(あんなの言われんと判らんよ!)!それんしてもえらいアニメクオリティ高かったなぁ・・・あれ...

コメント(3)

・自動車事情


まず丞太郎達が使用している車種は後部ハッチドアが観音開き方式から見てトヨタランドクルーザーの60系か70系が元ネタですね、日本では既に生産や販売されなくなった車種ですが海外では舗装率の関係上まだまだ需要があります。同じ日本車でも海外では仕様や名称が異なり、中には現地法人が開発/販売している車種もありピックアップトラックもその一つです。


で疑問なのはインドでアメリカントラックが走っているのか?ここら辺は『激突!(1971年制作/公開 日本では1973年公開)』を参考にされたかもしれませんね……原作者が。ただトラックに関して作中の時間軸当時のインドでは日本と欧州各国の輸入品の他にもキャブ無しシャーシーを街のボディ製造メーカーに持ち込んで付ける方式が主流でそのキャブはなんと木製(しかも2014年現在もよく見かけるそうだ)、そしてボンネットタイプのトラックも未だに健在なのはやはり地方での道路舗装率が低いからなんですね。

(よく軍用車両で未だにボンネットトラックを使用しているのも未舗装でも走破性が優れていると言う事情がある)

・刺客全滅?


エンヤ婆さんの心情は宛らワールドカップで予選リーグでフルボッコにされた代表チーム監督と同じです(マテ×∞)。やはりあのホル.ホースが果たして”クィーン”を知っていたのか?私思うに彼の起用が拙かったでは?

インドにアメリカントラックが走っているのか…。
当時は全く疑問にもちませんでしたが、確かに無いかもしれませんね。
仮に輸入できたとしても買うだろうかと思います。
アレであんな山道走るなんて危険だろうと。

こいさんへ


返信どうもです。


原作制作当時は資料が限られていたと思いますで今現在(2014年)の若い視聴者はツッコミ満載になると思います。何しろインターネットが産まれたばかりの時代ですからね。インドにもタタモーターズと言う自動車メーカー(傘下には英国のジャガーランドローバーがある)があり、商業車部門では世界第五位と言う屈指のメーカーです。乗用車は後発だけど2008年当時世界で最も安い新車“タタ.ナノ(その価格は10万ルピーで当時の為替レートに換算すると約二十八万円、これはスズキ.マルチの20万ルピーの半値である)”を発表して日本のマスコミも取り上げた事も。

(因みにインド国内仕様では日本の保安基準には適合すると相当コストが跳ね上がるので日本市場への参入はしないそうだ)

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net