宇宙兄弟 第96話 『宇宙飛行士であり父であり』 第二子誕生!私生活は充実しているケンジに欠けているもの。

| コメント(0) | トラックバック(0)

それはミッション!
新米宇宙飛行士のジレンマとして、
肩書は「宇宙飛行士」 なのに一回も宇宙に行ったことがない。
というのがあると思います。
名乗った後に「どこへ行ったのか」と聞かれても「いや、まだ…」というのはバツが悪いですよね。
ムッタが選ばれたことで宇宙行きが据え置きになったケンジが将にそう。
あと最近出番が無かったけど新田も同じ状況だった様です。
でも忙しい。
月へ行く事が決まったムッタよりも訓練のメニューが多そうでちょっとビックリ。
でも目的が見えない訓練って「俺何やってるんだろ」的な徒労感ありそうです。

久々にせりかと接近遭遇。
作中ではクリスマスシーズン
ムッタはせりかからダンスに誘われてそっちに夢中。
本人はチークをイメージしているんですが、実際はカントリーダンスなんですがね。

正直ムッタはいい加減せりかにアプローチしろと思います。
ここはアメリカですし気がつけば別の外国人に言い寄られて…という事も気にしたほうが良いです。
本人はせりかと手を繋いで踊っただけで至福「サンタさんありがとう!」状態です。
流石に30過ぎた男がこれじゃ拙いよなあ。

気がつけば自分だけが取り残された感。
元々ケンジ一家のアメリカ行きはケンジの夢のため。
その為家族はかなり犠牲になっていました。
妻や子は外国で言葉や勝手が分からずに「日本に帰りたい…」となった事もあった。
しかし状況が変わってきた。
娘・風花はすっかり現地の幼稚園に馴染んでいます。
妻・ユキも第二子誕生に備えて日本人の産婦人科医を探しだすなど上手く立ちまわる。
そしてケンジは?一家の最大の目的であるパパ宇宙へ行くが果たせないまま。

しかし努力は報われた。
宙ぶらりんな状況ではクリスマスも楽しめない。
そんな彼と新田に朗報が。
バトラー室長「ちょっと外で話そうか」が来た時はよっしゃ!と思いましたね。
やっぱり月かな、六太の次あたりのミッションで。
二人にやってもらうのは有人小惑星探査。
作中でも未だ前人未到のミッションです。

現実ではこの前日本の探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」と接触して戻ってきましたね。
幾多のトラブルにもめげずJAXA職員があの手この手を駆使して成功させたエピソードに感動させられたものです。
でも逆にそれだけ困難なミッションを、しかも有人でやるのはハードル高そう。
しかし二人にはそんな懸念は微塵も無いでしょうね。
遂に本物の「宇宙飛行士」になれるのですから、という所で次回です。

次回は宇宙兄弟 第97話 『消えないんだ』です。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#mutta) 

新しい記事: キングダム2 第39話(終) 『新たなる伝説』 俺達の戦いはこれからだ!

古い記事: のうりん 第8話 『クッキングババ』 アラフォー幻魔拳の(精神)破壊力は鳳凰幻魔拳以上!!

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3565

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net