のうりん 第10話 『究極と至高の野菜対決!』 味っ子に美味しんぼパロ、そして最後に勝ったのは良田胡蝶!?

| コメント(2) | トラックバック(0)

norin-10-397.jpg

norin-10-405.jpg

グルメマンガネタは当然出てきそうと思ったけれど。
「ミスター味っ子」「美味しんぼ」両方一緒に出してくるとは思わなかった。
ボケた校長を正気に戻すための鍵はナス。 

ベッキーは完全有機無農薬の高級ナス・一本500円を持ってきた。
一方で継が出してきたのは形もいびつで傷だらけの一見市場に出せそうにないナス。
後者を食べた校長が口からビーム&巨大化。
継が出してきたのは「固定種」を無農薬有機農法で作ったものだそうで。 

まんま味皇の「う~ま~い~ぞ~~~!!」演出。
因みに「ミスター味っ子」の強烈過ぎるエフェクトはアニメならでは。
原作はこんな無茶苦茶じゃない。
アニメ版だけの過剰演出だったのですが「原作破壊っぷりが突き抜けていた」と好評だった稀有な例です。

私自身原作を読んでいてある日アニメを見てみたら、
カレー食った対戦相手の首が360度回って舌が七色に光った
のを見て「何じゃこりゃあ!!」とビックリした思い出があります。 

norin-10-519.jpg

norin-10-558.jpg

固定種ってそんなに旨いかな?
何世代にもわたってその土地で取れている作物のことです。
定着すれば固定種なので、品種改良したものが定着しても固定種なのかもしれない。
でも基本的には原種ほぼそのまんまって感じがします。 

因みにベッキーのナスが負けた理由は、
水っぽくて青臭い、皮も硬い。
素材は高級品、普通どころかかなり美味い筈。
それって調理法に問題があるんじゃないの。
独身女性料理コンテスト18年連続の実績は何処に行ったんだろう。
何より家庭科教師の面目丸つぶれです。

お前に天プラの味が分かるのか(By海原雄山)。
次にやって来たイケメンのおじさんは何と継の父。
野菜流通大手「ヘキサテクス」の社長・校條創(めんじょう・はじめ)、つまり継は御曹司。
しかし野菜をビジネスの道具の様に扱う様は継と相容れない。
まるで山岡士郎と海原雄山の様な関係でした。

因みに「過真鳥」というのは叔母の苗字だそうです。
山岡士郎の様に勝手に母方の姓を名乗っているのではなく養子縁組までして姓を変えていた。
じゃないと公式書類には校條の名を使う必要があるから。
山岡士郎だって東西新聞に入社した時は「海原士郎」って書いたと思います。
士郎と雄山以上の確執を感じさせますね。

息子を連れ戻しに来た父とそのやり方に反対する継。
二人は互いの進退を賭けて野菜販売対決をすると。 

norin-10-963.jpg

norin-10-1000.jpg

norin-10-1025.jpg

norin-10-1093.jpg

売るためには何でもやるってそれで良いのか。
初めに気になったのは対決に必要な数を揃えられるのかって事でしたがあっさり持ってきましたね。
そして金上プロデュースの元手段を選ばぬ販促の嵐。

霧吹きで新鮮っぽく見せる。
勝手にバラして焼肉セット用に加工しちゃう。
野菜とは無関係にキャンペーンガールで客引きする。

これ継怒らないの。
「俺は野菜だけで勝負する」という頑固一徹な感じがしたんですが。
金上はむしろ「ヘキサテクス」向きのプロデューサーだろうと。

挙句のうりん女子生徒をAKB48に見立てたアイドルにしてダメ押し。
ハサム券付きでお気に入りの女の子がおっぱいに野菜を挟むよ!
バカバカしいですが直接握手するより女性の精神負担少なそうですね。
主婦が見たらドン引きしそうですがそっちにも用意はしていた。
のうりんイケメン?軍団による販促活動。
何かもう野菜はおまけって感じがしないでもない。

でも負ける。
傍目には継圧勝の流れに見えましたが、終わってみれば「ヘキサテクス」の野菜が完売。
ブランド力に及ばなかったと悔しがる継を父が一喝。
片手間で野菜作ってる学生が24時間野菜と向き合っている大人に叶うか!
という至極真っ当な理由でした。

固定種じゃないF1野菜が不味いというのは偏見。
品種改良を否定するのは日本の農業を否定するもの。
美味しい米とか品種改良の賜物ですし。
継の主張は突っ込みどころがあるな、と思ったらそのまんまの理由で負けちゃいました。

norin-10-1230.jpg

norin-10-1340.jpg

norin-10-1405.jpg

一番得をしたのは良田、パパナイスアシスト。
校長を正気に戻した?ご褒美として継と良田に海外視察のプレゼント。
これを俺には外国の農業を見る必要なんて無いと拒否していた継。
継が負けたのは敵を知ろうともせず視野狭窄に陥っていたから。

考えを改めて視察に出かける継。
良田はすっかりハネムーン気分。
意識してなかったけど継のパパは息子と嫁候補をくっつけるナイスアシストでしたね。
でも男女二人での海外旅行。
下手すりゃ仲が深まりすぎるんだけど大丈夫?
いや良田は願ったりでしょうが、という所で次回です。 

次回はのうりん 第11話 『あかるいのうそん』です。

公式サイトウィキペディア 公式Twitter(#のうりん)

新しい記事: キルラキル 第22話 『唇よ、熱く君を語れ』 姉妹神衣にマコ極制服復活!盛り上がりが半端ない。

古い記事: プピポー! 第13話 『輪廻転生の泉』 16歳になったあーちゃんが見たかった。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3595

コメント(2)

トラックバックありがとうございます。
返信がエラーとなるのでコメントで失礼します。

のうりん 第10話 『究極と至高の野菜対決!』
http://hibianime.jp/nourin10

・パロディ満載だったそうです


今回はグルメ漫画で過去にアニメ化された事ある作品から……まず校長は『ミスター味っ子』の味皇、本名は村田 源二朗。この人も実の弟と対立、原作では主人公の味吉 陽一の対戦相手を見つけてきたり料理対決で審判したりとアブレッシブ。アニメ版では更に凄い事になっていたそうで……調べてみたらサンライズが制作、監督は今川泰宏さん。その為か後年、彼が手がけた『機動武闘伝Gガンダム』ではアレンビーが味皇らしき人物を目撃したり、ブットキャリアーも花の中から出て来る味皇をイメージしたものと言う事です。更に『ケロロ軍曹』(放送局が同じ)ではアニメオリジナルキャラとして宇宙味皇が登場、声優も味皇と同じ人する徹底ぷり。『シティーハンター』でも味皇の美味いと叫ぶ演出がパロディにされ、『ちびまる子ちゃん』ではナレーターが“こいつはミスター味っ子か”とツッコミを入れた事も……『はちゅねミクの日常 ろいぱら!』でも味皇をパロッたキャラが……。


因みに原作者の寺沢大介先生がアニメの演出に気にいり、原作でも徐々にアニメよりになっていった事も。マガジンでグルメ漫画が多いのもこの作品が成功、寺沢大介先生は後に『将太の寿司』と言う作品を連載してました。異色なのは探偵モノとグルメマンガを両立させた『喰いタン』……これは食や料理をテーマにした推理物です。

今回のサブタイトルは『美味しんぼ』が元ネタ。士朗と海山も対立してましたがゆう子の活躍で連載25年目で和解……今では三人の孫の為にも頑張ってます。この展開なら良田さんの頑張り次第では……恐らく彼も継の為にも敢て憎まれ役をしたんでしょうね。

・継の一族


叔父が農業指導員をしてます、原作最新刊では甥っ子の為に活躍してます。因みに継のおとーさんはアニメが初出。継の母親が死んだのは恐らく連作障害を避けるための土壌消毒に使用した臭化メチルも遠因です。今ではこの薬品はモンテリオール協議書により製造や使用が制限され、施設栽培の土壌消毒は太陽光消毒が使用される事になりました。

(林檎が痩せたのは太陽光消毒作業をした為です)

・次回は


耕作、農、林檎はある場所へ……壮絶な修羅場になります。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net