バディ・コンプレックス 第9話 『カップリングシステム』 タイムトラベルの鍵はカップリングシステムにあり!

| コメント(0) | トラックバック(4)

buddycom-9-269.jpg

buddycom-9-484.jpg

buddycom-9-677.jpg

カップリングシステムの生みの親登場。
ドクター・フェルミを演じる大林隆介と言えばパトレイバーの後藤隊長など
昼行灯=飄々としているが実は切れ者
役に定評がある声優です。 
一昔前ならシグナス館長倉光源吾役とかピッタリだったんでしょうね。

今回はエルヴィラの師匠兼祖父代わりの人物として登場。
その彼が青葉に貴重な情報をもたらしてくれた。
タイムラグが有るとカップリングシステムは成り立たない。
そこで予め「通信を未来に飛ばす」タイムリープによってこれを解決している。
脳波レベルですがこの世界では実はタイムトラベルは実現していたという話です。

シスコンVSメソメソの力は互角?
これまでわりと明るい熱血漢していた青葉がすっかりどんよりモード。
前回ヒナに会えたのに何で沈んでいるのか。
本人からお前の言うヒナと私は別人、とバッサリ切り捨てられたからなんですね。
未だに過去へ来たヒナよりも前のヒナだから青葉を知らないというズレには気づいていないっぽい。
単に唯一の手がかりが消え失せた事で虚脱状態だと。

これを許さないのがディオ。
島であの女に会ったんだろ!
その言い方はホモが女に嫉妬しているみたいだから止めてwww

売り言葉に買い言葉で喧嘩になるのですが、ディオは訓練を受けた軍人で青葉は一介の高校生。
勝負になら…なってる、青葉のパンチ思いっきり当たってますね。
これは青葉が強いのかディオが弱いのかどっちなんだろう。

buddycom-9-687.jpg

buddycom-9-728.jpg

buddycom-9-1120.jpg

背水のマルガレタ。
フェルミの弟子でゾギリアに亡命した科学者と聞いてヒナパパを予想しましたが別人でしたね。
このドクター・ハーンは研究者ながら行政局にも顔が利く政治力のある人物です。

彼に作戦を承諾してもらうマルガレタですが「これが最後のチャンス」と釘を刺されこわばってしまう。
そんなに彼女って失敗してたっけ?
バディ・コンプレックス 第5話 『傷跡』
あからさまな失敗というとこの時ぐらいしか印象にない。

そして彼女は自らパイロットスーツを着て出撃。
意気は買うがガラントに任せたほうが良いんじゃないの。
技量も人望もあっちのほうが上でしょうに。
まあ人望無さそうな「マルガレタの作戦」と聞いてやる気なくすかもしれないので出るしか無いのかな。

作戦自体はわりとまとも。
味方の背後で機関銃を構え督戦し無謀な正面突撃を敢行。
という政治将校にありがちな無茶苦茶戦術ではなく潜水艦による大量のミサイル攻撃の雨あられ。
秘密兵器に数の暴力で対抗するという真っ当なもの。
つまりミサイル攻撃を使ってカップリングのタイムアップを待つ作戦です。

これって親衛隊を囮にして時間切れを待ったガラントと基本は一緒。
要するにパクリなんですが作戦に著作権もヘッタクレもないし、味方の犠牲が少ない分むしろ良い。
一応まともな戦術眼を持っていて良かった。

buddycom-9-1174.jpg

buddycom-9-1177.jpg

buddycom-9-1197.jpg

buddycom-9-1278.jpg

敗因:痴話喧嘩でパワーアップ。
シグナスにくっついていたドクター・フェルミのクレインを損傷させ成功は目前。
ところが時間切れになっても青葉とディオのカップリングが切れない。
喧嘩しながらカップリング時間の限界がグングン伸びていくという予想外の事態にミサイルが先に尽きてしまう。
こりゃ可哀想。
呆然とするマルガレタにディオの「成敗!」が炸裂すると。
なます切りにしてコクピットだけ落下。
生きたまま地面に叩きつけるなんて、ディオえげつないですね。

そして死ぬのではなく死んでいく恐怖に悲鳴を上げるマルガレタ。
私はこのような所で死ぬべき人間では…!
その台詞はダメだ、死亡確定。

と思ったらガラントが助けてくれた、ちょっと意外でした。

完全な道化。
髪を解いて憔悴しきっているマルガレタは可愛いです。
作戦は失敗し特務武官も解任されるみたいです。
でも彼女にとってこの方が良かったのかも、これまで無理をしていた感じがありますからね。
今後は肩の力を抜いて頑張って欲しい。

ところが直後自分も知らないガラントの作戦が既に承認されたのを聞いて大ショック。
マルガレタは現場だけじゃなく首脳部からハブられていた。
今回の作戦も実は大してアテにされてなかったと。
これ大丈夫なんですかね。
せっかく更生?するかと思ったら狂っちゃったりしないだろうか心配です。 

buddycom-9-1245.jpg

buddycom-9-1331c.jpg

buddycom-9-1343.jpg

実は戦果はあった。
マルガレタの作戦は完全な失敗とみなされていましたが、戦果はあります。 
クレインへの攻撃でドクター・フェルミが早々と死亡。
まさか1話で退場するとは思わなかった。
実はこれカップリングシステムに物凄い痛手だと思うんです。

軍内部で評価の低かったカップリングシステム。
それを実用にこぎつけたのはエルヴィラの技術以上にフェルミの政治力が大きかったと思うんです。
将軍に物申せる人物が居ないと許可や予算が取れません。
今後は状況次第で縮小や廃止もある訳で、そうなると間接的に敵の秘密兵器を潰したことになります。
まあ本人やゾギリアが知る由も無いでしょうが。

フェイントでヒナパパキターーー!!
博士は別人でしたが、ガラントの作戦の為の増援として今度こそヒナパパことビクトル・リャザン登場。
見た感じ歴戦の勇者、陸戦のプロっぽい風貌ですね。
それこそ「機動戦士ガンダム」のランバ・ラルみたいな。
当然ヒナとは似ても似つかない、むしろガラントの方がヒナのパパっぽいです。
因みに声は大塚芳忠(ヤザン・ゲーブル)ではなく秋元羊介(東方不敗)でした。
もしかして強襲揚陸艇でのシグナス襲撃があるのか。
という所で次回です。 

次回はバディ・コンプレックス 第10話 『父と子』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#buddycom)

新しい記事: ノブナガ・ザ・フール 第8話 『棒(WANDS )』 ようやくジャンヌがヒロインっぽくなった!

古い記事: 聖闘士星矢Ω 第93話 『刻の神!サターン降臨』 サターンより生きていたタイタンに、そして唐突に出てきた一角獣座の邪武に ...

関連記事

トラックバック(4)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3571

動画共有アニメニュース - バディ・コンプレックス  ~ 第9話 カップリングシステム (2014年3月 8日 21:51)

バディ・コンプレックス 第1話  ~ 第9話 カップリングシステム FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ 都内の高校に通う...

真実悪路 - バディ・コンプレックス 9話「カップリングシステム」の感想 (2014年3月 9日 08:17)

痴話喧嘩で作戦崩されたんじゃそりゃヒステリックにもなるよ。 次に失敗したら更迭、みたいな状況でカップリングシステムの制限時間を見越した、 ミサイル...

ひそか日記 - バディ・コンプレックス 第9話 感想 - ヒナの「丸腰だったから」にズギュンと (2014年3月 9日 08:21)

バディ・コンプレックス 第9話 「カップリングシステム」の感想です。 このメソメソ! うっせシスコン! たがいにののしり合いながら二人はパ...

猫が唸る感想日記 - バディ・コンプレックス 第09話 カップリングシステム (2014年3月 9日 10:38)

「戦え!お前を必要としている人の為に!!」 おお~! 熱いじゃん! ケンカしながら限界突破とか燃えるじゃないの~!w でもやっぱホモホモしいw ...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net