バディ・コンプレックス 第2話 『ナイスカップリング』 これ軍事用語なの。

| コメント(0) | トラックバック(0)

buddycom-2-588.jpg

buddycom-2-295.jpg

ナイスカップリング反応を示しました!
戦闘中にお見合いバラエティみたいな台詞が響き渡る。

カップリングプロセス開始。
コネクティブディオ(ディオと接続)。
プロポージング(婚姻申し込み)。
アクセプション(受諾)。
カップラー(該当者、カップラーメンではない)。 
※翻訳は推測です。

これがスタッフの狙いなんでしょうね。
本来ならパターン青、使徒です!!とかいう緊迫した場面でナイスカップリング。
登場キャラの表情は真剣そのもの、吹き出す人は居ないんですね。 
そして内部カメラが不調でパイロットが不明なのもお約束。

buddycom-2-626.jpg

buddycom-2-746.jpg

シンクロしてNT-D。
ド素人をロボットを乗せてどう動かすか。 
今回はこのカップリングで補完する仕組みみたいです。
カップリングが成功するとディオなる人物と操縦技術を共有できる。
なので青葉でも動かせる、というか戦っている。

この事実には艦長はじめ軍人たちもビックリ。
どうやら期待以上の効果があった模様です。
他にもロボットから光の翼が出現しNT-Dやトランザムばりにパワーアップ。
またデメリット?としては痛覚の共有とかもあるみたいですね。
カップリング中に片割れが死んだらやばそう。

buddycom-2-793.jpg

buddycom-2-944.jpg

未来に投げっぱなしジャーマン。
辛くも敵は退けましたが青葉の立場は不安定。
まずこの時代は2088年、現代から約70年後の未来でした。
この時代の日本は青葉が出現した方の自由条約連合に所属していると。
そんでもって別の大国・大ゾギリア共和国と2年前から戦争状態。
何より重要なのは雛が全く渡りを付けてくれていなかった事。
お前は何者だ、と完全に不審者扱いです。

未来でもタイムトラベルは一般的じゃない様ですね。
結局青葉は戦場にフラッと現れた身元不明の少年…まあスパイ扱いですな。
所持品を見せても偽物かも、と信用されませんでした。
完全に浦島太郎状態、というかそれより悪い。 

buddycom-2-1113.jpg

buddycom-2-1342.jpg

雛が居た!
特にさっきカップリングしたディオの向ける敵意が物凄い。
ディオが待ってる。
全然待ってくれませんでしたね。
ここまで見ると悪い女に騙された感がしないでもない。

そして敵がまたもや襲ってくる。
狙いは青葉とディオのカップリングロボ。
ゾギリアの敵に死を、という合言葉が全体主義国家っぽい。
そのパイロットの中に…雛居ました。
過去で敵対していた相手・ビゾンと旧知みたいだったのでそんな予感はしていた。

当然ながら青葉と知り合う前の状態みたいです、じゃなきゃ敵な筈ありませんし。
自分を過去へ返してくれるキーマンは何も知らない。
帰るハードルが更に上がってしまった所で次回です。 

buddycom-2-304.jpg

buddycom-2-1102.jpg

キャラ的には味方の副官(レーネ・クラインベック)と敵の政治将校(マルガレタ・オキーフ)っぽい女性が気になりますね。
とっちも一見ツンケンしているのがポイントです。
件の雛も今はツンツンですが。 

次回はバディ・コンプレックス 第3話 『再会』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#buddycom)

新しい記事: バディ・コンプレックス 第3話 『再会』 やはり敵、そんでもって知り合う前。

古い記事: バディ・コンプレックス 第1話 『出会い』 もう落ちてる。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3487

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net