キングダム2 第23話 『三隊共闘』 武力一辺倒の蒙武が蒙恬を評価していたのが意外だった。

| コメント(0) | トラックバック(0)

てっきり軟弱者扱いしているのかと。
でも考えたら当たり前か。
・軽装で先頭切って敵陣に乗り込んでも傷ひとつ負わないほど強い。
・水と油みたいな信と王賁に共同歩調取らせるほど人心掌握に長けている。
・そんでもって今回の抜け駆けと作戦。

度胸も戦術眼もある名家の御曹司というまさに完璧超人。

信と飛信隊をバカにしてばかり居る王賁の副将じいさんですら脅威に思うのは当然か。
まして今相手にしているのは廉頗四天王の一人である輪虎。
生半可な策など力押しでやられそうな相手にちゃんと戦術を通用させている。
馬謖や趙括みたいな机上の空論振りかざす青書生ではありません。

将を射んと欲すればまず部下を射よ。
輪虎の強さは配下の精鋭「輪虎兵」あればこそ。
まずこの外堀を埋めるべく、蒙恬がひっぺがしにかかりました。
敵の守備陣の穴を突く、当然輪虎は防御のほつれを補うべくそこに輪虎兵を配置している。
実はこの輪虎兵を集中して狩ろうというのが狙いです。

更に自身が突出することで敵を引きつけて本陣を手薄にする。
後退する際も敵を引き連れて遂に輪虎の本陣がガラ空きとなる。
全てが蒙恬の手の内にあるような流れに驚く信と王賁。
やはり大将軍に一番近い男はこいつか。

輪虎丸裸…でも強い。
信は輪虎の見立て以上に奮闘していますが、やはり1VS1では分が悪そう。
今一人王賁も来ていますが、こちらは先日の負傷が尾を引いてキレが無いと。
せっかく蒙恬がお膳立てしてくれたのに、二人がかりで輪虎が討てなければ台無しです。

せめて羌瘣が居れば良かったんですが、彼女は捨て石になろうとした楚水の救出に向かってしまった。
楚水は確かに死なせるには惜しい。
しかしお陰で輪虎を討つ方策が立たない。

元々命令無視して出撃しているので、輪虎を倒さないと飛信隊・玉鳳隊・楽華隊に明日はありません。
まさに背水の陣ですがどうなるか、という所で次回です。 

次回はキングダム2 第24話 『超えるべき壁』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#kingdom #キングダム)

新しい記事: ゴールデンタイム 第6話 『イエス・ノー』 香子の親友扱いとリンダ先輩のすっとぼけに万里の怒りが爆発!

古い記事: 宇宙兄弟 第81話 『一番の敵』 つまり日々人の敵は己の弱い心って訳で...あれ?

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3307

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net