IS 〈インフィニット・ストラトス〉2 第9話 『ヒーローの条件』 イベント中に敵襲来はもう飽きた(※閲覧注意)。

| コメント(4) | トラックバック(5)

※このアニメは戦闘になると面白くなくなるので評価が辛くなります。
そんな訳で今回もキツイ物言いが多いです。
このアニメが大好きな方は閲覧をお控えください。 

is2-9-600.jpg

is2-9-464.jpg

やっぱり来るのね。
ザル警備をやすやすと突破した敵の無人ISが襲来。
直上に立たれるまで気づかないとかいくら何でも酷すぎるだろう。
レーダーとか無いの。
そんでもって態度だけは冷静な千冬姉と山田先生。
こいつら今回も見てるだけなんだろうな…そう思ったらその通り。
戦闘教官に出撃を命令はしているものの、間に合いません。
結局生徒が戦わざるを得ない羽目になります。

生徒会長が相打ち!?
アラクネの時は終始余裕で相手を手玉に取っていた会長。
今回は大苦戦です。
自慢のISで敵の強力な装甲を貫けず、箒に押してもらった上に覚悟の相打ち。
会長って生徒の中じゃ最強なんですよね。
専用機持った最強キャラですら勝てない。
こりゃもうダメじゃないですか。

is2-9-553.jpg

is2-9-633.jpg

is2-9-651.jpg

is2-9-662.jpg

妹メチャクチャ強くね?
上記から絶望的な状況かと思ったら、妹の簪が大奮闘。
姉以上に敵ISを圧倒しています。
凄いんだけど、物凄い違和感。
だって最強の姉より妹のほうが強く見えるんだもの。
怒りパワー込とは言え彼女のISは量産機に毛が生えた程度でしかも自作品。
それでここまで戦えちゃうの。
専用機持ちって…何なんでしょうね。

is2-9-696.jpg

is2-9-716.jpg

is2-9-1067.jpg

一夏また口だけかよ。
箒の様子を見に行った筈の一夏が帰ってきた。
やられて敵に投げつけられるという形で。
善戦していた簪は一夏の負けっぷりを見てテンションダダ下がり。
さっきまでの強気が一気に失せてしまった。
主人公なのに知らないうちにやられているとか。
しかもエネルギー0で必殺技も使えないありさま。

でも何故か周囲は一夏をひたすらヨイショしてくれます。
箒にエネルギーを貰い、簪が時間を稼いでフィニッシュだけ一夏。
結果として一夏が大活躍したように見えるマジック。 

is2-9-845.jpg

is2-9-1098.jpg

is2-9-1120.jpg

言うのと言われるのが逆。
もうダメと心が折れそうになった簪ですがここで謎のニュータイプ空間が発生。
弱くたっていいじゃない、にんげんだもの。
という相田みつを風の語りをするのは…会長と一夏。
会長はともかく、瞬殺された一夏が偉そうなこと言えるのか。
強いのに弱気な簪を、弱いのに強気な一夏が勇気づけるというシュール過ぎる演出です。

あとこの状況って時間の概念どうなってるの。
今は戦闘中でおしゃべりしている余裕は無いはず。
こんな事していたら即あの世行きだと思うんですが、敵が空気読んで攻撃して来ないのかな。

二人で楽勝でした。
さらにビックリしたのがこのシーン。
会長が負傷までしてやっと倒した敵IS。
鈴とセシリア、シャルとラウラのコンビはあっさり倒していた。
ホント強さの基準が分からない。
少なくとも会長最強説は覆ったと思って良いんじゃないでしょうか。

is2-9-286.jpg

もう突っ込んでくれとしか思えない。
これだけでもお腹いっぱいなのに最後に千冬姉がぶちかましてくれました。
敵は完全破壊した、とコアを回収したのに隠匿した千冬姉。
コイツ目当てにまた敵が来るかもと心配する山田先生に対し、
私を誰だと思ってる、学園の一つや二つ守ってみせる!と豪語。
だったら今守れと。

そもそもISが無いのにどうやって守るのか。
ISの無いIS乗りって一般人と大差ないんじゃないのかな。

自信満々で瞬殺される一夏。
守らなかった直後に守ると放言する千冬。
ビッグマウスは血筋なのか、と思った所で次回です。

次回はIS 〈インフィニット・ストラトス〉2 第10話 『クッキング・マイ・ウェイ』です。

公式サイト(IS2) / 公式サイト(IS) / ウィキペディア / 公式Twitter(#is_anime)

新しい記事: キルラキル 第9話 『チャンスは一度』 勝負の行方より蒲郡の巨大化が気になって仕方ない。

古い記事: アウトブレイク・カンパニー 第9話 『水着の黙示録』 ミュセルの水着!でも古賀沼の方が扱いは大きかった。

関連記事

トラックバック(5)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3347

Little Colors - IS<インフィニットストラトス>2 第9話 「ヒーローの条件」 感想 (2013年12月 1日 13:06)

 簪攻略篇、終了。

cogito,ergo sum - IS<インフィニット・ストラトス>2 第9話 ヒーローの条件 (2013年12月 1日 18:24)

大分、心を開いた簪。 そんな時に知った真実…。 自分と姉を比べ、ふさぎ込む簪の心はまた閉じてしまうのでしょうか?

猫が唸る感想日記 - IS <インフィニット・ストラトス>2 第09話 ヒーローの条件 (2013年12月 1日 18:28)

最強の会長がやられ、知らない間にやられてた主人公一夏w なかなかの絶望感に久しぶりにこのアニメがバトル物だったことを思い出しました。姉妹愛からのか...

ボヘミアンな京都住まい - IS〈インフィニット・ストラトス〉2 第9話「ヒーローの条件」 (2013年12月16日 18:31)

いろんな病気持ちの私が言うのもなんですが、薬は飲み合わせにも注意して正しく服用しないと大きな副作用が出ます。今話での簪メインの締めくくり回もそんな印象。学...

ボヘミアンな京都住まい[gooブログ版] - IS〈インフィニット・ストラトス〉2 第9話「ヒーローの条件」 (2013年12月16日 18:32)

ミステリアス・レイディ&紅椿が一番劣勢だったのが違和感ありまくり・・・ ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://ky...

コメント(4)

・ミステリアス.レイティの弱点

実は屋外戦闘になるとナノマシンによる攻撃が限定的になり結果的に防御主体になります。あの“ミストルレインの槍”は云わば自爆攻撃見たいなもんですな。前回は更衣室と言うナノマシンによる攻撃にはうってつけの密室空間だからこそ優位に立てた訳です。

・ハブられた先輩コンビ

一年生コンビや会長&箒コンビも苦戦していたゴーレムⅢ、原作では“ヘル.ハウンド.Ver2.5”を専用機を持つ三年生のダリル.ケイシーに“コールド.ブラッド”を専用機として持つ二年生のフォルテ.サフィアが居ます。整備室にて簪がチラッと一夏に教えている程度で原作最新刊でも絡みありません。無論この二人も遭遇しましたゴーレムⅢの猛攻を互いの得意能力で防御、受け流し、逸らして、弾いて、回避と言う見事なコンビネーション、しかもフォルテに至ってはISを展開して空中で寝っ転がって先輩に押しつける気満々の余裕ぶり(汗)。しかもダリルも会話するするほどですから。コンビネーションでは学園最強と言っても差し支えないですな

残念な事に原作挿絵はOVL版でもまだ出てないんですよ……この事件が初登場なのに、きっと百合モノ同人誌作家は喜ぶと思ったんですが。

・成長する一年生

皮肉な事に一夏&簪ペアを倒すという共通な目的があったからなぁ、多分コンビネーションの練習みっちりやっていたんでしょう……ゴーレムⅢが来なかったら別の意味でヤバかった。


・簪ちゃんの凄さ

多分、ミサイルマニュアル誘導の際に腕のみを解除しているんです。簪のスゴさは打鉄弐式の開発の際に入力作業を同時複数していたので山嵐のマニュアル誘導が出来るんです。単にマルチロックオンシステムが間に合わなかったと言う実情もありますが……何しろ原作では整備の際には両手両足の上下に空間投影キーボートを一枚ずつ置いて計八枚同時に入力、ボイス.コントロール、アイ.コントロール(瞳の動きをセンサーがトレースする方式、戦闘機や戦闘ヘリのミサイル標準システムや声帯と手足が動けない身体障害者が会話するディバイスにも応用)、ボディ.ジェスチャーでハードウェアにソフトウェア同時に試験稼働、データ蓄積、フィードバックの調整をしている。無論のほほんさんのサポートありですが。

・私服のセンス

EDでは姉よりも先に登場、私服を見て思ったんだがのほほんさんのコーディネイトの可能性があるなぁ……無論、彼女の私服姿は今回が初出。


・ゴーレムⅢ

これもOVL版か……。


・箒の進化

実は紅椿も射撃系武器が無いのですが……一瞬で何故か“穿千(うがち)”を理解した箒、ここら辺も前回会長が驚いた事と関係あるかもしれませんな。

トラックバックありがとうございます。
返信がエラーとなるのでコメントで失礼します。

IS <インフィニット・ストラトス> 2 第09話 『ヒーローの条件』
http://hibianime.jp/is2nd9

ミサイル48発をマニュアル誘導する簪は十分凄いと思いました。
なのに自信が持てないとは難儀な性格です。

こいさん

返信どうもです。


簪の場合は情報処理に関しては一年生では右に出る者はいません。似た様なケースとしては『機動戦士ガンダムSEED』にてキラがストライクに乗った時に戦闘しつつもOSを修正、地球降下後に遭遇したバルトフェルト隊との戦闘時にも砂漠戦に対応したオートバランサー(?)を調整してます。『モーレツ宇宙海賊』でも弁天丸の電子戦担当のクーリエが対グランドクロス戦にて同時に四台のPC(?)を操作、簪の場合を考えると脳と手足の指がどーなっているのか……。

(ただし、アイコントロールに関してはキラが早いかもしれない。フリーダム系のマルチロックオンシステムはアイコントールですから……アイコントロールによる標準はVF-25メサイアのミサイル標準にも使用されてます)


姉が優秀過ぎて埋もれたんでしょうね……最も楯無もそうならない様にしたのですが簪が誤解していた事も大きかったかもしれませんな。

敢て不満を言えば今回はダリルとフォルテが初披露になると踏んでいたのですが……カットとは何事?まさかこのまま登場無し?

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net