ゴールデンタイム 第7話 『マスカレード』 これ、最終回じゃないの?

| コメント(0) | トラックバック(1)

goldentime-7-311.jpg

goldentime-7-326.jpg

主人公とヒロインがくっつく。
それ即ちラブコメの最終回です。
晴れて万里と香子は恋人同士。
なのに話は終わらないのが不思議。

まあこのカップル、見てて凄い違和感はあります。
だってあれだけ光央光央言ってた女が違う男になびいちゃう。
一応本人も虫が良すぎるから一度は振ったと言ってます。
さりとて万里に惹かれていたのは事実らしいですが…やっぱ早過ぎるよね。

これは…流石にキツい。
香子がイタい女性なのは見てて分かります。
そんでもって万里も負けないくらいアイタタタな男です。
オレ無害な男だよ!なんて絶対信じられない。
そんな二人が晴れてカップルになるとどうなるか。
痛さが二倍、いや二乗の相乗効果が生まれます。

単に仲睦まじいカップルなら別に爆発しろとか言いません。
こんなにも幸せな私達を見て!
とでも言いたげなラブラブアピールがウザ過ぎる。
天下の往来で大声出して笑ったり、マンションの踊り場で文字通り踊りだすと言った奇行に正直ゲンナリ。
こんなの一人相手にするだけでもキツイ…光央の苦労を視聴者が味わうことになろうとは。

goldentime-7-571.jpg

goldentime-7-1044.jpg

でも早速隠し事。
幸せいっぱいの二人、特に香子の攻撃に光央は辛そう。
何せ自分振られたばっかですし。
女性なら髪を切るというのが定番ですが、何故か金髪になってしまった。
お前は「とらドラ!」の北村か!って同じ作者でしたね。
振られると金髪にするのが原作者の趣味なんだろうか。 

しかし万里にはリンダ先輩との摩擦が残っている。
岡千波を一目見るや退散した光央。
そしてまたリンダ先輩を見た万里も逃走。
以後リンダ先輩から逃げ続け、何があったかを心配する「彼女」香子にも告げられずじまい。
ウソは付いてない…というか隠していますが、バレたら修羅場必須じゃなかろうか。 

NANA先輩って隣人だったんだ。
二度目の出会いはすっぴんだったから気付かれなかった模様。
本人はシカトされたとゴキゲンナナメです。
そんな彼女に万里との意外な接点が発覚。

まず彼女、なんと万里の隣に住んでいた。
そんでもって大学一緒で元おまけんでリンダ先輩と仲が良い。
ここホントに東京?って思えるほど狭い世間ですね。
その先輩がリンダ先輩を伴って、万里に押し付けて去っていくと。
無愛想だけどわりと後輩思いみたいですね。

goldentime-7-1097.jpg

goldentime-7-1217.jpg

今の万里は香子が好きだけど、過去の万里はリンダが好き?
・万里が橋に居たのは、リンダを待っていたから。
・先日万里が告白し、リンダはその答えを言う筈だった。
・待ち合わせにリンダが遅れた結果万里は事故に遭った。

あと原付きに撥ねられたか撥ねられそうになって落ちたみたいですが、犯人はリンダ先輩…な訳は無いですよね。

待ち合わせに遅刻した結果相手が記憶喪失。
PCゲーム「君が望む永遠」を思い出します。
全てを話したリンダ先輩が泣くのは分かりますが、万里も泣いてしまっている。
香子と付き合っていても、記憶の奥底ではリンダが好きだからか。

寄り添う二人は凄くお似合いに見えるけど…これ浮気になっちゃう。
何かリンダ先輩の顔がすごく女というかメスっぽいのもヤバ気ですね。
二人が抱き合っているのを香子に見られそう、と思ったら電話でした。
光央がピンチ。
いやこっちはそれ以上に取り込み中、でも言えない…。
とりあえず行くしかなさそうですね、という所で次回です。 

次回はゴールデンタイム 第8話 『リセット』です。 

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#ゴールデンタイム)

新しい記事: <物語>シリーズ セカンドシーズン 第20話 『鬼物語しのぶタイム 其ノ肆』 まさかこんなオチとは...さらば八九寺。

古い記事: キングダム2 第24話 『超えるべき壁』 壁のあんちゃん久しぶり!って参戦していたんだ。

関連記事

トラックバック(1)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3323

ぺろぺろキャンディー - ◎ゴールデンタイム第7話マスカレード (2014年11月 5日 00:23)

))コウコ:多田君が好き*>自転車盗られたんですp>署まで来てもらおうか[署]))ごめんね迷惑かけちゃったというか、カガさんはヤナさんのこと忘れてないと...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net