ゴールデンタイム 第5話 『ボディ・アンド・ソウル』 勝手に親友認定されるのって...そして万里はスタンド使いだったのか。

| コメント(0) | トラックバック(2)

goldentime-5-266.jpg

振りの常套句として「良いお友達でいましょう」というのがありますが。
無理だろ。
これは互いに「友達」と見ている場合に成立するお話。
告白した相手は友達と見ていない訳で、
仲良くして、でも一線は超えちゃダメ。
なんて生殺しもいい所。
告白された側の一方的な押し付けです。
ただ万里と香子の場合、友情「らしきもの」が成立する余地はあります。

香子には友達がいない。
万里も記憶喪失のせいで友達関係がリセット。
双方友情にも飢えているから。
まあ友達って「居ないから仕方なく」作るものじゃないんですが。

goldentime-5-763.jpg

友情認定されたせいか香子のテンションがおかしい。
以前は柳澤が居るとおかしく、それ以外例えば万里と一緒の時は比較的まともだった香子。
しかし「親友」万里となった途端にまた妙なテンションになってますね。
何か芝居がかった物言いが凄く痛い。

「親友」だからいつも一緒と勝手に万里までおまけん入部を決め、練習前は自信満々。
そして練習後は失敗に道端でわあわあと咽び泣く。
この娘躁鬱が激しい。
普通なら友達やめるか置いて帰りそう。
でも万里は香子に惚れているので見捨てられない。
これ見越して「親友」認定したのなら相当したたかですが、どうやら天然みたいです。

goldentime-5-1110.jpg

万里も大概変だった。
記憶喪失後に入院が長引いていて鬱屈としていた万里。
外の明かりが気になって脱走。
頭を打って記憶喪失したのに山を滑って全身打撲。
この病人はダメだ、閉じ込めて正解という感じがしないでもない。

更に懐中電灯で合図を送っていた女性にテンション高く自己紹介。
終わった後に「ハイ、アホ丸出し!」とセルフツッコミ。
さ、寒い…そして怖い。
すぐ逃げなかった女性=おそらくリンダ先輩は大したものかもしれない。

でもこれで記憶喪失後にもリンダ先輩と出会っていることが分かりましたね。
髪切ったぐらいで忘れないと思うのですが、やはり記憶野にダメージが残っていてあやふやなんでしょうか。

goldentime-5-222.jpg

万里ビフォーアフター。
本人には見えないらしいですが記憶を失う前の万里は生霊のごとく飛び出してしまった模様。
記憶喪失以前と以後で完全に人格が分離してしまったなら、記憶を取り戻すのは不可能に近そう。
未だ明らかにされない万里とリンダ先輩の関係はいかなるものだったのか。
正直バリバリの恋人だったら面白いんですがね。
という所で次回です。

親友と言いつつ、心で会話ができちゃう阿吽の呼吸っぷり。
更に二人のテンションの妙なおかしさ。
何かお似合いという気がしないでもありません。 

次回はゴールデンタイム 第6話 『イエス・ノー』です。 

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#ゴールデンタイム)

新しい記事: <物語>シリーズ セカンドシーズン 第18話 『鬼物語しのぶタイム 其ノ貳』 忍の前置きは視聴者に言ってる気がしないでも ...

古い記事: キングダム2 第22話 『蒙恬の提案』 一番大将軍に近いのは蒙恬かも。

関連記事

トラックバック(2)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3293

悠遊自適 - (((;゚Д゚)))まさかの幽霊視点?! ~ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」~ (2013年11月 5日 13:43)

「(教えてやりたい…俺にとってリンダがどういう存在だったか)」

ぺろぺろキャンディー - ◎ゴールデンタイム第5話ボディ・アンド・ソ... (2014年11月 5日 00:03)

=橋バン:なんでなにも覚えてないんだ、リンダ先輩はなんだったんだ*ヤナ:おまえんちいっていい俺、いないんだ=電車|橋から転落して、ほりだされた、記憶喪...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net