フリージング ヴァイブレーション 第2話 『Evolution Pandora』 エリザベス先輩が主人公っぽくて俺得だった。

| コメント(2) | トラックバック(4)

freezing2-2-401b.jpg

いよいよEパンドラの実力がお披露目。
パンドラとの模擬戦が始まるのですが、彼女たちに違和感が。
そうです、Eパンドラは武器を持ってリングに上がってきた。
ボルトウェポンを自力で展開できないんですね。

普通この手の「強化人間」タイプは序盤でオリジナルを圧倒。
凄いんじゃね?と思わせて暴走するパターンが大半。
なのにEパンドラは激弱、オリジナルパンドラにボコボコにやられてしまう。
無茶やっても勝てませんでしたという衝撃の展開。
こりゃー作った意味なかったね。

freezing2-2-562c.jpg

相手が悪すぎるだろう。
Eパンドラの二人はサクッと片付けられていよいよ最後の試合。
メッシュの入ったEパンドラリーダー格のアミリアが登場。
彼女はボルトウェポンを展開出来るので、他の連中とは違う感じが出ています。
でも相手がまさかのエリザベス先輩。
本人は謙遜してますが、トップ5に次ぐ実力者です。
何かもう終わった感しかしませんね。

案の定エリザベスはボルトウェポン展開すらせずステゴロでアミリアを圧倒。
でもアミリア倒れないし試合も止めない。
たかが模擬戦で何故そこまで…とサテライザー。
これは意識の違いです。
良いとこ無しのEパンドラですが、彼女たちがこの模擬戦に掛ける意気込みは半端無かったんですね。
要するに自分達の存在証明。
なのに赤子をひねるようにやられちゃうのが何とも物悲しい。

freezing2-2-854b.jpg

ド根性アミリア。
もはやエリザベスの興味は勝利じゃありません。
何とか最小限のダメージで戦闘不能にする。
手加減に四苦八苦している感じです。

殴っても殴っても倒れないアミリアに強さとは別の脅威を感じるエリザベス。
弱いけど不死身のゾンビを相手にしている感じでしょうか。
しかし唐突に試合は終了。
何故今頃と思いきや、アミリア立ったまま気絶してました。
何という弁慶。
でもこの姿勢がある意味パンドラとEパンドラの心を繋ぐ結果となりましたね。

freezing2-2-1008b.jpg

これってノブレス・オブリージュ?
席がないからと敢えてEパンドラの隣に座ったエリザベス。
追い打ちでもかけに来たのか、とEパンドラは身構える。
何しろ彼女たちの頭の中ではエリザベスは極悪人。
本人そんな悪そうな顔してなかったんですがね。
貴方がたにはもっと強くなってもらわないと困ります。
その為に私達が居ます。

厳しい中に潜む優しい言葉にほだされていくEパンドラ。

個人的にエリザベス好きなんですが、ここまでの人格者だったっけ?
ともかくもこれで両者の仲は良くなったと。
しかしこれで話は終わらない。

結果としてEパンドラがまるでお話にならなかった事はこの研究所の存続を危うくしている。
モルモットとして使い捨てても構わないからもっと強化しろ。
せっかく築いた友情が悲劇に繋がる予感がします。
という所で次回です。

freezing2-2-969b.jpg

脱ぐだけじゃない先輩の活躍に感動。
これまで「脱ぎ担当」な感じだったエリザベス先輩。
今回は完全に主人公でしたね。
勿論脱ぐのも忘れておらず、今回もきっちりノルマ果たしてくれる。
バトル中にパンチラしてましたが、エリザベス先輩のパンチラは珍しい。
だっていつも全裸だから。
またEパンドラの中で褐色の気が弱そうな娘は可愛いです。
食うためにEパンドラになったそうですが、入っても食ってるのがカロリーメイトってどうなの。

反比例してサテライザーとカズヤの存在感が薄いです。
冒頭カズヤと相部屋だった事でラナに優越感感じた表情。
そしてラナに煽られた時のボコボコにして故郷に送り返すぞ!というヤンキー臭い物言いに笑いましたが。

次回はフリージング ヴァイブレーション 第3話 『Mark IV』です。

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#genetics)

新しい記事: <物語>シリーズ セカンドシーズン 第15話 『囮物語なでこメドゥーサ 其ノ肆』 戦場ヶ原は最後まで出ないのかと思った。

古い記事: 宇宙兄弟 第77話 『宇宙飛行士の娘』 本当にモスクワはマトリョーシカだらけなのか。

関連記事

トラックバック(4)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3239

ヲタブロ - フリージング ヴァイブレーション第2話「Evolution Pandora」レビュー・感想 (2013年10月15日 18:05)

世の中はいつも不公平です最初から恵まれた者とそうでないものに分かれている、ならば恵まれてない者は一生敗者であるとあなたはそうは考えていないはず、違いますか...

ぬる~くまったりと - フリージング ヴァイブレーション TokyoMX(10/11)#02 (2013年10月16日 01:45)

第2話 Evolution Pandora 部屋に戻る、カズヤとサテライザーは相部屋。ラナが猛クレーム、不純異性交遊であります。 明日はカーニバル、サテラ...

無限回廊幻想記譚 - フリージング ヴァイブレーション Episode2「Evolution Pandora」 (2013年10月16日 20:57)

Eパンドラ計画のためにアラスカの研究所へと派遣されたサテライザー=エル=ブリジッ

無限回廊幻想記譚 別館 - フリージング ヴァイブレーション Episode2「Evolution Pandora」 (2013年10月16日 20:58)

Eパンドラ計画のためにアラスカの研究所へと派遣されたサテライザー=エル=ブリジットたち。 ラナ=リンチェンは《不死身》の異名を持つロックサンヌ=エリプト...

コメント(2)

・丸くなったサテライザー

バイオレンスな過去を持ちこの事を知っているキャシーが知ったら驚くでしょうね……(実はキャシーと同じイーストゼネテックスだったけど、男子生徒をフルボッコにして再起不能にさせた。一年謹慎後にウェストに転校した)、カズヤもとっとも洗礼すればいいのですがそこは中々させないのが原作者がセルフパロで18禁同人誌でやりたいからでは?

・毎回パイタッチされるキャシー?

ある意味前回のノヴァクラッシュよりもヒドい目にあわされているキャシー……ユリアも彼女のみにしているのは他の面々では怖いからか?でもロックサンヌなら案外やっているかもしれませんな。


・過激な水着に全裸に

サテライザーやラナも赤面する辺りを見るとお子様ですな……うん、撮影班が大変ですが(笑)

・EDが

『ハイスクールD×D』を超えた……いや前回は大人しめだったのに。

接触禁止の女王とは何だったのか。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net