宇宙戦艦ヤマト2199 第26話(終) 『青い星の記憶』 遂に地球に帰ってきたヤマト...そしてあの名シーンがキタ!

| コメント(1) | トラックバック(8)

yamato2199-26-1234b.jpg

BGMまで一緒。
今際の際の沖田館長が言う。
地球か…何もかも懐かしい…。
腕から力が抜け、写真が落ちたことで臨終だと分かるシーン。
病身を押して、苦難の末に無事目的を果たした男は故郷を一目見て絶命。
何度見ても泣けるシーンです。

旧作だとこの後復活して感動が台無しになるんですがね。
今作ではそういう事は無さそう、理由は後述します。

森雪復活!はならず?
原田結婚の知らせに反応し、奇跡的に意識を取り戻したかに見えた森雪。
しかし古代が駆けつけた時既に遅し。
死の間際、一時的に意識が回復したものの最愛の人には会えず。
森雪を担当する桑島法子は「死に役」が多いことで有名です。
名作ヤマトのヒロインもこのジンクスに勝てなかったのか、と驚きました。

yamato2199-26-803b.jpg

知らぬは夫ばかりなり。
暗い時にこそ明るい話題が必要!
敢えて加藤と原田の結婚披露パーティーを挙行させた古代。
決めた時点で雪は昏睡状態。
式当日は既に故人。

努めて明るく振る舞った古代に対し、加藤「森船務長も大丈夫さ!」と罪なき罪な発言をしてしまいました。
新婦の原田は知っているだけにフォローに必死。
その場では何とか気丈に振る舞いましたが、一歩会場を出ると抜け殻のようになってしまう古代。

弟思いだけど雪>地球でいいのか。
雪の死体に取りすがって涙する弟の姿を見かねたコスモリバースの中枢=古代守が奇跡を起こします。
しかしこのシステム、一度起動すると中枢の意識が消失してしまうものの様です。
一発勝負で二度は起動できない、つまりテストも出来ませんね。
これを起動させてしまった守。
森雪は奇跡の生還を果たしましたが…このあとどうするの。
地球に帰ってもコスモリバースが起動しなかったら滅亡確定です。

yamato2199-26-911b.jpg

沖田館長が引き継いだのか。
悲嘆にくれる技術陣、特に中枢=守だと確信した真田が珍しく感情的。
これがお前の意志なのか!と守に問いかける。
その時コスモリバースが再び息を吹き返すと。
どうやら中枢は先ほど死亡した沖田艦長が成り代わった模様です。
それだけに艦長復活はなさそうですね。

因みに引き継ぎが上手く行かなかったら雪が中枢になった可能性もあったんだろうか。
間違って雪がヤマトに取り込まれなくて良かったですね。

こうして多大な犠牲を払いようやく帰還したヤマト。
赤茶けた火星見たくなっていた地球が青い星に。
ちょっと早すぎる気もしますが、早回しで見せてくれたんでしょうね、という所でおしまいです。

yamato2199-26-1351b.jpg

良リメイク?いや素晴らしいリメイクでした。
何と言ってもスタッフのヤマト愛がひしひしと感じられる作品だった。
原作のテイストはそのままに、おかしいとこは直していく。
その匙加減が絶妙だった。

女性キャラを大幅増員したのはともすれば「軟派化」と言われそうですが、概ね好評だったんじゃないでしょうか。
随所に登場する女性キャラが物語に華を添えていたと思います。
今回は原田は勿論、新見薫や桐生美影など技術部女性陣の登場と活躍が見ものでした。

既存のキャラクターとしては旧作でメインキャラだった古代と島の印象がかなり薄くなりましたね。
当時アニメでは日本人の若者を主人公にという風潮が強く、古代が艦長代理に異例の大抜擢されてました。
これ今考えると無理がある。

代わりに真田が副長から艦長代理になったこともあり、更に技術部のトップという事もあって大幅に出番が増えた印象があります。
真田副長物語。
そんな印象も受ける本作ですが、あくまで群像劇ということだったと思います。
あとはその後のガミラスとかが気になるんですが、そこらへんを作ったりする予定はあるんでしょうか。
個人的にはもうちょっと見たいので、公式サイトの動向に注目していきたいと思います。 

yamato2199-26-194b.jpg

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

新しい記事: 翠星のガルガンティア 第14話 『廃墟船団』 チェインバー健在!レドが片言...後日談じゃなくて挿入話だな。

古い記事: ▼記事▼:「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?21」に参加。

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(8)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3215

動画共有アニメニュース - 宇宙戦艦ヤマト2199  第1話   ~ 第26話 青い星の記憶 (2013年9月30日 15:00)

宇宙戦艦ヤマト2199 第1話  ~  第26話 青い星の記憶 西暦2199年、地球は滅亡の危機に瀕していた。それから遡ること8年前の2191年、地...

日々の記録 - 宇宙戦艦ヤマト2199 #26 (2013年9月30日 17:54)

リメイクされたヤマトも、ついに最終回です!デスラーの急襲を受けながらも、ヤマトは銀河系へと到達しました。そして地球との通信が再開できるところまで、ヤマトは地球に

空 と 夏 の 間 ... - 宇宙戦艦ヤマト2199 第26話「青い星の記憶」 (2013年9月30日 22:54)

地球帰還を目前にしたヤマトで、また亡霊が出るという噂が流れていた。 今度はユリーシャではなく男の亡霊!? それはコスモリバースシステムの一部と...

ぬる~くまったりと - 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(9/29)#26終 (2013年10月 2日 10:43)

第26話 最終話 青い星の記憶 艦内にユリーシャの亡霊が出現していたが 今度は男性の亡霊が出現する噂になる。ユリーシャの生命維持カプセルを使えば森雪の 現...

おぼろ二次元日記 - 宇宙戦艦ヤマト2199 #26(最終話)「... (2013年10月 3日 23:06)

ヤマトは還ってきた。人々の思い、星の記憶を積んで。「青い星の記憶」地球を目前にしたヤマト。艦内ではさまざまなドラマが展開していた。伴侶を得る者、新たなる生...

アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - そのまま処刑用BGMに…(仮面ライダーウィザードとか進撃の巨人とか) (2013年10月 5日 21:05)

【宇宙兄弟 第75話】バトラー局長にバーティカルクライムロールやらハートマークやらを披露する六太の巻。デニール・ヤングの薫陶よろしく飛行機でアクロバテック...

くまっこの部屋 - アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第26話 「青い星の記憶」 感想 (2013年10月 7日 19:28)

「地球か・・・何もかも皆懐かしい」このセリフが聞きたくて見続けていたのかもしれま

ぺろぺろキャンディー - ◎宇宙戦艦ヤマト2199第26話「青い星の記憶」 (2014年7月 1日 21:49)

*>回線繋がりました=こちら藤堂だ、聞えるかサナ>こちらヤマト、コスモリバースシステム受領、帰還中です=よくやってくれた=>まった=沖田君はサ>容態が思...

コメント(1)

・桑島さんのジンクスも今回ばかりは……

メインヒロイン担当の場合高確率で退場(=死亡)する事で有名……私がこのジンクスを知ったのが『機動戦士ガンダムSEED』のフレイ.アルスター役、その続編である『機動戦士ガンダムSEED DISTINY』ではステラ.ルーシュ役でも死亡。

因みにSEEDでは兼任していたナタル.バジルールにキラとカガリの母親であるヴィア.ヒビキも死亡、DESTINYではレイ.ザ.バレルの少年時代を担当してまして彼も戦死

ただ逆にサブヒロインだと『マクロスフロンティア』シリーズの松浦 ナナセとカナリア.ベルシュタインは生きているんですね。


ちと調べてみたらミスマル.ユリカ(『機動戦艦ナデシコ』シリーズの艦長)に次いでメインヒロインなのに死亡しなかったキャラになったんですね……考えてみればユリカも結構危ない目に逢っているのにそれを助け出す恋人がいるのも……。

・もはやロストロギアのコスモリバースシステム?

『魔法少女 リリカルなのは』シリーズに登場する滅んだ文明が残した危険な遺物“ロストロギア”、守の魂(=記憶?)が艦内に亡霊を出したのか……でも原作者の別作品(近く実写版が公開)にも似た様な設定が出ていたのでこの作品からのリスペストもあったんですね。


因みに原作コミックではガミラス星人は放射能線でも平気なのでヤマト艦内に放射能線ガスを充満、雪は除染の為にコスモクリーナDを起動させますが放電、あわや死んだかとおもったら生きてました。

(多分、感電して気絶しただけかもしれませんね)


・リメイクは成功?

そりゃあ原作から39年も経過してますからアニメに関する環境や要素がまるっきり違う……差別用語も含まれている可能性もあるのでシナリオも今の視聴者にも分かりつつもヤマトのクォリティを残し更に進化させた物語と思ってます。


今回はシナリオの中核になるヒロインやガミラスサイドの事情も事細かに表現、更に最新科学口証によるヤマトの詳細な設定……。


続編も出来そう……と言うか制作して、色々と気になる事が

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net