宇宙戦艦ヤマト2199 第20話 『七色の陽のもとに』 容赦無いドメルの猛攻、そしてさらわれた雪。

| コメント(2) | トラックバック(15)

yamato2199-20-900b.jpg

将に鬼のような攻撃。
艦載機に拠るドッグファイトですが、こちら陽動。
引き離された所で第二波が単艦丸裸となったヤマトに襲いかかると。
空母主体のドメル艦隊だけに戦闘機は多いですしね。

更に復員した爺さん兵士、こいつ爆撃機乗りだったのか。
超大型ドリルミサイルでヤマトの波動砲を封じると同時にドリルが前進。
内部に侵入した所で爆発すればヤマト一巻の終わりです。
機関部に直結した大砲の弱点をモロに突かれましたね。
しかもここまでの攻撃が全部前フリというのにビックリです。

yamato2199-20-623b.jpg

本命はヤマトに侵入してのユリーシャ誘拐。
本人は航法室で寝てますから、どう見ても人違いで雪誘拐されちゃうパターンですね。
それを実行するのが二等ガミラス臣民、シュルツと同じザルツ星人です。 
肌が青くないのである意味潜入にはうってつけ。
とは言えそんなに多くないであろうヤマトクルーになりすますのは無理がある。
結局星名に見つかって戦闘になっちゃいましたね。

でもその最中、ブリッジに居なかった雪と遭遇。
向こうから来てくれた、探す手間が省けましたね。
別人なんですが。 

yamato2199-20-176b.jpg

もう止めて!と言いたくなる程攻撃は続く。
ドリルミサイル食らわせても、ユリーシャ(に間違えた雪)を攫ってもドメルの攻撃は緩みません。
更に雷撃艇の攻撃、挙句旗艦が出張っての艦隊戦まで!
…とはいえここまで多重攻撃繰り返すのは、ヤマトが中々堕ちないからというのがあります。
装甲と波動防壁が頑丈過ぎる。

手数はガミラス側の方が多いんですが、ヤマトの耐久力がチート級。
明らかにヤマトのテクノロジーはガミラスを凌駕してる。
結果として圧倒的に優位に見えるドメル艦隊が徐々に消耗していくことになります。
殴っても殴っても斃れないヤマトに対し、遂にドメル自らが引きずり出される羽目になると。 

yamato2199-20-1238b.jpg

そして遂にドメルも…。
現実の戦艦大和は沈みましたが、宇宙戦艦ヤマトはまさに不沈艦。
更に沖田艦長の誘いに乗ったことが運の尽き。
もし波動防壁無かったらとっくに沈めていたでしょうに、ヤマト本当に固すぎですね。

最後の手段と司令部から脱出艇を切り離し、ヤマトに強行接舷。
最初ランバ・ラルよろしく内部に侵入しての白兵戦かと思った。
彼が取った最後の手段は自爆。
早まるな…しかし副官はじめ部下たちの心は決まっていた。

でもこんな捨て身の手段でもヤマトは沈まない。
波動防壁に祟られ続けたドメルがこうして戦死。
将に死闘だったという所で次回です。 

yamato2199-20-576b.jpg

ここ赤木リツコっぽい。
ドリルミサイルに対処するため、営巣入りの新見を一時開放。
内部でミサイルを処理する様は「劇場版新世紀エヴァンゲリオン」マギのクラッキング対策している赤木リツコを彷彿とさせました。 
起爆装置を解除してホッと一息ついた時はドキっとした。
直後に爆発して死んだりしないかと思ったので。 

雪を攫われて古代の怒りが頂点に達していましたね。
スグに艦載機で追ったものの、敵は次元潜水艦で雪が乗ってるだけに攻撃できない。
怒りは別働隊のガミラスにぶつけていた。
そんな彼の前に現れた雪ソックリの女性。
ずっと昏睡状態だったユリーシャ遂に目覚めましたね。

yamato2199-20-1446b.jpg

サブクルーが多かった。
きっかけはやはり星名の負傷→ショックを受けた本体である岬百合亜でしょうか。
似てると言われたけどちょっと顔がキツ目…でも過去の映像だとそうでもなかった。
今回の作画の特徴かな。 

古代に雪に真田とメインクルーが不在なので、ブリッジのメンツがかなり違いましたね。
個人的には前からちょくちょく出ていた雪の交代要員・西条未来とポニーテール娘・桐生美影が気になった。

yamato2199-20-206b.jpg

何より敵も味方も犠牲が凄かった…。
司令部が全滅に近いドメル艦隊は勿論、ヤマトクルーも内部に侵入されたり砲撃食らったりでかなり死んでいます。
特に今回は敵味方共に好感の持てる連中が多いだけに悲壮感が半端ない。

ザルツの特務部隊とか一人残して全滅でしたね。
胸元がセクシーなザルツ女性兵士ベリス・ライチェも死んでしまった。
また二等ガミラス臣民を見下していたけど腕の良い戦闘機乗りだったバーガー。
パイロットが艦上で戦死って無念でしょうね。 

次回は宇宙戦艦ヤマト2199 第21話 『第十七収容所惑星』です。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#yamato2199)

新しい記事: ハイスクールD×D NEW 第7話 『夏です!水着です!ピンチです!』 朱乃さんの猛攻、ゼノヴィアの暴走、そしてリアス部 ...

古い記事: 聖闘士星矢Ω 第69話 『炎の嵐を起こせ!ユナと蒼摩の友情!』 こいつら誰だっけ...?

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(15)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3133

ぬる~くまったりと - 宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(8/18)#20 (2013年8月19日 13:37)

第20話 七色の陽のもとに ドメル大将との七色星団の決戦、シリーズ戦闘の目玉ですね。第1,2,3空母と戦闘空母による艦上機戦の始まりです。ドメルの武器は瞬...

動画共有アニメニュース - 宇宙戦艦ヤマト2199  第1話   ~ 第20話 七色の陽のもとに (2013年8月19日 14:05)

宇宙戦艦ヤマト2199 第1話  ~  第20話 七色の陽のもとに 西暦2199年、地球は滅亡の危機に瀕していた。それから遡ること8年前の2191年...

真実悪路 - 宇宙戦艦ヤマト2199 20話「七色の陽のもとに」の感想 (2013年8月19日 16:11)

なんでドメルは自爆を気取られるような別れの挨拶を……。 ひとりでやるならセンチメンタリズムもある程度は仕方ないかとは思うけど、 一緒に死んでもヤマ...

日々の記録 - 宇宙戦艦ヤマト2199 #20 (2013年8月19日 17:22)

七色星団で、ヤマトとドメル艦隊が激戦を広げるお話でした。いよいよヤマトとドメル艦隊の決戦が始まりました。飛行部隊を送り出したヤマトでしたが、なんとドメルは新兵器

ふるゆきホビー館 - 『宇宙戦艦ヤマト2199』 第20話「七色の陽のもとに」 (2013年8月19日 19:54)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 一大クライマックスの幕開けです。七色星団の戦場にはいったヤマトは、ドメル艦隊と決戦に突入しました。 旗艦...

空 と 夏 の 間 ... - 宇宙戦艦ヤマト2199 第20話「七色の陽のもとに」 (2013年8月19日 22:22)

七色星団でのヤマトとドメルの決戦! 瞬間物質転送装置での奇襲によりレーダーをつぶされたヤマト。 特殊削岩弾・ドリルミサイルで波動砲も封じれ、窮...

北十字星 - 宇宙戦艦ヤマト2199 第20話 「七色の陽のもとに」 (2013年8月20日 00:01)

宇宙戦艦ヤマト2199 4 [Blu-ray](2013/02/22)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る 航空母艦の艦載機をヤマト...

くにづくり日記まーく3 - 第20話 七色の陽のもとに (2013年8月20日 00:46)

こんばんは。今日もドキドキのプリキュアを見ていたのですが。膨大な量の仕事をこなす

くまっこの部屋 - アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第20話 「七色の陽のもとに」 感想 (2013年8月20日 01:41)

「やっとお会いできましたな」「それは私も同じ思いです」ドメル機動部隊VSヤマト決

ひそか日記 - 宇宙戦艦ヤマト2199 第20話 感想 「七色の陽のもとに」 (2013年8月20日 05:08)

- ドメル散る! 七色の空のもとに - 退艦命令に無言のドメラーズ。静かに流れる「永遠に讃えよ 我が光」のメロディー 無言でかわす意思疎通の演出が素晴...

四十路男の失敗日記 - 宇宙戦艦ヤマト2199 第20話を見てみた  (2013年8月20日 14:02)

なんか久しぶりなヤマト2199。 録画を見ているうちに、ようやく前回の話が思い出されてきました。 七色星団の戦い。 ドメル将軍の猛攻撃が始まる。 …と...

おぼろ二次元日記 - 宇宙戦艦ヤマト2199 #20「七色の陽... (2013年8月20日 16:24)

決戦の時は来た。ドメル機動部隊を突破せよ!「七色の陽のもとに」宇宙の難所「七色星団」でドメル将軍率いる空母艦隊と対峙したヤマト。ドメルの繰り出す奇策にヤマ...

アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - 妹萌え物語と見るか近親愛ストーリーと見るか(進撃の巨人とか俺妹とか) (2013年8月24日 08:05)

【戦姫絶唱シンフォギアG 第7話】どんどんバケモノ化していく響さんの巻。聖遺物との融合がますます進み、常人離れしていく響さん。身を削ってパワーアップを図る...

逝人 - 宇宙戦艦ヤマト2199 20話 (2013年8月28日 19:10)

アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 20話 の感想 う〜ん・・・なんかよく分からんかったけど、 ドメルと沖田の会話が良かったのとドメル...

ふじき78の死屍累々映画日記 - ヤマト2199第二十回 (2013年9月26日 07:16)

感想やら連想やら妄想やら。 ・TV放映第二十話。ドメル回。 ・ついに七色星団戦。  ドメル将軍がかっけーんである。  ドメル将軍には絶対ふ...

コメント(2)

・波導防壁恐るべし

今回は新見さんと言う真田副長並の技師(とはいっても本職ではないが)が居たのでドリルミサイルの解除はアナライザーと共に任せて、真田副長は波導防壁の陣頭指揮……正に間一髪!波導防壁のお陰で第三艦橋が残っていたので原作を知っている人は驚愕したでしょう。

・陰謀で殺されたドズル?

敵機に肉薄されるとあっという間に沈んでしまう空母……今回はバラン星にある亜空間ゲートを初めとする一連の施設がヤマトの強襲で破壊されると言う事態にドメルの人気やらの危惧してのデスラー側近らの策略で本来なら護衛艦多数を揃える筈の運用が……心配なのが投獄された奥さんの今後……さてさてどうなりますか。

・デスラーはなぜユリーシャを知っているのか?

狙いがユリーシャなのかそれとも雪なのか……原作では第一作ではこんなイベントは起きなかったので今回は相当シナリオにも手入れてますね。雪の運命は。

・今後のヤマトの敵は

やはり次元潜航艦でしょうね……そろそろ対策でも出てくるんじゃないのかな?真田副長の“こんな事があろうか”と……。ただ個人的に『沈黙の艦隊』の様に次元潜航艦をシージャックする反デスラー勢力が出てもおかしくないと(マテ

今回ガミラス側で無事だったのって次元潜水艦だけでしたね。
フラーケンにはドメルの分まで頑張って欲しいものです。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net