這いよれ! ニャル子さんW 第6話 『エンジテミル』 真尋とクー子の擬似カップルは凄く良い感じ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

nyaruko2-6-19b.jpg

耳かきしたりデートしたり。
ぎこちない感じがたまらん。
クー子の大胆な癖に照れくさそうなアプローチも真尋の男心を擽る様で大変よろしい。
ニャル子に足りないのはこういうトキメキ成分なんでしょうね。

擬似とは言えあまりにも真に迫っている事でニャル子は再三真尋に中止を呼びかけている。
しかし真尋は「クー子涙の嘆願」を聞いちゃっているだけに止める気はなし。
クー音は怪しい怪しい言ってますが、ハナから信じたくないだけじゃないでしょうか。

nyaruko2-6-53b.jpg

涙のニャル子は可愛いけど…。
そもそもニャル子があーだこーだ言うのがおかしい訳で。
彼女は真尋の「顔」が気に入ったという理由だけで地球にやって来た邪神です。
その後真尋に積極的にアプローチをするものの反応は芳しくない訳で。
元々憎からず思っている同士とか、増して彼女でもない。
そんなニャル子が彼女面しているのはストーカー思考以外の何物でもない。

私がこんなに愛しているのだから、貴方も私を愛するべき。
好きでもない人(ですらありませんが)からこんな事言われても困りますよね。
それだけに涙のアプローチも凄い違和感があります。

真尋を押し倒しているニャル子って、ケツ丸出し状態ですよね。
果たしてパンツはいているのかいないのか。
横からのアングルでは知る由もありません。 

nyaruko2-6-1314b.jpg

優柔不断っぽい真尋だけど。
好きじゃないし迷惑している、と邪険にもできませんよね。
一緒に暮らして多少は情も移ってるでしょうし。
嫌いじゃない。
間を取った形ですが満足したニャル子。
そして拡大解釈が始まった。
これがダメなんだと気づかないのがどうにも残念ですね。

結局ゲームやりこんで眠りこけたクー音を異次元に放置ってそれでいいのか。
もう演技する必要なしと真尋にベタベタし始めるニャル子。
これに対しハス太は当然としても、クー子も結構真尋を意識しているみたい。
そこは良かったですね、というところで次回です。 

次回は這いよれ! ニャル子さんW 第7話 『プールサイド、血に染めて』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#nyaruko)

新しい記事: はたらく魔王さま! 第7話 『魔王、近所付き合いで家計を助けられる』 新ヒロイン回なのに終わってみるとコンビニ店員が頭か ...

古い記事: 翠星のガルガンティア 第6話 『謝肉祭』 成長していくレド...遂に色気づいたか?そして追ってきた過去。

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2999

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net