▼記事▼:ガールズ&パンツァー 第12話(終) 『あとには退けない戦いです!』が本日放送!

| コメント(2) | トラックバック(0)

戦力比三倍!果たしてどうするのか。
圧倒的な物量・人員の差を知恵とチームワークで凌いできた大洗女子学園・戦車道チーム。
しかし黒森峰は超重戦車・マウスまで持ち出してきて大ピンチ。
仲間が次々と討たれる中でみほに策はありや?
いよいよガールズ&パンツァー 第12話(終)が放送されます。
時間は公式サイトの第11話・第12話の放送スケジュールにもあるとおり、

TOKYO-MX
3月25日(月)22:00~22:30 第12話「あとには退けない戦いです!」 

この様になっています。

マウスとは…戦っちゃダメ。
あの超重戦車に対抗する方法はほぼ無いでしょう。
唯一の方法は…相手にしないこと。
別に殲滅戦じゃないので敵をすべて倒す必要はありません。
敵のフラッグ車ただ一両を討てばいい。

そしてマウスは大火力・極厚装甲ですが足が遅い。
何せ整地で時速20kmと、人が走るよりも鈍足。
全力で逃走すれば追いつけません。
ここは逃げの一手でしょうね。

因みにこのマウスをフラッグ車にしてしまえば最強じゃね?という声も聞かれます。
でも壊れたらただの箱になっちゃう。
元々ドイツ軍の戦車は撃破されるより故障で放棄されることが多かった。
特にスグ壊れそうなマウスをフラッグ車には出来ないと思います。

黒森峰の弱点と大洗女子学園の強み。
大軍・大兵力に物を言わせた蹂躙戦術が得意。
翻ってゲリラ的な戦いには不慣れなことがあげられます。
生徒会チームのヘッツァーに翻弄されたように突発的な遭遇戦に弱いと。

これと関連してですが、黒森峰チームには意外に人材が居ない。
隊長たる西住まほの指揮下でこそ力を発揮していますが、個々の能力はそれほど高い様には見えません。
黒森峰はみほを知っていますが、みほも黒森峰の戦い方を熟知している。
だからこそ逆手に取って対抗することが出来るんじゃないでしょうか。

そして大洗女子学園の強みは魔法使いみたいな自動車部が居ること。
難物のポルシェティーガーを稼動状態にして、しかも動かしながら修理するという驚異的なスキルの持ち主です。
黒森峰の整備能力がどれほどかは分かりませんが、恐らくここは勝っているでしょう。
つまり回復魔法持ちということですね。

しかし火力の差はいかんともしがたい。
少数で勝つには互角の戦いではダメなんです。
最初は20両VS8両。
つまり20門VS8門の火力になります。
これが双方一台ずつ減らしていったとしても、

19門VS7門(一台につき2.7門)
18門VS6門(一台につき3門)
17門VS5門(一台につき3.4門)

 一台に狙いをつける砲弾がどんどん増えていくことになります。
これではある時を境に一気に殲滅されるのは自明の理。

そうならないためにも遮蔽物の多い市街地に来たんですが、そこにマウスが居たと。
かといって平地に戻ったら上記の様に黒森峰の餌食となってしまいます。
市街地にはとどまり、マウスを避けつつ敵のフラッグ車を狙う。
落とし所としてはこれしか無い気がしますが、みほはどうするでしょうか。

【ガールズ&パンツァー】ということで、マリンタワー横の道路に74式戦車あります! #garupan ... on Twitpichttp://twitpic.com/cdu7p8

大洗町でガルパンイベント開催!目玉は本物の74式戦車!!
ガールズ&パンツァーの舞台となっている茨城県大洗町で去る24日「海楽フェスタ」が開催されました。
町おこしの一貫としてガルパングッズも多数展示・販売されていたのですが…目玉として本物の74式戦者が登場した模様です。

茨城県大洗町ホームページ
観光情報にガルパン公式サイトへのリンクバナーあり、イベント情報は終了すると閉鎖されるので閲覧出来ません)

大洗町商工会ホームページ
(海楽フェスタ主催でガルパンイベントの中心的存在。トップに海楽フェスタのプログラムが掲載されている) 

茨城県大洗町:町おこしで74式戦車登場 アニメ「ガルパン」きっかけに

『ガールズ&パンツァー』海楽フェスタまとめ 本物の74式戦車登場!石破茂幹事長からビデオメッセージや公式痛車販売発表も

本気度が半端ない。
アニメでおらが町が舞台になると、こぞってタイアップをするようになりました。
中にはやっつけ、いかにも片手間っぽいのもありますが…ここのイベントはどうやら違うようです。

町長が自衛隊に戦車の貸与を打診。
重すぎて(38t)会場に入れられないため、警察に依頼して道路を通行止めにして展示。
自衛隊といえばこの人・元防衛庁長官および元防衛大臣、石破茂のビデオメッセージ。


小谷隆亮・大洗町長頑張りましたね。

74式戦車は現役。
その名の通り1974年に採用された戦車ですが、こちら現役です。
自衛隊の戦車といえば90式、或いは近年採用された10式のほうが「現役」のイメージに会っている気がしますが、これには事情があります。
1990年に採用された90式戦車ですが、74式戦車の代替とはならなかった。
原因は重量です。

74式戦車の38tに対し90式戦車は50t。
50tというのは世界の主力戦車と比べても決して重くはありません、むしろ軽い部類に属する。
でも日本の道路や橋を渡るのには重い。
90式が運用されているのは北海道と富士の教導隊など一部に留まっています。

そこで74式戦車に代わるものとして、90式よりも軽量化した10式戦車が作られました。
戦車で軽いというとイコール弱いと考えてしまいますが、技術の進歩があります。
90式とほぼ同性能かつ軽量というコンセプトで作られたのが10式です。

10式が普及=74式は順次退役となるのでしょう。
しかし交換が終わるまでは間違いなく現役です。
ビデオメッセージにもあったらしいですが、74式は丸っこい砲塔がいかにも「戦車」という感じがしますね。 
現用の戦車はどれもカクカクしていて箱っぽい。
丸っこい戦車のほうが見た目「弾弾きそう」な気がします。 

次回はガールズ&パンツァー 第12話(終) 『あとには退けない戦いです!』です。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#garupan)

新しい記事: 聖闘士星矢Ω 第50話 『星矢に届け! 若き聖闘士達の願い!』 主役は光牙でもエデンでもない...星矢だ!

古い記事: みなみけ ただいま 第12話 『一年の計は元旦にあるらしい』 何故春香はプールに来ないんだ...。

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2830

コメント(2)

・次は“リアル”アンコウ踊りでもする気でしょうか


自衛隊も気前がいいなぁ(呆)、もしかしてあのアンコウ踊りもする気満々でしょうか……むしろ茨城にある陸自駐屯地がやりそうですが……だって道具(車輛)も人員も揃っているから。なにしろ音楽隊がゴジラのメインテーマを演奏したり、『マクロスプラス』のドックファイト(BGM)を演奏した所ですから。そして政治家も大変でありますがシリビアンコントロールの建前上出て当たり前です。

・眺弾

装甲が丸みがあるのが眺弾を起こさせる為、一例にジムのシールドを見ると一年戦争時には角ばっていた(ただし丸みがあるシールドも試験的に装備されたガンダムも存在する)のにテラーズ紛争の時には丸みを帯びていたのもこのため。これにはジオン残党軍が実弾兵装の割合が高いという判断もあったかもしれませんね。

自衛隊にはアニメ好きが結構居るみたいですね。
ラノベ書いたりしてますし。

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net