▼記事▼:こいさんは何故「ガールズ&パンツァー」の記事を書かないのか。

| コメント(6) | トラックバック(1)

知人・Yさんに言われました。
先日遊びに行った折、このブログの話なんぞをしてました。
その時言われたのがこれ。
Yさんというのは熱烈なミリタリーマニアであり、「ガールズ&パンツァー(通称:ガルパン)」を毎回楽しみにしてたとか。

いや見てたけど、あまり戦車に入れ込みが無いので…。
私はガンマニアですが、戦車はよく分かりません。
せめて航空機ならもうちょっと興味をそそられたんだけ「いいか、ガルパンは凄いんだぞ!!」
…話聞いてくれ。 
そしておもむろに戦車のプラモを2つ出してきた。

galpan1b.jpg

ごく普通の戦車プラモ、これがどうしたんだろう。
Yさん「ミリタリー模型業界はガルパン景気に湧いている」
こいさん「でもこれコラボモデルじゃなくて普通のプラモだよね、ガルパン関係ないし」
Yさん「違う。コラボモデルだけじゃなくて、劇中で登場した戦車プラモ全部が品薄になるほど人気が爆発してるんだよ!! 」
モデルグラフィックスでガルパン特集やってたのは知ってたけど、それほどとは。 

以後もYさんの熱弁は続きましたが、長いので省略します。
アニメは録画するけど余り見ていない。
そんなYさんがガルパンだけは別扱い。
そこに興味をそそられて…というか熱意に押し切られて、Yさん協力の下記事を書いてみようと思います。 

galpan_9b.jpg

華道、茶道、戦車道!?
SOS団に隣人部、ごらく部に自演乙(自らを演出する乙女の会)。
アニメに変な部活は数あれど、その究極とも思えるのが戦車で戦う戦車道。
しかも劇中では日本の伝統芸能であり、華道や茶道と同様に淑女・乙女の嗜みという極めて格式の高い扱いを受けています。まずこの設定にビックリした。 
男と戦車って、合わないよね~。
そしてこの台詞に唖然。
ハインツ・グデーリアンミハエル・ヴィットマン涙目ですね。

主人公は家元の次女。
華道や茶道の様なという表現の通り、戦車道には茶道の表千家・裏千家のごとく家元が存在します。
主人公・西住みほは戦車道「西住流」の家に生まれた名家の出。
しかしある事情で戦車道のない学校である県立大洗女子学園へと転校してきた。
入学後の転校。
家業に否定的。

トラウマ抱えて逃げてきた臭バリバリですね。
そこで戦車と無縁の生活を送ろうとした訳ですが、そうは問屋がおろさない。 

戦車道復活と強引な勧誘。
格式は高いけど伝統芸能は廃れがち。
実際県立大洗女子学園でも過去に戦車道部はあったがとっくに廃部状態でした。
そんな戦車道が生徒会によって突然復活。
更に唯一の戦車道経験者としてみほは生徒会から入部を強要されてしまう。

当初は入部を拒否していたみほですが、特典に釣られ友人が入部しようとするのを捨て置けない。
止むを得ず入部していくという流れになっています。

ここらへんの展開はアニメ「メジャー」高校編の茂野吾郎を思い出しますね。
但し吾郎は野球をやる気満々だったので、どっちかというと同アニメの田代に近いポジションです。
彼は家業を継げという親の意向で無理やり野球部の無い高校に入れられた。
反動で野球を激しく憎んでおり、最後まで入部に否定的でした。

何という美味しんぼ。
このようにして逃げたはずの戦車道に再び関わることになったみほ。
当然嘗ての部活仲間や姉に母といった嘗ての戦車道関係者とも再会することになる。
捨てた戦車をまたやってる半端者。
なんて確執も露わになっていく…まるで「美味しんぼ」の山岡士郎と海原雄山のような関係。

勝つことを至上とした西住流とは違う戦車道。
みほが目指しているのはこんなところか。
更に生徒会が急に戦車道復活を掲げた理由も明らかになってきて、作品はどんどん盛り上がっていくのですが…アニメは中途半端な形で終了。

総集編が多すぎた。
女子高生と戦車。
この突飛な組み合わせが受けたのはその戦車の設定・挙動のリアルさでしょう。
Yさんも初めてアニメでまともに動く戦車を見たと言ってました。
因みにYさんは富士総合火力演習でナマの戦車が動くのを見ているので、かなり辛口の筈です。

私にはそこまで分かりませんが、戦車の目線で移動するシーンなどが凄いなあとは感じました。
でもこれが大変だったのか、全12話のうち2話が総集編という「機動戦士ガンダムSEED」もビックリの総集編祭り。お陰で準決勝が終わった時点で終了という不完全燃焼っぷりでした。

でも人気に影響なし。
私の感想とは裏腹に中途半端ぶつ切り終了でもその熱は冷めませんでした。
アニメDVD・BD売り上げまとめwiki>ガールズ&パンツァー
ここを見る限りBD/DVDは三万枚近くを売り上げています。
特に秋葉原では瞬殺。
あっという間に売り切れてしまったとか。

そしてアニメだけには収まらずガルパン人気は戦車人気へと飛び火。
戦車プラモが昔のガンプラのように品薄になるという現象まで巻き起こしたと。

第11話は3/18放送。
何よりもファンが待ち望んでいるであろう第11話・第12話の放送スケジュールが先日決定。
最速の東京MXでは3/18に第11話、3/25に第12話が放送されます。
公式サイトで第11話の予告PVも流れています。

敵はみほの古巣・常勝の黒森峰女学院。
姉であり自身の憧れでもあった西住まほが率いるチーム。
去年負けましたが、これこそみほの行動が原因。
そのみほが相手となれば負けられないし容赦もしないでしょう。
18VS7という圧倒的な戦力差。
そしてこれまで以上に潤沢な装備と恵まれた人員相手に対してどう戦うのか。
みほの指揮官としての冴えに注目です。

galpan_4c.jpg

Yさん豆知識。
この最初に出してきた2つのプラモデル。
上がご存知主人公・西住みほが乗る第二次大戦のドイツ軍戦車・ハセガワ製「IV号戦車F1型」です。
正確にはみほが乗っていたのはD型ですが、どう違うのか自分には分かりません。
そして問題は下。

ハセガワ製「37mmIV号対空戦車”オストヴィント”」。
一見全然違う車両に見えますが、この二種ベースは一緒なんです。
更に「オストヴィント」の中身を見ると…。

IV号戦車の砲塔パーツが付いてくる。
つまりオストヴィントを買えばIV号戦車も作れるコンパチ仕様。
IV号戦車が欲しいけど売ってない…。
なんて人はこちらを買えば大丈夫という事です。

galpan_11c.jpg

ファインモールドって何ぞ。
ミリタリー系のプラモといえばタミヤとハセガワという先入観があります。
でもYさんから見せてもらった「ガールズ&パンツァー」コラボモデルのメーカーはファインモールド。
聞いたこと無い…横文字だし台湾や香港のメーカー、或いはガレージキットメーカーなのか。
違います、日本の模型メーカーです。

愛知県豊橋市に籍をおく「有限会社ファインモールド」。
社員7名の会社で設立は1985年頃。
頃、というのはいったん会社を設立したものの経営難で廃業している為で、そこらへんが曖昧。

元々社長の鈴木邦宏という人は実家の家具家で働いていたのですが、大の戦車模型マニアが高じて?クビになってしまう。その後金型職人となって模型屋を作るという好きなことを無理やり仕事にした人物です。
マニアだけに模型として再現する際の拘りは半端ではなく、また説明書を書くに当たり「戦車に乗っていた元兵士の話を聞いてくる」など相当に濃い作りが特徴です。

更に新進気鋭かつ少人数のメーカーなので、こういったコラボにも積極的。
ミリタリー模型=保守的なイメージとは無縁です。 

でも最初にモデルアップするならみほの乗ってるIV号戦車じゃないのか。
これに対しYさん、
元々ファインモールドは八九式を作ってた、だから出しやすかったんだろ。
という回答。他のモデルは金型を起こす必要があるので時間がかかるみたいです。


第二弾は三式中戦車。
コラボモデル第一弾の「八九式中戦車甲型」に続き、第二弾の「三式中戦車[チヌ]」 が先日2/14に発売されました。
バレンタインデーに発売する戦車プラモ…これがガルパンファンに対するプレゼントなのか。
というのはさておき、気になるのは両方共旧日本軍の戦車という事ですね。
もしかして…そう思ってファインモールドのラインナップを見たら三式ありました。

他のを見ると旧日本軍や自衛隊の車両ばかり。
果たしてドイツ車両であるIV号戦車は作ってくれるのか。
或いは別のメーカーが手を挙げて、良い意味での住み分けとなるのか。
…そう思ったらプラッツというメーカーもコラボモデル作ってましたね。
こりゃ本当に一大ムーブメントになるかもしれません。 

参考サイト
有限会社ファインモールド公式サイト
有限会社ファインモールド公式サイト>『ガールズ&パンツァー』八九式中戦車 甲型
有限会社ファインモールド公式サイト>『ガールズ&パンツァー』三式中戦車[チヌ]
有限会社ファインモールド公式サイト>1/35スケール ミリタリーシリーズ

AMAZON>ガールズ&パンツァー,ファインモールド
AMAZON>AMAZON>ガールズ&パンツァー,プラッツ

ウィキペディア
世界のプラモデルマニアが注目するMade In Japan
有限会社ファインモールド : ものづくり王国・愛知 | 愛知ブランド

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#garupan)

新しい記事: 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第7話 『夏期講習なのに修羅場』 鋭太のフォローでどんどん追い詰められていく冬海が面白 ...

古い記事: ちはやふる2 第6話 『たつたのかはの にしきなりけり』 肉まんくん「ヤバイ、ヤバイ、ヤバイヤバイ...」ってどうした。

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(1)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2744

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言 - ガールズ&パンツァー 第11話 感想 (2013年3月22日 07:00)

みほさんはやっぱり・・・みほさんね。 だからみんな、西住殿について行けるんです!

コメント(6)

・ミリネタ満載

でも、銃に関してはあんまり出ません(マテ)。でも機銃も使えます……。驚いたのが学園艦の存在……大洗学園だけでも(質量重量の問題さえなければ)SDF-1マクロスが載せられる上にマクロスクォーター(強襲型)が収容出来ちゃう大きさ、全長が確か新マクロス級移民船とほぼ同じです。でも他の所はその倍ですがね(マテ)

列車砲の車両を使用したオーロラビジョンに戦車を運ぶ鹿島臨海鉄道、軍事ヘリの元祖まで飛び出す非常に濃い内容です。


・陸自もびっくりの戦車道の試合

戦車道の戦車はWWⅡまでに使用された制式、試作戦車に限られます。こうでもしないと市街地戦の時には全壊半壊のだらけになりますので……砲弾にICチップがあり実弾なら貫通している個所に当たるか戦車が動けない状況(エンジンブローやクローラー損傷)になると自動的に白旗があがります。

(戦車が壊した建造物は協会側が負担、だから市街地戦になっても住民は喜んで提供している)

ちなみに大洗に派遣された教官が乗っているのは10式戦車、陸自最新鋭の戦車で順次74式との入れ替わりで配備されています。ちなみにC-2改(C-2輸送機をモデルにした架空機)でパラシュート降下すると言う派手な登場です。

(C-2で10式戦車載せるとしたら砲塔と車体を分離して二機で運ぶしかないかな?)

・今まで難しかった

実は戦車の動きをここまでアニメで再現できたのもCGやらコンピューターを駆使しているからこそ……アニメで“実在する戦車”の動きをするには難しいそうです。ただ『機動戦士ガンダムSEED C.E73 スターゲイザー』でもユニウスセブン落下による津波で冠水した街中での戦闘でも“冠水した街”だからリニアガンタンク(UCガンダムの様に上半身がMSではない、完全に戦車)の様に架空の戦車ならどうにもなる訳です。初めての試みなので少し総集編が二つもできちゃたと言う事に……。


・波及効果

何と言っても『モデルグラフィックス』が2013年一月号でガルパン特集を組んだら創刊以来(?)“バックナンバーが無い”と言う珍事まで……今はちゃんとありますけどね。舞台になった大洗町もにぎわってます。

船の上なのに大洗町というのが何ともシュールでした。

 ファインモールド社が私の地元愛知県豊橋市と聞いて驚きました。
今度聖地?巡礼してこようと思います。
 この作品がこんなにブレイクするとは夢にも思いませんでした。
普通1クールで2本も落とす作品は叩かれるのですが、逆に2クール作品を1クールの予算で作ってしまったような、3月放送の11話12話への期待の高さ。
何がヒットするかわかりませんですね。
 うぽって!!をかなり細かくレビューされて見えましたので、何故こいさんがガルパンのレビューをされないのか謎でしたが今回の記事でわかりました。
情報ありがとうございました。

こいさん

返信どうもです。

このアニメほどここまでブレイクするとは思いもしなかったでしょうね……船の上なのに大洗町と言うのがシュール所か色々とマテと言うツッコミの嵐が……。


元ネタになった大洗町も道路補修中の看板にもその影響が……。

・あんこう踊り

監督が考案したと言う踊り……主人公らが全身タイツにアンコウの被り物して踊るシーンありますね……アレは陸自の重装輪車と言う大型トラックで03式中距離地対空誘導弾の発射装置や重レッカ(要は陸自の戦闘車両をレッカー移動する為の車輛)となってます。ぜひ今年の夏には再現してほしいなぁ(マテマテ)

ちなみにかなり激しい踊りでみほちゃんが目を回したのも伊達じゃなかった。

・ドイツの戦車は世界一ぃいいい!

この作品ではドイツ戦車の凄さがよくわかります……大洗でも主力はドイツで開発された戦車でしたからねぇ。38tは元はチェコ向けにドイツが開発した戦車でしたが殆どドイツが使用してました。他はどうも使い物にするのは指揮官の裁量次第と言う感じでした。まあポルシェティーガーの様な先見の明過ぎて当時の工業力が追いつけない戦車もありますが。


・パットン戦車

アメリカの戦車で劇中ではサンダース高が使用、生産性に優れ部品規格が統一されてこに分野ではアメリカが軍配。WWⅡ後はイスラエルが買い漁って改造して使用された事も……。

お役に立てて何よりでした。
名古屋の模型店というのは意外でしたね。
いま一つのコラボメーカー「プラッツ」は静岡だそうです。
いずれこちらも紹介しようと思います。

監督は「イカ娘」でも変なラジオ体操の振り付け担当してましたね。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net