▼記事▼:『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』 BD第1巻のジャケット情報&第7話の本妹→本米?の元ネタと...。

| コメント(2) | トラックバック(0)

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ Vol.1 [Blu-ray]


この妹の存在が視聴の決め手でした。
妹モノということで最初は感想書くの止めようと思ってた。
前期も似たようなのやってて食傷気味だったので。
しかし秋子の機関銃の如く飛び出す兄ラブ攻撃に衝撃。
オカシイのは兄ではなく妹。
更にクールなおげれつキャラであるアナの存在にあえなく陥落してしまった。
以後も常識的な兄と非常識な妹の攻防から目が離せません。
そんなアニメ「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」BD第1巻のジャケットは勿論秋子。

アニメ版と原作版の両方が堪能出来るみたいですね。
個人的には第2巻で出てくるとおぼしきアナにも期待大です。

oniai-7-352.jpg

所謂「萌え米」って奴です。
第7話で秋子の口から飛び出した珍妙な新語「本妹(ほんまい)」。
兄のツッコミから上記のイメージ映像が出たのですが、こちら元ネタがあります。
コメントでYF-19k(kyousuke)さんより説明があったので自分でも調べました。
JAうご(羽後)公式サイト
JAうご(羽後)公式サイト>美少女パッケージ商品
イラストを担当した西又葵がここの出身者かと思ったら全然違った。
恐らくJAの若い職員にファンが居て一押ししたんでしょうね。

便乗もいいところですが、ここからが本番。
あきたこまちも好きですが、私が一番食べるのは北海道米です。
故郷の米だからというのもあります。
これに加えて北海道米こそ技術者と農家の執念の結晶だと思っているからです。

内地って呼ぶのは内地米を食ってたから。
沖縄の人が本州を「本土」と呼ぶように、北海道の人は本州を「内地」と呼びます。
これには米が大きく関係しています。
ひと昔まえ、北海道では米を本州からいわば輸入していました。
親が買ってきた米袋には、必ず「内地米」と書いてあったものです。
つまり道産子なのに北海道米を食ってなかった。
北海道の米が大々的に脚光を浴びるのは1990年に「きらら397」が出てきてからです。 

北海道での稲作は土台無理があった。
稲は温帯の植物であり、冷帯気候の北海道は栽培に全く適していません。
江戸時代の税金=年貢は米で収めるのが通例でしたが、北海道じゃ米が取れません。
つまり石高ゼロ、そのためニシンで代納していた程です。

いちおう寒冷地仕様の「赤米(あかごめ、あかまい)」という種類があります。
これがとんでもなく不味い、らしい。
自分も食べたことはありません。
Wikipediaによると過去の文献でも(不味すぎて)飲み込めない最悪の米と酷評されている。
今ほど味にうるさくない昔の人ですらこの有り様です。

北海道で美味しい米を作るなんて金の成る木を作るようなもの。
作っても「鳥またぎ」=鳥もまたいで通るほど不味い。
という評価が長らく定着していた訳です。

上川農業試験場と農家の執念。
適地適作主義のアメリカであれば、品種改良してまで無理やり米を作ろうなんて思わないでしょう。
しかし日本人の、いや北海道人の米への執着は凄かった。

広大な土地を持ちながら稲作が出来ないジレンマ。
そして米が取れなきゃ北海道の人口500万人分の米を内地からかき集めて来なきゃならない。
もし北海道でいつまでも米が取れなかったら「余剰米」なんて現象は無かったでしょうね。

因みに自分の親の時代、米は米穀通帳による配給制でした。
金を持っていても決まった量しか売ってくれない。
配給分では全然足りないので、麦などを混ぜて食べていたそうです。

その後も開発は続く。
1990年:きらら397
2000年:ほしのゆめ
2001年:ななつぼし
2003年:おぼろづき
2008年:ゆめぴりか

この様にきらら397以降、矢継ぎ早に品種改良が進んでいます。
やはり評価された後はテンションも上がるんでしょうか。 

個人的な感想です。
きらら397が出た時はおお、これが北海道米かという感動がありましたが、どっちかというと味は二の次でした。何せ前述のとおり道産子でも北海道米は食ったこと無かったんで。
この米、旨いなあと感じたのは「ななつぼし」あたりからでしょうか。
おぼろづき、ゆめぴりかについては文句のつけようがありません。
こちらはもはや「食える」どころか全国狙える米。
実際コシヒカリに匹敵する高評価を受けています。

2004年に駒大苫小牧高校野球部が北海道勢で初の甲子園全国制覇を成し遂げました。
俺が生きている間に北海道代表が甲子園で優勝するなんてありえない。
だって冬雪が降るんだもの。
野球部なんて雪中サッカーやってるよ、なんて思っていただけにぶったまげました。
これと同様、北海道米が全国制覇を遂げるのも夢ではないのかもしれません。

道産子三大願望。
ひとつはおいしい米づくり、ひとつはプロ野球チームの誘致。 
そして今一つは北海道新幹線
…すいません、勝手に言ってるだけです。
でも昔親から聞かされた話でもあります。
現在このうち2つが叶いました。
第三の願望、北海道新幹線(2035年開業予定)。
こちら自分が生きている内に実現するかが興味深いですね。

北海道のお米HP


公式サイトウィキペディア公式Twitter(#おにあい)

新しい記事: ▼記事▼:『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』プロジェクト再起動!第1弾は「コミックマーケット83にてブース出展&オ ...

古い記事: 聖闘士星矢Ω 第36話 『気高きプライド!ミケーネ、王者の拳!』 基本的な疑問:獅子座のミケーネは何で聖闘士になったのか ...

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2590

コメント(2)

・稲作の執念

自分農業高校卒(『銀の匙』に出て来る農業高校程デカイ所ではない)なのでよく分かります。所が悲しい事に米余剰問題がもう20年近く続いているさなかにTPP交渉……仮にこれが一昔なら国会に農具を持って乱入する事態も起こっていたかもしれません。泥鰌掬い首相の政党はどうなる事やら。しかも美味い品種でも買い取り価格が安くなると他の品種にしてしまって絶滅寸前になっている所すらあると言う。

ただ最近は温暖化の傾向も強くなったのでそれに対処する品種も開発されつつあるとか、もしかすると北海道が一大稲作地域になるかもしれませんね……温暖化によって、米の消費拡大の為に米粉を使ったパンとか飲料水とかも……。


JAうごの萌イラスト採用取り組みはある意味では画期的らしく、おばこりんどうって言う花を出している秋田のJA某にも萌イラストが……。


(私は花卉卸売市場でパートをしているので……)


・北海道新幹線

最大の難関は津軽海峡……まさか関門海峡見たく狭くは無いからトンネル掘る訳にもいかないし某アニメの様に海上橋なんて狂気の沙汰(笑)。『プロジェクトX』でも取り上げられた青函トンネルを利用しようとなってます……所が在来線と新幹線は線路の幅が異なり、同じ速度なら内側にもう一本通せばいいのですが新幹線の早さを殺しかねません。旅客に関してはその間を新幹線に依存しちゃぇば良い訳(例えば九州新幹線が開業する前の博多駅から博多南駅までの料金体制とか)ですが貨物が問題。


 新幹線と同じ規格の車両に在来線の貨物列車をのせちゃぇ!


冗談と思いますが実際に試作車両を作って試験しているんだよね、コレ(某鉄道雑誌にも記事になってます)海外ではトレーラーごと列車で運ぶ方式を鉄道車両に応用しようと言う事です。新幹線にも貨物輸送計画が開業前後にあったので実現するしかないと。

まさか、貨物だけを連絡船に載せる訳にも行きませんしね。


意外と日本の鉄道史には今だから笑える失敗談が多いからなぁ。

>自分農業高校卒
釈迦に説法してしまいましたね。
WORKINGの作者とか北海道米にイラスト描いてくれないかな…。

>北海道新幹線
無茶と言われても橋欲しいですねえ。
四国や九州が離島扱いされないのはまさに橋があるから。
橋の下に線路作って高速道路+新幹線用の軌間つけてくれれば最高なんですがね。
雪と津軽海峡の20KMという距離と中間に島もない事がネックになりそうです。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net