うぽって!! 第10話(終) 『でもって うぽって!!』

| コメント(4) | トラックバック(8)

upotte-10-1162.jpg

絶対にゆるさない!!
街を破壊され、仲間を狙撃され、遂には現国までもが犠牲に。
戦いを楽しむかの様なAK軍団にふんこの怒りが爆発する。
そして視聴者としても許せないことがあります。
今日で終わりってどういう事じゃぁぁあああ!!
10話でおしまいとか分割二期で前期コケたアニメみたいじゃないか。

ニコ生のみタイムシフト無しという放送形態といい、
スタッフは頑張ってるのに製作委員会にヤル気が感じられません。
▼記事▼:『黄昏乙女×アムネジア』『うぽって!!』の泣き所。
元々あまり期待されていなかったという事なのか。
だとしたらスタッフの意趣返しは見事です。 

upotte-10-334.jpg

えるがんばる!!
ふんこ達が二手に分かれてふんことえる、しぐといちろくというツーマンセルになった時、
この分け方拙くないか、戦力の平均化考えるとしぐとえる=最優秀とダメ子が妥当じゃないかと思った。
でもえる奮闘してますね。
ふんこが援護してまるでポイントゲッターのごとく動いている、そして銃もわりと快調。
考えたらL85のフルオートって本邦初公開じゃないのか。
と思ったらマガジン脱落した。
しかもマガジンキャッチが破損して直し様がない。
自転車で言えばチェーンが外れたんじゃなくて切れたようなものです。

しかし故障には慣れている、とばかりにヒザでマガジン挟んで撃ち続けるえる。
故障しない銃持っていけという選択肢は無いのが英国淑女。
加えていつも「うーうー」しか言わないえるが「しぐ」と喋った。
何かクララが立った様な感動を…って流石に言い過ぎか。 

手段が目的なのか。
AKシリーズは世界中でコピーされていますから、とにかく数が多いです。
リーダーのAK74や珍しいAK型ショットガンのイズマッシュ・サイガ12
そしてブルパップ型の86式自動歩槍に二脚とロングマガジン付けたのはRPK軽機関銃か。

マガジンが金属製なので多分AK47(7.62*39)の軽機バージョンでしょうね。
RPK-74(5.45*39)ならプラスチック製マガジンのはずですから。
あとはAK-47や74の丸コピー製品でしょうか。
個人的にイチオシのPP-19Bizonは出なくて残念でした。

大々的な市街戦を演じながら、AK軍団には目的は無い模様。
彼女たちは銃であり、銃だから戦うというのが理由かつ目的であると。
うん、他所でやってくれという感じですね。

upotte-10-1097c.jpg

魔法の弾丸。
こんな戦闘のさなかに現国が飛び出して撃たれてしまう。
…いくら何でもこれはひどい。
平和ボケしてたって銃撃戦のど真ん中に出てくるとか正気じゃない。
ところが流れた血が戻っていく。
もしかして現国はターミネーターかバンパイアだったのか。
うぽって!!世界の銃は、人間が持って撃たれないと人を傷つけられないという超設定だった。
なんじゃぞりゃ。

銃は人間よって戦うために作られたとか哲学チックな事や、ケネディ暗殺犯もビックリの魔法の弾丸設定は微妙。
活人剣と殺人剣の葛藤みたいなものはこのアニメには似合わないと思ったので、長引かないでよかった。 

カッコつけて帰っちゃったけどいいのか。
やるだけやって気がすんだのか引き上げていくAK軍団。
でも最初に街を爆破してますよね、あの爆弾も致死性無かったのか。
そして人は殺せなくても街は沢山ぶっ壊れました。
これタダで済むと思ってるのか。
自らの意思で人類を脅かす機械はスカイネットと一緒、危ないので溶鉱炉行きでしょう。 

でもウヤムヤのまま学校生活に戻ったふんこ達。
おもむろに現国が進級の話を始めると、
私達、銃だから成長も進学もしませんよ。
アサルトライフル(中学生)は出世魚みたくバトルライフル(高校生)になる事はありません。
というオチが付いた所でおしまいです。

upotte-10-492b.jpg

ちょっと変な領域に入りかけたけど。
なんとか軌道修正して締めたという感じでした。
あとSAKOって敵じゃなかったんですね。
てっきりAKのパシリとして青錆学園に来たのかと思っていました。
あくまでも西側の勢力を結束したくて無茶やってたと。
ガリルを残したのもその為で、いわば西側の強硬派だったという訳です。

格好良く助っ人に来たと思ったら、直後にギャグキャラ転落していたのは笑いました。
いちろくとはいがみ合ってるけど波長は合うのかもしれません。
まあ彼女の狙いはふんこなので、しぐやあぐとの絡みが気になる所です。

ともかくも今回で一旦おしまい。
あと2話ぐらい作ってくれよ。
と思わないでもないですが、7月からのTV放送、8月からBD/DVDセールスが始まります。
これらが好調であれば二期もあるだろうと期待。
頼むから宣伝はキッチリやって下さいね。

銃が人を殺すんじゃない。
といった話はこのアニメで議論しても似合わない気がします。
かの名作「俺がハマーだ!」から引用すると、

ハマー「銃が人を殺すんじゃない」
相棒ドリー「分かってるわ、人が人を殺すのでしょう?」
ハマー「違うよ、弾だよ」
こんぐらいのノリで良かった気がします。 

『うぽって!!』特集ページ 

公式サイトラジオ / ウィキペディア公式Twitter(#upotte)

新しい記事: モーレツ宇宙海賊 第23話 『目指せ!海賊の巣』

古い記事: Fate/Zero 第23話 『最果ての海』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(8)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2188

のらりんすけっち - うぽって!! 第10話「でもって うぽって!!」(最終回) (2012年6月10日 11:45)

銃アニメの本領発揮? 派手な銃撃戦、街はあのあとどうなった(ぇ えるちゃんがんばってたなあ。 敵さんの挑発にオーバーヒート気味のふんこちゃん。 ...

Little Colors - うぽって!! 第10話 「でもって うぽって!!」(最終回) 感想 (2012年6月10日 18:01)

  うぽって!! 第10話 「でもって うぽって!!」(最終回) 感想  『うぽって!!』、最終話です。彼女たちは今日も明日も元気に銃器やってます!

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言 ココログ館 - うぽって!! 第10話(最終回) 感想 (2012年6月10日 19:00)

あたし達はアサルトライフル! バトルライフルにはなれませんから♡ こんなところ見

こう観やがってます - うぽって!! 第10話「でもって うぽって」(終) (2012年6月14日 22:35)

コンクリに穴が空くのに人を撃っても傷つかないだと。なにそれ怖い。 銃のあり方というテーマがあったのかもしれない。銃のアイデンティティは標的への発砲。 ...

ゆる本 blog - うぽって #010 「でもって うぽって!!」 (終) (2012年9月 6日 02:54)

放熱シーンくらいしか和めなかった。「うぽって!!」の第10話。 臨海学校に来ていたふんこ達が突然狐面の他校生徒達に宣戦布告をうける。 すぐに応戦を...

ぬる~くまったりと - うぽって TokyoMX(9/05)#10終 (2012年9月 6日 08:49)

第10話 最終回 でもって うぽって 公式サイトから臨海学校に訪れたふんこたちは、謎のキツネ面たちから思わぬ襲撃を受ける。現国の制止を振り切り、犯人を追っ...

うたかたの日々別館 - うぽって第10話(最終話)感想 (2012年9月 6日 18:40)

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/09/post-053...

ぺろぺろキャンディー - ◎うぽって!!#010「でもってうぽって!!」 (2012年12月30日 19:39)

Θ夜→謎の学校と戦争になる。イチロク:駅前で挟み撃ちや。→フンコとエル、シグとイチロクに分かれる。イチロク:うちらも急ぐテで。シグ:イチロク大丈夫。今...

コメント(4)

・東が使っていた自動車

ドイツ民主共和国(東ドイツ)のVEBザクセン社が開発製造販売した2ストーローグエンジンの小型乗用車。愛称はトラビです。横転しても女の子(銃なんですが……)二人ででリカバー出来るのはFRP(繊維強化プラスチック)ボディで製造期間末期なモノになると“ボール紙のボディの様な車”と西側の人間が揶揄するほど質感でした。原因はレーガン政権がドル・ルーブル為替操作により共産圏の財政悪化をモロ受け、この時期の車体はプラスチックに紙パルクを混ぜていたと言う。

東ドイツ市民にとっては人気があり、購入は出来るけど順番待ちは当たり前でした。


ベルリンの壁が崩壊した直後は西ドイツのフォルクスワーゲン・ゴルフやオペル・アストラと言った西側陣営の自動車と共に走ってましたが双方のドライバーにとってはカルチャーショックだったそうです。

何しろ1957年に世界初の人工衛星“スプートニク一号”の成功した時に出来た自動車ですから……因みにトラバントはドイツ語で“衛星”の意味を持ち、他にも“随伴者”や“仲間”と言うので共産主義にとってはうってつけのネーミングです。


安全基準が西側諸国よりも劣っているので冷戦崩壊はドイツを初め周辺国にあったこの車も急激に淘汰され、2008年からはベルリン等の市街地においては歴史文化財として特別に許可された自動車は走れなくなりました……が、ドイツ人は旧車に対する認識の変化から歴史文化財の申請をして特別許可を得たこの車の数は約三万台(2010年11月時点)……これは同様にフォルクスワーゲン・ビートルの約五万台に次いで二番目の多さ。愛嬌がある外見と誰でも修理できるシンプルで愛されてます。

ただ排ガスが酷く日本では走れません。

(恐らく違法に持ちこんでいるでしょうね……アレは)

結果的に2ストローグエンジンを持つ本格的乗用車としてはヴァルトブルクと共に最後になりました。西側陣営の場合は1970年代にアメリカのマスキー法の影響から徐々に4ストローグエンジンにシフトされ、1980年代のスズキ・ジムニーを最後に姿を消してます。


バリエーションとしてはドアが無く幌屋根の軍用バージョンもあり、モデルチェンジも検討されました試作段階に留まりました。けど東西自由化の際に雇用確保の為に西側対応したトラバイト1.1が登場、主に話のネタに使用されて商業的には失敗、冷戦を象徴した自動車でした。WRCに出ていたり、近年これで“旧東ドイツ製自動車の世界最高速度記録”の時速235㎞/hを出した猛者まで……。


時は流れて2007年、生産開始五十周年を迎えドイツの大手模型メーカー“ヘルパ”が新型による復活計画を発表しこの年のフランクフルトモーターショーにてミニチェアモデルを公開、2009年に“トラバイトnT”としてフランクフルトモーターショーで実物公開……ルーフにはソーラパネル、カーオーディオも標準装備な上にiPodの接続端子を備えている“電気自動車”です。2012年までに市場投入予定と言う事ですが……。

実車は日本自動車博物館にも展示されています。


・サイガの事 サイガ12K

ショットガンとしては珍しいマガジン方式、実は西側陣営のショットガンは一発ずつ弾を込める方式がほとんどなので連射性は無い。解説の様に元は狩猟用でしたが破壊力を買われて軍や警察の特殊部隊なんかはドアノブを破壊するに愛用してます。

ところでエルちゃんがどうしてウサギなのか?イギリスってピーターラビットの祖国だったよね?(マテ×∞)

サイガ12KはAK47をベースにしているだけに信頼性もあるしドラグノフのスコーブなんかも装着できる万能さがセールスポイント。


・サコは察知していた

そりゃあ御国はロシアに接しているのだからAK軍団が大暴れしているのなら黙ってません、前回ガリルが電話していたのはAKの匂いがしたと言うので連絡していた……ただ彼女もここまでするとは思いもしなかった。

まあAKファミリーにとってサコやガリルは“クローン”ですからねぇ。


・街はどうなる?

これでも軽めに済んだ方、マジンガーZ 衝撃Z編なんて一夜で壊滅状態だったからな……調子に乗って熱海がエアガンによる夜間イベントなんて開いたらどーしょう(笑)


・注文点

やはりこれはTV放送しても十分イケたと思いますよ、あと話数の短さ……第二シーズンはせめて第一クールの放送枠を確保してほしい。これを言いだした奴は銃殺刑にしちゃうぞ(マテ×∞)

>愛称はトラビ
トラバントは知っていましたが、愛称は知りませんでした。
日本で走っていたら奇跡みたいなものですね。
確か「マスターキートン」だったでしょうか。
追われている男がキートンの無理やり車に乗り込んで逃げようとするのですが、よりにもよってトラバント。
追手のBMWだかベンツにあっという間に追いつかれてしまうという話がありました。


>実は西側陣営のショットガンは一発ずつ弾を込める方式がほとんどなので連射性は無い
マガジン方式のショットガンは西側の方が早かったかと。
SPAS-15がその先駆だと思いますし、ドラムマガジンのストリート・スイーパーやフルオートが可能なAS-12などがあります。
あと東西問わず数は多くないと思います。

こいさん、返信どうもです。

『マスターキートン』は丁度冷戦終了辺りをメインにしてましたからねぇ、1988年~1994年はまさしくベルリンの街をトラバントとフォルクスワーゲンが走ってましたから……因みにノスタルジックなので欧州各国の愛好家らも所有してます。

旧東ドイツ車の悪さを象徴しているのが『砂の薔薇』でデビジョンMの副官であるヘルガが東ドイツ出身、西ドイツに亡命する為にBMWを奪って検問所を突破しましたからねぇ。この作品も丁度冷戦終了当時に連載期間がまたがってますし。


ショットガンで怖いのは二足歩行兵器サイズのモノですね……代表格のライアットガン
(『機動警察パトレイバー』)ですらあんまり使用されてませんし。

コミカライズ版の対グリフォン戦ではチャンバラして暴発、同じく廃棄物13号では相手の特質上好ましくないとして使用を断念してますし。人間なら即死ですよね……


マガジン式のショットガンがあんまりないのはやはり整備性もあるかもしれませんね。


>マガジン式のショットガンがあんまりないのはやはり整備性もあるかもしれませんね。
間違いなくそうでしょうね。


また東ドイツといえばビーガーSTG941という小銃を思い出します。
AK74の東独バージョンだったんですが、マガジンが透明で凄く近代的に見えた。
チェコのラダ2000が似たような特徴を持っています。
しかしドイツ統一で装備を西独メインにしたため消えてしまいました。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net