▼記事▼:アニメの感想って難しい。

| コメント(8) | トラックバック(0)

面白い感想を書くにはどうすりゃいいのか。
今更ですが、毎日試行錯誤しています。
ブログで公開する以上、自己満足で終わっちゃいけない。
そりゃ自己満足=他人から見て面白い。となれば最高。
でもそんな才能があれば何の苦労もありません。

好きなようにケータイ小説書いてたら出版社が本にしてくれて、アニメ化しちゃった!
俺妹の桐乃みたくそう上手くは行きません。
自戒の意味も含めてそこらへんを書き綴って行きたいと思います。

ブログタイトルを考えるのが難しい。
2CHのスレタイじゃないですが、最初の題名は重要だと思います。
概要表示でまず題名を見て「面白そう・面白くなさそう」を判断する人は多いと思うからです。 
最近で個人的に良かったと思えるタイトルは、
見果てぬ夢を見果てたり。
Fate/Zero 第23話 『最果ての海』の奴です。
そこそこ閲覧があるので効果あったかな、と勝手に思っています。 

あらすじに引っ張られないのが難しい。
書き終わった文章を頭から見直して、
これ単なるあらすじ紹介じゃん。 
そう思ったことは数知れず。
これは感想なんだ、と何回自分に念押ししてもそうなってしまいがち。

感想だから視聴済み前提。
ストーリーの全体像が見えなくても構わない。
端から端まで紹介する必要は全くない。
そう思っても書いてしまいたくなる。

書いてる内容があらすじ通りの時系列に並んでいたら要注意。
敢えてシャッフルしたことが何度もあります。
特に画像を入れるとアニメ本編に引きずられる感じがあります。

長すぎず短すぎずが難しい。
まず短すぎて文章の体を成していない。
Twitterでやれ、という事になりそうです。

じゃあ長ければ良いのかというと当然ダメです。
長い文章は飽きます。
どんな面白くても他人の文章を見るのには限界があるんです。 
自分で書いた文章で読める量>他人の書いた文章で読める量。
個人的には、2スクロール、3ページ分で終わるぐらいが理想だと思っています。

長すぎる文章は書き手と読み手のギャップが一番大きいと思います。
書いた方は時間と労力を掛けているので物凄い充実感・傑作感がある。
しかし読み手にとっては途中で投げ出したくなる。
特に字が小さくて行間も開けてない、段落分けしていないのは見るだけで読むのが失せる。
学術論文や保険の約款じゃないので、これではいけませんね。
Webとしては字が小さいほうが格好良く見えるのですが、読み物としては不合格だと思っています。

人もアニメも第一印象が重要。
やはりというか、最初に見たインパクトは絶大。
なのでアニメをリアルタイム視聴して、終わった直後に書き始めるのが理想です。
また視聴に際しては予めトイレに行き、菓子や飲み物も取らず、また録画をあとで見なおして…などと思わずに可能な限り記憶に留めておく。
いわゆる正座待機という奴です。
集中して見て記憶があるうちに全部ぶちまけるのが一番望ましい。
感想で画像を入れていないアニメは特にその傾向が強いですね。

そして今日もまた書き綴る…。
多少なりとも良い文章を書くにはとにかく面白い文章を書いて、多くの人に見てもらおう。
そう思い続けられるかどうかでしょうね。
素人が惰性で書いた文章なんてすぐ見透かされる。
閲覧数を見るとつくづくそう感じます。 

とにかく昨日より今日、今日より明日は面白くしようと思い続け、書き続けるといった感じです。
これはWebのプログラムも同じです。
コロコロレイアウトとか変わるのは少しでも面白く・使いやすくしようという現れだと思って下さい。
それで可笑しくなっている時は失敗or勘違いということで。 

新しい記事: 坂道のアポロン 第10話 『イン・ア・センチメンタル・ムード』

古い記事: LUPIN the Third 峰不二子という女 第11話 『愚か者の祭』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2204

コメント(8)

おはようございます~。
興味深い記事を書いておられましたので、コッソリとコメントを書いてみます(´ω`)
こういうのにコメントするぐらいだったら、ご一緒してる作品にもっとコメントしてくださいよって話ですな…(ぇ

アニメの感想って、難しい。
まさしく本当にその通りで、何か月経っても何年経っても自分の満足する形なんて出来ないんじゃないかとこいさんの記事を読みながら感じていたりします。
私はアニメ感想ブログを初めて5年と半年ぐらいになりますが、今の形に落ち着いてきたのがここ1,2年ほど前でしたしねぇ。
ダバーッとあらすじを書きながら間々に自分の感想を挟んだり、そのやり方に何だか違和感を抱いて抱いて仕方がなかったり、軽く半年(?)ぐらい休止していたりして。
日々試行錯誤して、ようやく今の形になったのですよね。

人それぞれ違う意見があるように、書き方が色々あるので何とも言えないのですが、少なくとも私は極力あらすじを書かないようにして感想を書いてますね~。
あらすじまで入れながらだと前述の通り自分の納得のいく文章が書けないってのも理由の1つなんですが、何よりも「感想」だと感じておりまして…
私のは、「レビュー」ではなくて「感想」なんですよね。
感想と銘打つからには、やはりあらすじよりも感想の方にウェートがあるべきなんじゃないかなぁと思ってるんですよ。
いち読者として他のブロガーさんのレビューないしは感想記事を読む時も、あらすじばかりってのはあまり好きじゃないんですよね。
それがどれだけ大手の方だったとしても、その気持ちは変わらないんだと思います。
アウトプットする側として書いた文章が、インプット側にどんな印象を与えるかはまた別問題なのですが…
感想記事を読む人なんて十中八九その作品を観てる人だし……うん。
みたいな気持ちで書いてる事もしばしばですね~。

あと、最近はアクセス数の事をあまり考えなくなってきました(おい
いつも仲良くしてくださってるブロガーさんのためにもアクセス数は多い事に越したことはないんですが、多分私の文章って大衆向けじゃないんですよ。
分かりきった事をダラダラ―と書いて、ぼんやりと感じた事をとりとめもなく書き連ねてるだけなんですよね。
大手の皆さんに見られるような、一撃で以って読者を惹きつけて離さない魅力があるとは到底思えませんし。
それならば自分らしさを貫いて書いていって、件のブロガーさんの感想記事を読んで何かしらコメントを書いていた方が気分的にいいかなぁ……なんて。
「アニメが面白いから感想を書く」ではなく、「更新するためにアニメを観る」ってスタンスになってしまう事だけは十分に気を付けてますね~。
アニメを観るのが義務感になってブログを辞めてしまう人を、私は数えきれないほど観てきたので…w


こんなにも長くなってしまって、本当にごめんなさい(>_<)
自分の感想記事でもそうなんですが、書いているうちに書きたい事がどんどん膨らんで止まらなくなっちゃうんですよねぇ…
自分のブログで記事一本書けるんじゃないかって文量で、我ながら呆れてきますよ。。。

この記事を読んで私自身ハッと気付かされる部分があったので、こっそりこっそり書かせていただきました。
無駄に長いので、別に返信はしなくてもいいですw
何か思うところがあれば、幸いです。
ではではー。

なかなか難しい命題ですね。
これに関しては私も悩んでいます。

なので、感想を書くアニメの量を減らしてしまいました。
あと、アクセス数に関しては伸びて欲しいとは思いますが気にするのもやめています。とはいえ、TB数が少ないのは流石に凹むなぁ~的な想いもあるのですよね。

読んでもらうための方策として読みやすいブログ表示を心がけるとか、あらすじ紹介では書く意味が…とか私も激しく同意します。なのでお互いに今後も精進して感想記事を書き続けて行きたいですね。ではでは

プル~ト~さんこんにちは。
>私のは、「レビュー」ではなくて「感想」なんですよね。
まさにそれを目指しているんですが、中々上手くいかないと言う感じです。
自分のスタイルが確立するまではまだかかりそうです。


他にはプル~ト~さんのブログの距離感が好きですね。
堅すぎず馴れ馴れしくもない調度良いフレンドリー感が出ていると思います。
自分のブログはちょっと「ですます調」が強すぎて他人行儀過ぎるかなと感じているので。


あと宜しければ相互リンク&相互RSSをお願いできないでしょうか。
後ほどそちらにも挨拶&依頼に伺います。

きつねのるーとさんこんにちは。
>なので、感想を書くアニメの量を減らしてしまいました。
私自身、「話題性はあるけど自分はあまり好きじゃない」
アニメは敢えて外しています。


TBを増やす要素の一つは鮮度だと思います。
とにかく放送後速やかに記事を書く。
みんな一度TB飛ばすとあまりやらないんじゃないでしょうか。
ただTBが多くてコメントが全然無いと、
TB飛ばすだけで誰も記事見てないんじゃなかろうか、と逆に不安になったりもします。


きつねのるーとさんのサイトにもご挨拶に伺います。
相互リンクと相互RSSをお願いしたいと思います。

相互リンクの件、承知しました。
ただ…RSSに関しては設定方法が分かっていないため少々お時間をいただきた
く…。

そんな情けないキツネですが、今後ともよろしくお願いします。

こいさん、こんにちは!
この記事は気になっていたのですが、感想記事(とtwitter)を書くだけで手一杯でした。ちょっと余裕ができたので…。
非常に共感しながら読ませていただきました。
生まれ出ずる悩み。ブロガーの悩みは、みんな共通なんですね。

記事の長短は、見せ方の技術。
ある程度の量がないと意を尽くせないという意見もありますが、それも程度問題ですね。
論文なみの量や書き方は、少なくとも各話感想には向いていないと思います。テーマを定めた総合感想向きかと。
読み手に優しい画面づくりは、見せ手の心得ですよね。

レイアウトにも凝りたいのですが、CSSとか記述法をもう忘れてしまったのと、流石にそのヒマ迄はない。
老後(笑)になったら、じっくり取り組もうと、今から楽しみにしています。

余談ですが、6年ほど前の自己資料で、「トラックバック先一覧」というものが出てきました。
当時の私はよほど記憶力がなかったのか、この一覧を参照してTBを送ったかどうかチェックしていたようです。
それはどうでもいいのですが、一覧に載せたブログさんの多くが、今や消失していたのです。
「継続は力なり」を痛感しました。

ご了承ありがとうございました。
早速リンクとRSSの設定をいたしました。
>RSSに関しては設定方法が分かっていないため少々お時間をいただきた
く…。
出来た時で構いません。
いちおう説明しますと、きつねのるーとさんはRSSを既に発信しています。
だから登録も出来ました、ブログに元々ある機能だからです。
これを拾うには外部アプリを使います。
私はLivedoor Blogrollというのを使っています。
http://blogroll.livedoor.com/
イメージとしてはちょうどTwitterをブログで表示するような感じでしょうか。


それでは今後共お付き合いをよろしくお願いします。

SIGERUさんこんにちは。
>一覧に載せたブログさんの多くが、今や消失していたのです。
前に私もリンクチェックして消失しているサイトが結構ありビックリました。
私自身は
・アニメが好き、という他に、
・Webの勉強をしたい
・アフィリエイトをやってみたい
複数の狙いがあると一つのモチベーションが下がっても他のモチベーションで凌げる。
それで何とか持っている感じがします。
お陰でやることが増えて困る訳でもあります。


長くやっていると画像のキャプチャ&加工が煩わしくなってきますね。
でも止めると閲覧数下がりそうで全廃も出来ない…そんなジレンマに陥っています。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net