▼記事▼:『モーレツ宇宙海賊』BD第3巻も好調、遂にオリコンで首位!

| コメント(0) | トラックバック(0)


関連記事
【オリコン】『モーレツ宇宙海賊』シリーズ初のBD総合首位
ORICON STYLE>ランキング>DVDアニメ>Blu-ray総合>5/17~5/13
YOU大樹>最新オリコンランキング(※詳細なランキングは要会員登録&有料)

首位よりも枚数。
1-●モーレツ宇宙海賊 3(初回限定版)6,352 6,352
先日5/9に発売されたBD第3巻がオリコン調べのウイークリーランキングで1位になりました。
ただ個人的には順位よりも枚数に着目です。

巻数 初動  累計 発売日
01巻 3,734 6,472 12.03.07
02巻 5,343 7,206 12.04.11
03巻 6,352 *,*** 12.05.09

本当の意味で右肩上がり。
普通アニメのBD/DVDで「右肩」というと右肩下がりを意味します。
つまり第1巻の売り上げがピークであり、その後巻を追うごとに売り上げは低下する。
しかしモーレツ宇宙海賊は巻を追うごとに初動の売り上げが上がっている珍しいタイプ。

でも第3巻を買った人が1巻2巻を持ってないとは考えにくい。
つまり二週目以降に手にしている人が多いと。
じわじわ売れるタイプだというのが分かりますね。

見るまでのハードル。
私自身は原作:笹本祐一&監督:佐藤竜雄という所に惹かれて見始めたわけですが、
普通はタイトルやキャラクターや歌で判断するんじゃなかろうか。
そうなると、
なんちゃって萌え海賊アニメという誤解を受けやすいんだと思います。
中身はガチガチのハードSFなんで、見た人は驚くわけです。

とにかく見てもらえば分かる。
そういう意味で一挙放送はかなり意味があったんじゃないでしょうか。 

ミニスカ宇宙海賊8 紫紺の戦魔女 (朝日ノベルズ)


原作の「ミニスカ宇宙海賊8 紫紺の戦魔女」が先月4/20に発売。
この原作とアニメでタイトルが違う、というのも宣伝上はマイナス材料ですね。
それを跳ね除けて人気アニメになったのはひとえに作品に魅力があったからだと思います。

私自身は例のごとくアニメ完結後に原作を、アニメでやった所まで見る予定です。
なのでこちらを読むことが出来るのはえらい先になりそう。
何故ならアニメの二期を期待しているから。
出来れば予備知識無しで見たい。

しかしアニメの二期があるかどうか、
また二期が終わるのがいつか、
更に二期で8巻までやるのかも未知数。
仮に終わらずに三期を望む状態になったら、いつまでお預けされるか想像も付かない。
我慢できずに見てしまう可能性も十分ありそうです。

公式サイトウィキペディア(原作タイトルは「ミニスカ宇宙海賊」) / 公式Twitter(#mo_retsu)

新しい記事: ▼記事▼:本日5/17にグッドスマイル&カラオケの鉄人カフェで『さんかれあ』イベント開催&その様子をニコ生配信。

古い記事: ▼記事▼:『ベン・トー』『侵略!?イカ娘』最終第6巻が本日発売。

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2081

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net