ラストエグザイル―銀翼のファム― 第21話(終) 『Grand master』

| コメント(10) | トラックバック(15)

注意:今回は今まで以上にキツイ物言いになります。
このアニメが好きな方は閲覧をお薦めしません。
 

無意味。
遂にこのアニメも最終回を迎えました。
終わってみて感じたのは・・・とにかく無意味って事だけですね。
グランエグザイルを起動して大虐殺を開始したにもかかわらず、途中でサーラを返して自滅しちゃうルスキニア。
サーラを探す重要人物なのにファムの露払い役になるアル。

そうまでしてファムやジゼを最優先で行かせる意味が分からない。挙句、
ファラフナーズでも無理だったグランレース

そんなの分かってる!

でもグランレースやりたい!!

と主張するファム。
つまり単なる道楽でしかありません。

ルスキニアはルルーシュのごとく「世界中の敵」になりたかったのかも知れません。
憎悪を全部自分に集中させて死ねば世界は一つになれると。
しかしやってることは中途半端に見える上それすら途中で放棄してしまう。
人並み外れた戦闘能力を持ちながらファムと一戦交えることもなくサーラを引渡し、勝手に残って死んでいく。
悪役として実に物足りない存在でした。

そしてルスキニアと志を共にしたサドリも自殺としか思えないような最後を迎えます。
副官にペンダント渡していましたが、
孫に渡したけりゃ自分で渡せ。
助からないわけでもないのに無駄に死ぬ意味があったのか。
生きて手渡ししたほうが喜ぶに決まっているだろう。

戦後処理でサーラの補佐役になったのは何とブレまくりのオーラン。
そして一枚絵ですがカイヴァーン生きてたんですね。
なのにヴァサントは死んだまま。
ソリューシュとカイヴァーンが生きてヴァサントが死んでしまう必要性が何処にあったんだろう。

そしてグランレース。
当然入れてくるとは思ってました。
どんなに無意味でも主人公ファムが望めばそれは実現させるのがこのアニメのスタッフ。
クラウスとラヴィ出てきた!!・・・って本当に車椅子かよ。 
何でこんな仕打ちをするんでしょう。

別に前作のラストで大怪我を負った訳ではありません。
それを言うならディーオとか死んでもおかしくない状況だったのにピンピンしてますしね。
ファムが前作の主人公に食われないようにという脚本の都合で障害者にしたんでしょうか。
にも関わらずファムの存在はディーオやミリアに食われっぱなしでしたが。

そしてレースの結果は、
優勝:ディーオ(但しナビが居なかったので失格、以後繰り上げ)
繰り上げ優勝:タチアナ、アリスティア。
繰り上げ準優勝:ディアン、マグノーリャ。
繰り上げ3位:ファム、ジゼ。

ファムやジゼを安易に優勝させなかったことだけは良かったですが、クラウスを車椅子にする意味が増々ありません。

アニメはここで終了となっています。
このあとやっぱりテロリストが襲撃してまた血のグランレースになったんでしょうか。
それは永遠に分かりません。

どうしてこうなった。
第一期も主人公が空気気味とか、ラストの駆け足が物凄いとか穴はありました。
しかしこの第二期は穴しか無い。
BD/DVDのジャケットと音楽ぐらいしか見所がない。
・主人公の言動にまるで共感できない。
・脚本がちぐはぐ&ブツ切りで意味不明。
・第一期のキャラに恨みでもあるのかというディスリスペクトっぷり。
とにかくダメなアニメのお手本のような作り。

ファムファンファンとは何だったのか。
・口ばっかりで行動が伴わない。
・作中で重要人物ではなく、また成長して重要人物になったりもしない。 
・サドリの孫という設定が何の意味も持っていない。
・最終目標「グランレース」に全く共感できない。
・なのに劇中では過剰に評価されている。
こんなの主人公にしちゃダメだろ。
なまじ主人公なため無理に出番を作った結果、幾つもの語るべきドラマが失われた気がします。 

アウトロー集団に属するファムが亡国の姫たるミリアと出会う。
ミリアは理想を語り、ファムは現実を教える役回りかと最初思ったんです。
そう思ったら「グランレース」を平和の祭典と盲信する夢想家だった。
ここから歯車が狂った気がします。

また盗賊集団でありながら強盗を「鯨取り」と言い換え、更に「平和で自由な空」が好きという物言いに閉口。
お前等は平和を乱している存在だろう。
ファムの言う平和とは空族が我が物顔で跳梁跋扈する世界を言うのでしょうか。

決定的だったのが8~9話。
未だに理由はわかりませんが、何故かナビにミリアを指名。
守るべき重要人物を連れて戦場に飛び出していく。
挙句素人のミリアが一発必中で戦艦を撃墜。
これだけでも何じゃこりゃ状態なんですが、問題はその後です。

ジゼとの関係に亀裂が入り、彼女がカルタッファルへ帰ると言い出してしまう。
ファムがジゼが居ないと何もできない、と必死で引き止める。
前回ジゼoutミリアinで大戦果を挙げて大喜びしてただろう。
当然ジゼもミリアに頼めと突っぱねます。

ここでファムが自身の軽率な行動を反省し、成長するのかと思った。
いきなりホッケー。
ジゼが「やっぱりファムが好き」と勝手に折れた。

ファムは決して成長せずに賞賛され続ける「教祖」みたいな存在だと確信。

盗賊のくせに銃が撃てないとかって何なの。
これで戦場に行きたがるとか正気の沙汰じゃありません。
銃が撃てない以上基本的に手柄は立てられません。
なのに終わってみると「あれもこれもファムがやったんだ」とお手柄状態。

戦艦強奪で相手に死傷者が出たことが皆無だったと言うんでしょうか。
戦艦を奪われた結果、責任を取らされて処刑された艦長は居なかったのか。
ファムが直接殺害していなければ問題なし。
スタッフの認識はこんな所ですか。

あまり決めつけたくはありませんが、
戦争は男が始める、平和にするのは女の役目。
という意識が過剰に働いた結果、徒手空拳で何故か手柄を立ててしまう不自然キャラになったのかと。

二期なんてなかった。
こう考えるしか無さそうです。
・ファムを主人公にするなら、徹底したリアリストとして描写する。
・ミリアを主人公に、ファムを補佐役にする。
・普通に第一期キャラメインで続きを作る。 

この方が見れた気がしますね。
第一期が好きだったので最期まで見ましたが、ホント時間の無駄でした。
ディーオ、アル、そして何よりクラウスの扱いの酷さには語るべき言葉がありません。

ラストエグザイル ‐銀翼のファム‐ (1) (角川コミックス・エース)
『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.03 【初回限定特典:鯨獲り記念写真カード集(全15枚)付き】

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#lastexile)

新しい記事: ゼロの使い魔F 第12話(終) 『ゼロの使い魔』

古い記事: Persona4 the ANIMATION 第24話 『The World is Full of shit』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(15)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1880

のらりんすけっち - ラストエグザイル-銀翼のファム- 第21話「Grand master」(最終回) (2012年3月24日 09:15)

いやー、ものすごい力技でしたね^^; 近年稀に見る力技アニメ? サーラちゃんが笑顔で終わってくれたからいいけど。 あの場面で歴史は繰り返すだったらも...

アニメのことばかり - ラストエグザイル-銀翼のファム (2012年3月24日 10:03)

ラストエグザイル-銀翼のファム おすすめ度 ★★☆☆☆ 『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.01 【初回限定生産版:...

ぬる~くまったりと - ラストエグザイル-銀翼のファム- TBS(3/23)#21終 (2012年3月24日 10:25)

第21話 最終回 Grand Master ルスキニアと対峙するファムとジゼル。そんなのサーラの望む世界じゃない。この船は残された民が空を求めて作った、 ...

ひえんきゃく - ラストエグザイル-銀翼のファム- 第21話(最終回) 「Grand master」 感想 (2012年3月24日 11:08)

どうしてこうなった……。 面白くなる要素は色々とあったのに活かしきれませんでしたね。 残念です。  ラストエグザイル-銀翼のファム- 公...

うたかたの日々別館 - ラストエグザイル―銀翼のファム第22話(最終話)感想 (2012年3月24日 13:27)

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/03/post-b90...

妄想詩人の手記 - ラストエグザイル―銀翼のファム― 第21話「Grand master」 (2012年3月24日 13:49)

紆余曲折あったけれど、戦(いくさ)の終わりにふさわしい、良い最終回だった。巨大構造物の崩壊という圧巻のシーンは、ただそれだけで心を動かされるものがあるなぁ。

Specium Blog - ラストエグザイル-銀翼のファム- 第21話 3/24 あらすじと感想 #lastexile_fam #lastexile (2012年3月24日 17:00)

 夢を継ぐ者たち、そして、第2回開催。  冒頭は、ファムちゃんたちの帰りを待つジゼちゃんの弟妹たちのシーン。  サドリ艦隊は残存艦を再編し、グ...

大海原の小さな光 - ラストエグザイル-銀翼のファム- 第21話「Grand master」 (2012年3月24日 17:56)

そして、なんと頭の悪い決着か。 なんとかしてきれいに終わらせようという意図は見えるんですけど、本当にそれだけなんですよね。

北十字星 - LASTEXILE 銀翼のファム 第21話 「Grand master」 (2012年3月24日 20:55)

『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.03 【初回限定特典:鯨獲り記念写真カード集(全15枚)付き】(2012/03/21)豊崎愛生...

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言 - LASTEXILE -銀翼のファム- 第21話(最終回) 感想 (2012年3月25日 07:56)

リリアーナ、本当にこの世界は変わるのだろうか・・・・ このエンジンの音はファム機です。 ...

戯言日記2nd - ラストエグザイル 銀翼のファム第21話感想。 (2012年3月25日 17:29)

……うん。 ……うん。 以下、ネタバレしますご注意を。

くろくろDictionary - ラストエグザイル-銀翼のファム- 第21話「Grand master」感想! (2012年3月27日 20:16)

ラストエグザイル-銀翼のファム- 第21話「Grand master」 最終回! 崩れゆくグランエグザイル。 ルスキニアはグランエグザイルと...

日々の記録 - ラストエグザイル-銀翼のファム- #21 (2012年3月29日 19:22)

ファムたちの戦いも、いよいよ最終回です。アウグスタ・サーラを救うため、ファムたちはグランエグザイル内部へと突入しました。みんなに助けられて、ついにファムとジゼル

つぶかぼアニメ感激ノート - ラストエグザイル-銀翼のファム- 21話感想(前半) (2012年3月30日 15:46)

早いもので、いよいよ最終回になってしまいました!話数がやや中途半端なのは、本編21話に事前特番・総集編1&2を加えて全24回となっているためですね。 ...

つぶかぼアニメ感激ノート - ラストエグザイル-銀翼のファム- 21話感想(後半) (2012年3月30日 15:47)

21話感想(前半)からの続きです。 ■グランレイク・平和の到来・そしてグランレース 「我、アウグスタを救出せり」 急ぎ発光信号を送りつつシルヴィ...

コメント(10)

15話でヴァンサントがサーラに少しだけ説明してましたが、
空賊達はアデスの侵略によって故郷を失った結果、
アデスから鯨取りをして生活しています。
「盗賊のくせに」と一方的に糾弾されるべきとまでは、思えないですけどね。

↑の方、
空賊じゃなくて空族ですね。エアバンデッドではなくエアレイス。
遊牧民やジプシー的な立場の人々として描かれる予定だったんでしょうかね。
いや、描いているつもりだったのかも。

以前別の感想サイトでも書いたのですが、
3話での獲得した艦船の部品や遺留品、トゥランの死傷兵の扱いのシーンを観て、
本来空族は座礁や遭難等のトラブルにあった艦船や人々の
探索・回収を請け負い、その見返りとして使えるパーツや
遺留品等を頂き(勿論所有者や所属先と交渉して)、
それらを流通させる事を生業としているんじゃないだろうか
(少なくともファラフナーズ暗殺~ルスキニア台頭辺りまでは)、
と自分は考察しています。
アデスに追われた人々で構成されてる事もあり、
アデスの攻勢が強くなってきた作中時には、レジスタンス的に
アデス艦を主に攻撃してたのでは(救出目的でラサス、ミリアの為にシルヴィウスを
狙いましたが)

まあ、あくまでも個人的な考察ですし作中で描写されることも
無かったですが、そうだと考えていないと、空族の存在に
説得力が見出せません(笑)

ホント、前作が大好きなだけに残念感がひとしおな作品になってしまいました。

クラウスの車椅子に関しては、ニュータイプエースで連載している
「砂時計の旅人」(前作と今作の間の物語。クラウスやラビィ達が主人公。
作画は前作のメイン作画スタッフの漫画家ムラオミノル氏)で
描かれるかもしれません。こちらもアニメ化して欲しいところ。
でもクラウスの運命に関しては今作で判ってしまったのか(苦笑)

確かに難民だからという点は考慮すべきですね。
ただし「食うために奪って何が悪い」ぐらい居直って欲しかった。
人のものを奪っているという罪悪感すら無いのは違うと思います。

総集編でまさかと思いましたが、本当に車椅子だったのはショックでした。
前作の最後でそうなったのなら納得できます。
ラストでピンピンしていたのにいきなりこれは無いと思います。
あれでがっかりしたファンも多かったと思います。
自分はその一人です。

サドリは戦いの責任をとって死ぬことを選んだのかもしれません。
アニメスタッフとしてはグランレース=世界平和の象徴という風にしたかったのでしょう。たとえ現実は厳しくても夢を持ち続けようと言いたかったのかもしれません。

グランレースを平和の象徴にするのは良いと思います。
問題は脚本と演出に説得力が無かったことですね。
最初はだれからかも相手にされないとか、
「あんな惨劇は二度とごめんだ」「お前はアデスの回し者か」という批判も受ける。
当然ラスボスのルスキニアはグランレース完全否定。


こういった人物をファムが説き伏せたりねじ伏せたりした結果なら納得もします。
でも戦争で国や肉親を失った相手にグランレースで平和!は無いだろうと。

この感想には概ね同意ですがそれでも私はラスエグが好きで楽しめました。本当に惜しい作品だと思います。

放送開始直後の悪い予感が的中した、いかにもGONZOらしい作品でしたねw

国際紛争や民族問題なんか扱わず、
「空賊ファムとその相棒ジゼが、世界中のお宝を狙って大冒険!」
みたいな脳天気な話にしていれば、視聴者的にも、GONZO的にも、きっと幸せになれたと思うんですけどね。

人の生き死にや国際紛争などシリアスで重い問題を扱うには、穴がありすぎた作品でした。

単発のアニメならここまであれこれ言わなかった。
続編としていまいちで且つ第一期まで貶めるような内容。
ゲートキーパーズの悪夢を思い出しました。

シリアス展開ってコメディよりも脚本の細かさが求められます。
真面目な話で穴だらけだったらそりゃあれこれ言われるだろうと。
コメディはコメディでギャグの合う合わないはあるんですが。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net