ハイスクールD×D 第05話 『元カノ、倒します!』

| コメント(10) | トラックバック(9)

良いシーンなのに片乳が。
アーシアの丸出しおっぱいで集中できません。
結局死ぬまでずっとおっぱい出しっぱなしでしたね。
今回お色気は少なめで、アーシアがひたすらサービスしまくりでした。

セイクリッドギアを抜いても即死はしないんですね。
でもアーシアの命は風前の灯。
互いを思いやりながらも神の使徒と悪魔は相容れないのか。
やがてアーシアは死亡。
てっきり死ぬ前にどうにかするかと思ってたので驚きました。

そしてそれを鼻で笑うレイナーレはひたすら外道ですね。
よく天使やってられたものです。
悪魔より性質の悪い堕天使、このアニメではそうなっている模様です。 

至高の堕天使。
これはひょっとしてギャグで言ってるのか。 
何回聞いても堕天使=蔑称という印象が拭えません。
トワイライトヒーリングを手に入れてご満悦のレイナーレ。
これに対し一誠の怒りが爆発します。

元々力の差は歴然、その上無限回復を手に入れたレイナーレ。
普通ならどんなに頑張っても叶いませんね。
しかし彼女は一つ勘違いをしてたみたいです。
一誠のギアはありふれた雑魚ギアじゃなかった。

ハイスクールD×D 11 進級試験とウロボロス (富士見ファンタジア文庫) [文庫]

赤龍帝の篭手。
感情で魔力がニョキニョキ上昇するブーステッドギア。
段々顔が青ざめて、遂に逃げ出しましたが一誠逃がしません。
遂に外道堕天使に一発ぶん殴ってやることに成功しました。
感情で都合よく強くなる演出はよくあります。
このアニメではちゃんと設定として組み込まれているので、一応説得力はありますね。

見苦しくも夕麻に変身して命乞いするレイナーレ。
これを部長に任せさっくり葬ってしまいました。
いやそこは自分でケリつけろよ。
止めを一誠がやらなかったのはちょっと納得行かなかったですね。 

hsdd-5-013.jpg

一誠を悪魔にした儀式はこれか。
レイナーレを葬ってアーシアのギアを取り戻した一誠たち。
しかしアーシアは生き返らない。
ここでリアスがチェスの駒「僧侶(ビショップ)」を取り出し蘇生作業を開始。
転生は死んだ後じゃないと出来ないみたいですね。
一誠の時は死んでから生き返るまで省略されたので、ようやくどう生き返らせたかが分かりました。

この事で一誠にちょっとした心配が生まれます。
リアス先輩がこうやって仲間を増やしたら、自分の存在が薄くなって行かないか。
ちょっと嫉妬も混じってるのかな。
別な男を悪魔に転生させて、ベッドで同衾されるのは嫌だなあと。

でも大丈夫。
転生に必要なチェスの駒は対象によって違う。
一誠を生き返られせるのにポーン8個全部使ってしまった。
こちらギアが生半可じゃなかったという証明になってますね。
私のポーンは一誠だけ。
これに気を良くして、更にキスのご褒美も貰って天にも昇る気持ち・・・は悪魔だからダメですね。 
しかしこれを半泣きで見つめるアーシア。
この二人もう両想いですし一誠ハーレムはもう始まってる、というところで次回です。

レイナーレ倒してアーシアが悪魔の仲間入り。
一区切り付きましたね。
でも新キャラ(声:子安武人)がいい最終回だったと視聴者の声を先取りしたのは笑いました。

こいつらは何だったのか。
やたら自信満々だったミッテルト達。
でも本気出したリアス先輩に瞬殺。
リアス先輩がかなり高位の悪魔だと知っていたはずです。
それでも余裕かましていただけに、相当強いんだと思っていました。
なのにあっさり敗北。

一体あの自信はどこから来たのか謎でした。
せめて前回登場したばかりのミッテルトは生き延びられなかったのか。
消えるならせめて裸になってサービスしろ(レイナーレ含む)。
・・・今の私の意見は聞かなかったことにして下さい。 

ハイスクールD×D Vol.1 [Blu-ray]

次回は
ハイスクールD×D 第06話 『アクマ、やってます!』
です。 

公式サイト原作公式サイト / ウィキペディア

新しい記事: Persona4 the ANIMATION 第17話 『I Want to Know the Truth』

古い記事: アマガミSS+plus 第05話 七咲逢・前編 『ツヨガリ』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(9)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1677

日刊アニログ - ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」 感想 (2012年2月 3日 23:27)

イッセー、最強の兵士を目指しなさい 大切な人を奪った者に対する怒りと守れなかった自分に対する怒りによる力の覚醒。 王道ながらも主人公である一誠の性...

まぐ風呂 - ハイスクールD×D 第05話 (2012年2月 4日 01:38)

関連リンクhttp://www.haremking.tv/第5話 元カノ、倒します!アーシアを助けに来た一誠しかし目の前でアーシアはセイクリッド・ギアを奪...

記憶のかけら*Next - ハイスクールD×D 第05話「元カノ、倒します!」 (2012年2月 4日 01:38)

リアスがいいね♪

nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! - ハイスクールD×D 第5話 「元カノ、倒します!」  (2012年2月 4日 09:44)

「良い最終回だった」 テラ子安wwwwwww でも、まさにそんな感じ。 梶くん、GJ!! 梶くんの演技で泣きましたよ。...

ヲタブロ - ハイスクールD×D  第5話「元カノ、倒します!」 レビュー・感想 (2012年2月 4日 21:14)

私のために泣いてくれる、私、もう何も・・・・ありがとう・・・ 少しの間だけでも友達が出来てうれしかったというアーシア、その身に宿した『力』を巡りその儚い生...

SERA@らくblog - ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」 (2012年2月 4日 23:44)

いい最終回だった と子安さんも最後に言ってましたw  アーシア編の完結編となりました。  一誠は最強のポーンと言うことですね(笑) ▼ ハイスク...

ゲーム漬け - ハイスクールD×D 第5話 元カノ、倒します! (2012年2月 4日 23:55)

アーシアがやられ、アーシアの元に駆ける一誠。 当然、妨害が入りますが、小猫と木場の助力でアーシアを確保。 アーシアは力尽きたと思っていましたが...

往く先は風に訊け - アニメ感想 ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」 (2012年2月 9日 15:05)

アニメ感想 ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」

スポーツ瓦版 - 別館の予備(相棒&D×D&疾風伝) (2012年2月10日 20:54)

2月10日 相棒&D×D&疾風伝 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/serv...

コメント(10)

いい最終回でした。

一誠のハーレム王伝説はこれからです。
完全に惚れているアーシアが加入してどうなるのかが気になります。

初めまして

レイナーレの最期については私は管理人様とは感想を異にします。

確かに彼女がイッセーやアーシアに対して行ったことは酷かったですし、管理人様の憤りや嫌悪感も理解できます。

しかし、仮にも彼女はイッセーにとって最初の「彼女」(偽りではありましたが)という存在でした。その彼女が泣いて命乞いをしているのに対してイッセーがあまりにもあっさりと「(こんな女)殺してください」(セリフこそ違いますが、はっきりとこう言っています)とリアスに言ってしまうのはどうかと…逃がしてやろうと言うか、あるいはそこまではしないまでもせめてもっと葛藤があっても良いのではと思います(命乞いをするレイナーレとリアスの間で板ばさみとなってイッセーが身動きが取れず、リアスが独断で処断するというような形で…)。事情はどうあれ「愛していた」という事実はもっと重いものであるべきではないのか、そう私は思います。甘ったれていると思われるかもしれませんが…

アーシアが悪魔となって助かるのはイッセーの例からして容易に予想できましたし、事実そういう形で彼女は幸せを手に入れました。そこから考えてもレイナーレにはもう少し救いがあっても良かったのではないか…そう思うのです。

イッセーは春日さんと逆の印象持ったのではないかと。
命乞いをして同情しちゃうものあり得るでしょう。
一方で「落ちたところまで落ちた」と100年の恋も冷めるようになる可能性もある。
多分見苦しくて見てられなかったんじゃないでしょうか。

返信ありがとうございます。

正直、上の文章では私の思うところを2割程度しか述べられていないので、私がレイナーレについて、そしてあの時のイッセーについて思うところを詳しく述べさせていただきます。

正直「何こいつ気持ち悪い」と思われるかもしれません。悪女に惚れたバカな人間のたわごととして聞き流していただいても構いません。

正直私はレイナーレが大好きです。上にも書きましたが「惚れた」という感じです。彼女の美貌に、彼女の仕草一つ一つに例えようもない魅力を感じて心をときめかせていました。「なぜあんな最低の悪女を?」と聞かれても「惚れたから」としか答えようがありません。そんな私が彼女について思うことを述べます。もちろん身びいきは当然入ってくるとは思います。

確かにあのレイナーレのイッセーやアーシアの言動を見たら、憤りを感じて彼女の哀れな最後を見ても同情など覚えず「自業自得だ」「溜飲を下げた」と思われる方が多いと思います。 でも、私はレイナーレの「私を馬鹿にした奴らを見返してやるのよ!」という言葉に「きっと彼女もあのようになるのにはそれなりの事情…つらく、屈辱的な体験があったのだろう」と思いました…そして、彼女が事あるごとに口にする「私は至高の堕天使」という言葉、多くの方は傲慢さの表れと思われると思いますが、前述の言葉が頭に強く残っている私は劣等感の裏返しとしか思えず、むしろとても痛々しく感じました。

彼女の「至高の堕天使としての誇り」が一度自分の優位が崩れるやたちまちの内に崩壊し、後はイッセーの怒りやリアスの冷たい殺意の前に全く無抵抗で脅えることしかできなかった事がそれを証明していると思います。彼女は自分の劣等感を、弱さを覆い隠すために必死で虚勢を張っていたに過ぎなかった…そう、彼女は決して「戦士」ではなかったのだと私はイッセーやリアスに追い詰められて脅える哀れな彼女を見て思いました。だから私は彼女が最後に見せたあの言動を「見苦しい」とも「卑怯」だとも思いませんでした。「戦士」ではなかった彼女は、多くの人が死の危機にさらされた時に見せる行動を取っただけなのだと…

私は彼女は(少なくとも彼女の考えでは)誰にも心から愛された事がなかったのではないかと思います。あの美貌に素晴らしい肉体美の彼女です。言い寄る男は多かったでしょう。でも、彼女はきっと「所詮、この男たちは皆、私の体だけが目当て…」と思っていたのではないかと考えます、。そこで彼女は自分の美貌を…肉体を男たちを篭絡して手玉に取る手段として用い、非道な手を使ってでも目的を達成する…そんな風になっていったのではないかと推測します。

そう考えれば彼女のあのイッセーに対する酷い態度も納得がいくんですよね…自分の豊かな胸を覗き込むイッセーに彼女はそれまで会ってきた男たちに対するのと同様の感情を抱いたのではないでしょうか…

そして思うんです…そんな彼女の前に、彼女のためならどんな危険もいとわず、自らを犠牲にしてでもただひたむきに彼女を愛する者が現れたなら、彼女はどうだったのだろうか?あの凍てついた心が癒され、彼女は「本当の幸せ」を手に入れることが出来たのではないだろうか…と。そう考えると、あの彼女の最期が痛ましくてならないのです。

確かに彼女はイッセーやアーシアに酷い仕打ちをしました。でも、それでも私はイッセーに彼女を見放して欲しくなかった。追い詰められて嘘を言って必死で命乞いをした哀れな彼女を、それでも暖かく包んであげて欲しかった…彼女を庇ってあげて欲しかったのです。それでも彼女の心が変わらなかったら、その時は処断も仕方ないと思ったでしょう。でも、せめて1度は彼女に改心のチャンスを与えてあげて欲しかったのです…でもイッセーはそのチャンスを彼女に与えてあげなかった…「またこの女は俺を利用しているだけ…」と軽蔑感と共に切り捨ててしまった…それがとても悲しかったのです…そして正直、私はイッセーを恨みました…

彼女がイッセーやアーシアにした仕打ちを思えば、彼を恨むのは筋違いなのでしょう。でも、それでも私は彼に彼女を見捨てて欲しくなかったのです。彼女が愛を知って、幸せな表情を浮かべる姿を見たかった…そう思っています。


テキスト量にもビックリしましたが、それ以上のレイナーレ愛に圧倒されました。


私自身は彼女は美貌と才能に絶対の自信があり、自らの出世欲・権力欲を満たすために競争の激しい堕天使の世界に身を投じたのでは無いかと思っています。
多少なりとも良心が咎める様な描写があれば、
「昔はこんなんじゃなかったのかな…」
とも思えますが、無かったですしね。

再度のお返事、ありがとうございます。

「それ以上のレイナーレ愛に圧倒されました」
ええ、彼女の表情の1つ1つが胸に焼きついていますし、見捨てられて絶望の表情で死んでいった彼女の最期に胸が痛んで、涙があふれてたまりませんでした。あの場面は今でもトラウマになっています。

私は既に引用した「私を馬鹿にした奴らを見返してやるのよ!」という彼女の言葉から、やはり彼女があのようになるのにはそれ相応の理由があったのだと思います。管理人様の仰るように他に描写がない以上は決定的な事は言えませんが…

お久しぶりです。
言い足りない事がありましたので追加させて頂きます。
イッセーについて私がとても残念に思うのは、彼が「(レイナーレの事を)心から大切に思っていた」という言葉とは裏腹に彼女のことを知ろう、理解しようという努力をしなかったことなんですよね… 「裏切られた。心を踏みにじられた」と怒り嘆くばかりで、なぜ彼女があのようになったのか?どんな事情があったのか?ということを知ろうともしなかった。 彼女の「私を馬鹿にした連中を見返してやるのよ!」という、彼女の秘められた過去や思いがこめられていたはずの言葉についても頭から否定して、その言葉に秘められた彼女の思いを知ろうとはしない…そして最後は「心から大切に思っていた」はずの相手が泣いて必死に助けを求めているのに、改心の機会を一度すら与えなかった… そんな彼の態度がどうにも納得できなかったのです。

お久しぶりです。
言い足りない事がありましたので追加させて頂きます。
イッセーについて私がとても残念に思うのは、彼が「(レイナーレの事を)心から大切に思っていた」という言葉とは裏腹に彼女のことを知ろう、理解しようという努力をしなかったことなんですよね… 「裏切られた。心を踏みにじられた」と怒り嘆くばかりで、なぜ彼女があのようになったのか?どんな事情があったのか?ということを知ろうともしなかった。 彼女の「私を馬鹿にした連中を見返してやるのよ!」という、彼女の秘められた過去や思いがこめられていたはずの言葉についても頭から否定して、その言葉に秘められた彼女の思いを知ろうとはしない…そして最後は「心から大切に思っていた」はずの相手が泣いて必死に助けを求めているのに、改心の機会を一度すら与えなかった… そんな彼の態度がどうにも納得できなかったのです。

申し訳ありません。誤って同じ内容を連投してしまいました。
あえて言わせていただくと、私はリアスたちのやり方は明らかに過剰報復であると考えています。レイナーレのやった事に対する報復ならば、彼女の仲間たちを皆殺しにして、彼女自身も叩きのめして屈辱と絶望の淵に叩き込んだことで十分であったと思います。抵抗のすべも全く失った彼女をあそこまで徹底的に冷酷に追い詰め、殺す必要が本当にあったのでしょうか?
レイナーレのイッセーやアーシアに対する言動から彼女に嫌悪感しか感じず、それゆえにリアスたちのやり方に管理人様をはじめとする多くの方々は何の違和感も覚えないでいらっしゃるようですが、私からみればリアスたちの行為はレイナーレのやった事以上に苛烈で残酷であり、トータルとして見た場合、リアスたち=善、レイナーレ=悪、などとは到底いえないと考えています。 お気を悪くされたら申し訳ありません。それでは失礼致します。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net