輪るピングドラム 第24話(終) 『愛してる』

| コメント(13) | トラックバック(40)

訳分からないのが、カッコイイ。
と勘違いしたアニメは「新世紀エヴァンゲリオン」以降1990年代後半から2000年代前半に一杯あった気がします。
謎を作って視聴者の気を引き続ける。
そして広げた風呂敷畳めない。

あれにもこれにもそれにも意味があるに違いない。
視聴者は何度もアニメを見なおしたり、個人の考察や謎本に食らいつく。

疑問を与えれば与えるほど喜ぶ。
実は意味なんて無いのに勘違い。
正直この手法は使い尽くされています。
そうとしか言い様のないラストでしたね。

皆で勘違い。
ピングドラムを手に入れるのだ=荻野目苹果の日記を奪え!
こうして三つ巴の闘いを繰り広げた意味は何だったのか。

結局ピングドラムというのは冠葉が晶馬に与えたリンゴが何故かエネルギーになったというよく分からないもの。
冠葉は陽鞠にも生命力を分け与えたため干上がりそうな所をこちらを返して助かった。
・・・と思ったらやっぱり助からない。
結局陽鞠を助けるために使ってしまったからか。 

輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray] 

そして林檎の日記はいわばサポート呪文。
運命を乗り換える事で命のやりとりをした後に押す「決定」ボタンだったのか。
呪文を使ってその反動による苹果の苦しみは晶馬が引き受ける。
こうして陽鞠と苹果は助かって、晶馬と冠葉は消滅してしまった。

超人パワーを分け与えるんだ!
胸に手を突っ込むとボールが出てきて生命力をやり取りできる。
ピングドラムの受け渡しは何かキン肉マン見てるみたいでした。
最初から晶馬が胸に手を突っ込んでこれを陽鞠にやっとけば済んだのでは、という気がしてなりません。
プリンセス・オブ・クリスタル(帽子陽鞠)のガセネタでえらい遠回りさせられて、犠牲も大きくなった気がしましたね。

pingdrum-#24-35b.jpg

結構面白かったけど。
設定に深い意味は無くてフィーリングで見るアニメだったかなと思いました。
雰囲気が合えばよし、合わなければ見ない。
理解できるとか出来ないとか、頭の良し悪しは一切関係有りません。
好きな色を聞くようなもので正解というものは無いでしょう。

納得が行かないのは転生したとは言え晶馬が消えちゃったこと。
記憶が無いとはいえ、陽鞠も苹果も宙ぶらりん。

僕の罪僕の罪って自己嫌悪を良くしてましたが、
・消えるほどの罪人には思えない。
・世界を救って犠牲になる桃香のような使命感がある人とも思えない。 
二人助けるから二人死ななきゃならない、出来れば生き残るのは若い女性がいい。
そんな理由で弾かれた気がしないでもない。 

輪るピングドラム (中) (一般書籍)

一方で多蕗とゆりが生き残り、本当の愛に目覚めたところは良かったです。
二人には心底幸せになって欲しいと思いました。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#penguindrum)

新しい記事: ラストエグザイル―銀翼のファム― 第10話 『Illegal move』

古い記事: Persona4 the ANIMATION 第12話 『It's Not Empty At All』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(40)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1549

世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ - 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 (最終話) (2011年12月24日 05:29)

どうしたのものかな、これ。

日々“是”精進! ver.A - 「輪るピングドラム」第24話(終) (2011年12月24日 05:40)

運命の乗り換えに、成功… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diar...

ゆる本 blog - 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」(終) (2011年12月24日 05:46)

長い物語の全てが決着する。「輪るピングドラム」の最終話。 箱に入れられた晶馬と冠葉、飢えと渇きと死の恐怖が迫る。 テロの準備を進める冠葉を追っ...

狼藉者 - 輪るピングドラム 24話(最終回) 抽象的すぎてわからねえ・・・ それに比例して考察祭り! (2011年12月24日 05:58)

動画共有アニメニュース - 輪るピングドラム 第1話 〜第24話 愛してる (2011年12月24日 06:47)

輪るピングドラム  第1話 〜 第24話 愛してる 最終回 両親のいない高倉家には3人のきょうだいが暮していた。双子の兄の冠葉と弟の晶馬、そして妹の...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ - 輪るピングドラム第24話(最終回)あらす... (2011年12月24日 07:14)

毎回色んな考察をさせてくれて、予想の斜め前を行く展開を楽しませてくれた今作も最終回。果たしてどんなラストになるのか?楽しみで仕方ない反面、終わってしまうの...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ - 輪るピングドラム 第24話(最終回) あらすじ感想「愛してる」 (2011年12月24日 07:14)

毎回色んな考察をさせてくれて、予想の斜め前を行く展開を楽しませてくれた今作も最終回。 果たしてどんなラストになるのか? 楽しみで仕方ない反面、終わっ...

ぷち丸くんの日常日記 - 輪るピングドラム 最終回 (2011年12月24日 08:40)

箱の中に閉じ込められている幼い冠葉と晶馬。 二人は、何日も飲まず食わずで限界に達していた。 運命の列車に乗る冠葉と組織の人間たち・・・ そこに晶馬が...

アニメ徒然草 - 輪るピングドラム 24話(最終回) (2011年12月24日 08:44)

ありがとう、ございました! というわけで、 「輪るピングドラム」24話(最終回) ぶっ生き返すの巻。 大逆転。それもまた、運命。 さ...

雨晴時曇 - 愛してる (2011年12月24日 09:04)

二人の願い(大切な人に伝えて欲しい言葉→大スキだよ)が叶ったことを考えれば、この結末はハッピーエンドなんでしょう。 ピングドラムとは林檎のこと。...

藍麦のああなんだかなぁ - 輪るピングドラム 24 「愛してる」 (2011年12月24日 09:25)

輪るピングドラム 24th STATION 「愛してる」 です。 『輪るピングド

一言居士!スペードのAの放埓手記 - 輪るピングドラム 第24話・最終回 感想「愛してる」 (2011年12月24日 09:26)

輪るピングドラムですが、陽鞠をめぐって冠葉と晶馬の対決となるようです。苹果も重要な役割を果たしますが、最初の方の頃と違って一番まともなキャラになりつつあり...

うたかたの日々別館 - 輪るピングドラム第24話(最終話)感想 (2011年12月24日 10:46)

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/12/post-9e6...

SERA@らくblog - 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 (2011年12月24日 10:49)

僕達の愛も、僕達の罰もみんな分け合うんだ――。 ピングドラムを巡る運命の輪の物語も終幕に…。 呪われた子供たちは やはり何者にもなれないのか? ...

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) - 輪るピングドラム第24話(最終回)『愛してる』の感想レビュー (2011年12月24日 11:19)

予想の斜め上というか、想像すらしていなかった凄いラストでした。 運命の乗り換えがそこまでの変化を暗示していたとは…なんという鳥肌生存戦略…!! 正直、A...

しろくろの日常 - 輪るピングドラム:24話感想&総括 (2011年12月24日 12:54)

輪るピングドラムの感想です。 悲しい物語だったなあ…。

無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想- - 輪るピングドラム 24TH STATION(最終回)「愛してる」 (2011年12月24日 18:19)

10年前、箱の中。飢えと乾きに苦しむ高倉晶馬は、目の前の箱の中にいる高倉冠葉と言葉を交わす。このまま眠ればもう目覚めない気がすると感じる二人。黒いテディを...

無限回廊幻想記譚 別宅 - 輪るピングドラム 24TH STATION(最終回)「愛してる」 (2011年12月24日 18:23)

10年前、箱の中。 飢えと乾きに苦しむ高倉晶馬は、目の前の箱の中にいる高倉冠葉と

無限回廊幻想記譚 別館 - 輪るピングドラム 24TH STATION(最終回)「愛してる」 (2011年12月24日 18:25)

10年前、箱の中。 飢えと乾きに苦しむ高倉晶馬は、目の前の箱の中にいる高倉冠葉と言葉を交わす。 このまま眠ればもう目覚めない気がすると感じる二人。 ...

午後に嵐。 - アニメ「輪るピングドラム」 第24(最終)話 愛してる (2011年12月24日 18:36)

輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray](2011/11/23)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る ねえ、僕達どこへ行く? アニメ「...

Dash ch ~アニメ・ゲーム・ホビー~ - 【アニメ】輪るピングドラム 第24話(終)   やっとピングドラムの正体が明らかに! いい最終回だった (2011年12月24日 19:37)

4428 名前:名無しになるもんっ♪ 投稿日:2011/12/23(金) 02:09:52 ID:??? どこの収容所だよ 4429 名前...

くまっこの部屋 - アニメ 輪るピングドラム 第24話「愛してる」(最終回) 感想 (2011年12月25日 13:42)

映像、音楽、ちりばめられたメタ表現、意味を求めてはいけないのかも知れません。考え

アニメに首ったけ - 輪るピングドラム 第24話感想 (2011年12月28日 22:36)

輪るピングドラムの最終話を見ました。 それでは感想に入ります。

日々の記録 - 輪るピングドラム #24 (2011年12月29日 14:52)

ついに「輪るピングドラム」も最終回です。最終回なんですが、このところいろいろと忙しくて流して見ていたせいか、すっかりお話に置き去りにされてしまった感じでし...

おもしろくて何が悪い ケの人集会所 - 【アニメ】輪るピングドラム 最終回 一番大切な言葉なら知っている!! (2011年12月30日 05:26)

輪るピングドラム 24話「愛してる」 の感想を 過去に呪われた、「冠葉」「昌馬」「陽毬」「りんご」の4人 とらわれ続けた運命の中で導き出した...

ゴマーズ GOMARZ - 輪るピングドラム 24TH STATION 愛してる レビュー 最終話 (2011年12月30日 05:47)

冠葉と晶馬の回想 箱の中 10年前 *僕たちは出会った。でも、もう時間は残されてなかった。  飢えと乾きが僕たちに襲いかかる… 晶馬の箱の目の前の...

EVERY LITTLE THING - 輪るピングドラム 23−24話 感想 (2011年12月30日 07:19)

圧倒的な世界観を美しい映像と音楽と言葉で紡ぎ出したすばらしい最終話だったと思います。何か根源的なものを目の当たりにして動けなくなった感じがしました。見終わ...

積みとゆとりのブログ - 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 感想 (2011年12月30日 07:59)

初めから、抽象的に終わると予想していたので、あんまりショックではなかったのですが、やっぱりよく分からなかったです 選ばれた子である冠葉は...

うつけ者アイムソーリー - 輪るピングドラム 最終話 「愛してる」 感想 (2011年12月30日 09:04)

感謝するぜ ピンドラと出会えた これまでの全てに!!!

アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - プロの仕事(アイマスとかピングドラムとか) (2011年12月30日 10:23)

【UN-GO 第11話(最終話)】爆破事件の完結編。事件の犯人はともかく、別天王を手に入れていたのが、あの刑事さんだったのは意外でしたね。つか、この世界の...

蒼碧白闇 - 「輪るピングドラム」 24話 愛してる (2011年12月30日 11:04)

こういう終わりになったかぁ。冠葉と晶馬が最後に来てなんだか「魔法少女まどか☆マギカ」のまどかのような印象になってしまったけど(特にこれまで何も出来なかった...

MBlog(エムブログ) - 「輪るピングドラム」#24 最終話 (2011年12月30日 13:44)

 こんなラスト納得行くかよッ!!せいぞぉぉぉんせんりゃくぅぅぅぅぅぅ!!!(>_

薔薇色のつぶやき  別館 - 輪るピングドラム 第24話 (最終話)「愛してる」そしてしつこい感想 (2011年12月30日 22:10)

では 最終話のしつこい感想いきます。 まずは  ざっくり感想から どうぞ。。檻の中で 餓死寸前の冠葉と晶馬。 今度眠ったら 目覚めないかもしれないと・...

miaou de chat - 「輪るピングドラム」Penguin-WAVE (2011年12月30日 23:31)

「輪るピングドラム」最終話。CMの眞悧の「欲しい?ふふ。だよねぇ」にはシビれた。

リバー オブ チェリー - 輪るピングドラム#24「愛してる」MSA方式感想 (2011年12月30日 23:49)

この記事はMSA方式の感想記事です。基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします...

翠の匣 - 2011年12月終了アニメ感想(5)「輪るピングドラム」 (2012年1月 1日 20:35)

輪るピングドラム 4(期間限定版) [Blu-ray]幾原邦彦 キングレコード 2012-01-25売り上げランキング : 103Amaz...

失われた何か - 「輪るピングドラム」の最終回をセーラームーンR劇場版、セーラームーンS、少女革命ウテナを交えながら振り返る。 (2012年1月 2日 07:37)

  全ては「愛してる」。この為にあった! ついに「輪るピングドラム」最終回。 今回の記事は最後の冠葉と晶馬の描写について セーラームーンR...

かめラスカルのアニメ&趣味の戯言 - 輪るピングドラム 第24話(最終回)迄 感想 (2012年1月 2日 09:42)

かんちゃん、これがピングドラムだよ!! 壮絶!!まさに壮絶と言って良いと思...

ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記 - 輪るピングドラム 第24話 (最終話) 「愛してる」 感想 (2012年1月 3日 23:56)

愛してる、愛してるよ、愛してるわ。 ビートルズの曲に 「All You Need Is Love」 という曲がありますが、 作品終了後にこのタ...

にきログ - 輪るピングドラム  全24話 (2012年1月 8日 02:20)

さて、遅くなりましたが見終わっていた作品ですので感想です 私自身はセーラームーンを見ていた世代ですし (一番記憶にあるのはSやSsだと思いますw) ...

コメント(13)

>実は意味なんて無い

多分全てに意味があります。
最後の二話だけでもわかるのなら全部そんな感じでしょう。
この話の意味は多分ピングドラムを手に入れてしまった人にしかわからないと思います。
もうどこにも行けない、もう終わってしまった、人としての伸びしろのない、人としての臨界を超えてしまったものにしかわかりません。

こいさんにもいつかは分かることだと思います。
ピングドラムを手に入れた時。
自分の前で別の列車に乗り換えていく人間を見た時。
その未来へとつながる列車を見送るしかできないことを知った時に。

そして、それを知るものにとっては「何をいまさら」な話。
でも、まだ運命の列車に乗っているものにとっては「何をいってるの」な話。
それがこの作品だと思います。
この作品の価値は、いずれわかると思います。
次の運命の列車に乗れない。
その時にこの作品を思い出せたのなら。

こういう意味だったのかという気づきとそしてなぜ忘れていたんだろうという後悔と共に。

多分そういう作品です

遂に終わってしまった。
何故、冠葉と晶馬は箱詰めされているのか分からない。
陽毬曰く「ねえ、生きるってことは罰なんだね。~靴を揃えろとか、夕飯の時は家族一緒」だとかが罰だって?
そんなことが罰だなんて…

最大の疑問は晶馬が言っていた「これは僕達の罰だから」
一体、「罰」とは何のこと?
最期はタブキと時籠ゆりとマリオが登場しこれまた意味不明な会話をしている。
今回のクライマックス・シーンは林檎が運命の乗り換えを実行するシーン。
ただ「運命の果実を一緒に食べよう」と唱えるだけで運命を変えられるという単純なもの。
日記を巡って“三つ巴の闘いを繰り広げた意味は何だったのか”?

ただ良かったのは傷だらけのぬいぐるみからメッセージの紙が現れ陽毬が「あれ? 変だな? なぜ私泣いているの?」というシーン。ここは本当に良かった。
そしてラストシーンを流れる感涙的な美しいBGM。

とまあ、以上が今回の率直な感想です。
正直これまで放送を省みて多くの不満があります。
・マリオって一体何だったの?
・時籠ゆりの体の秘密が分からない。
・子供ブロイラーの説明は?
・第4話で阿佐美がエスカレーターで突き落とされた時、日記が映しだされ、そして「午後9時、赤坂見附駅、エスカレーター、赤い靴の女の子。今日はこれでお終い、ディスティニー」と話しかけ判を押す。
てっきりリンゴには裏の顔があると思っていたのに説明なし。
・第17話で「このままピンクドラムを放置すればお前たち家族の誰かが罰を受けるだろう」って言っていたのに今回の説明では
『りんご=ピングドラム=自己犠牲と救済による報酬』
ってことになっていますね。
結局、この作品は徹底した抽象的表現を多用しており自由勝手に解釈してくれってことみたい。
プリンセスの正体も何やら桃果なんだか、陽毬の分身なんだか、人智を超越した超意識体なのか、自由勝手に解釈しろでしょう。
残念です。
すっごーく期待していたのに。

結局エヴァや20世紀少年で成功した“謎を作って視聴者の気を引き続ける。”
“疑問を与えれば与えるほど喜ぶ”なのかもしれませんね。

誰かが言ってたんですが、この作品は

「愛の話なんだよ。どうしてわからないかな〜」

……の一言で要約できるらしいです。最初の少年たちの会話が本質そのものだったというのが、まあ、演出に沿った解釈じゃないかと思います。ショウマとカンバも言ってたしね

ワロタ。
いろいろ感想を見て回ったのですが
このブログ様の感想が一番得心が行きました。
核心を突きすぎです。
おそらく100%正しいです。

しかしそれは言わぬが仏ですw

理解出来た人はみんな作品にはまって好きになるはずで、好きじゃなかったり特に高い評価をしない人は理解出来てないからだ……
この手の作品というか、抽象的な演出を過剰連発する手法の作品はそういうファンが多く、エヴァの頃からちょっとしんどい
理解出来ても好きになるかどうかは全く別の話だし、よく分からなくても好きな人だっているわけで

自分はこの手の演出は特に優れてるとも思わないし古臭いとも感じてるけど、この作品自体はまあまあ好きだった

基本的な事として、ピンドラ世界の日本はどういう状態なのかってのが知りたかったですね。
独裁統制国家なら反政府活動も止むなしと思えるのですが。

週刊連載のコツとして「オチはどうでもいいが、毎週山場を作る」
とどっかの漫画家が言ってたと思います。
ある意味これを忠実に実行したアニメだったんじゃないかと思いました。

愛の話というのは分かるんですが、それ以外に分からないことが多すぎました。
あと「君のためなら死ねる」って概念は現代に合わないかなーって思いました。
残された方は気持ちの整理が付かないですからね。
幸いと言うか記憶は無くなってましたが。

週刊少年ジャンプのバトル漫画が毎週山場なのと同じです。
でも引きこむだけの力はあったということですね。

アニメの大筋というのは見てるだけで大多数の人が分かるように作るのが普通だと思います。
余談とか裏話があるのは良いですが、ほぼ全てが謎だらけというのはどうかと。
アニメで哲学とか頭脳勝負したがる人はあまり多くないと思いますんで。

第4話で阿佐美がエスカレーターで突き落とされた時.......
てっきりリンゴには裏の顔があると思っていたのに説明なし。

ということですが、あの時、赤坂見附で阿佐美を突き落としたのは
リンゴではなく真砂子なので、リンゴには一時期ストーカーだったと
いう事以外に裏の顔はないと思います

ああ良かった、この作品を批評しているブログ様が他にもいてw
「分からない」というのも、立派な感想の一つですよね。

個人的には、前半の晶馬くんと苹果ちゃんのラブコメ展開をずっと続けて欲しかったです。あそこらへんは純粋に楽しめたんですけどね…。

結論:訳わからない。
だと「見てないのに感想書いてるんじゃなかろうか」
そう思われそうで心配でした。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net