ラストエグザイル―銀翼のファム― 第06話 『Over step』

| コメント(2) | トラックバック(10)

ファムの船泥棒は順調に進んでいるみたいです。
いつのまにか約束の半分はかっぱらい済。
次なる獲物は闇レースの元締めをやっている貴族の戦艦。
飛び入り参加して勝ったら戦艦くれ。
という突拍子も無い申し出をします。

一方貴族である女性男爵はミリアを要求。
ファム勝ったな。
負けると「話が終わってしまう」賭けなんて、主人公が勝つに決まっています。 

相手がグランレースのファイナリストだった凄腕パイロットだったとしても関係ありません。
本来なら暴走族がプロのバイクレーサーに挑むようなもの。
ちょっとやそっとの工夫で勝てるわけありませんが、勝つのは既定路線ですよね。
そしてその通りファム勝ちました。

アリスティアの助言は何だったのか。
レース前にアリスがジゼに助言してます。
ナビとして超有能な割に大人しすぎる彼女に対し、時にはパイロットに対しイニシアチブを取るのも重要と。
これがレースの伏線になるかと思ったんです。
レース運びが全然うまく行かなくて、ファムがテンパってしまう。
そこでジゼが一喝して的確な指示を出して勝たせるとか。

すぐ活用される伏線じゃなかったのかもしれません。
しかし彼女主導なら凄腕パイロットに勝つというのも説得力がありそうだったんですが。

ラストエグザイル―銀翼のファム― [Blu-ray]

亡命政権はそれなりに有名な様で。
シルヴィウスの一画に作ったトゥラン王国正統政府。
この話は闇レース場でもアデス連邦でも瞬く間に広まっていた。
ミリアの周知活動(=ビラ配り)は効果があった様です。

でも本当に再興できるの?
歴史を多少かじった人なら知ってると思いますが、亡命政権が最終的に国家を再興するなんて殆ど無理。
特に専制国家は一度潰れたらまず蘇らない。
結局王と重臣の最後のあがきなんです。
専制国家というのものは国王と重臣のための国で、民衆は二の次だから。 

ミリアとファムは鼻息が荒いけど。
万が一にも国を再興するには最低でもトゥランの民衆がそれを望まなければ意味が無い。
民はきっと望んでいるはず!
なんてミリアが言ったとしても、勝手な思い込みでしか無いんですよね。

彼女の行動が支持を得るには、滅亡したトゥランの民衆の描写が絶対に必要だと思うんです。
例えばひもじい暮らしを強いられているとか、ミリア健在に歓呼の声を上げるとか。
じゃないと独りよがりの誰得王国でしかありません。
亡命政権という土台無理な話の上に、民衆の反応が不明という状況がどうにも説得力に欠けるんです。

闇レースの支配人である女性男爵やその取り巻きたちも、亡国の王族や貴族の成れの果て。
負けた後にそれなりの地位を手に入れ、安穏とした暮らしに甘んじている。
これにミリアは我慢ならない訳ですが、彼女たちの選択は悪いものじゃないと思います。
無駄に民衆を絶望的な戦いに巻き込まなかった訳ですから。 

全てがごっこ遊びなのか。
ミリアの亡命政権やファムのヴァンシップ乗りの腕を見ると、子どもの発想という領域を出ていない気がします。
そこらへんが払拭されないと前作のキャラが出てくるのが楽しみ、というだけのアニメになってしまいそう。

実際もっとタチアナが出ないか、クラウスがひょっこり顔を出すのではという期待の方が大きいです。
ディーオ出発にあたりタチアナがアナトレーの皆に宜しくと言ったシーンは物凄く嬉しかった。

ルスキニアの貴族大虐殺。
一方でアデス連邦の方は中々見応えがありました。
ホントとウソを混ぜて悪役に仕立てた貴族を一掃。
私服を肥やしたのは事実なんでしょう。
他方でトゥランに手を貸したのは真っ赤な濡れ衣。
全てはルスキニアが権力を握り、何かを為すための布石でしょうね。

単にアデスのもとに地球を統一したいのか、或いはその先の目標があるのか。
現状トゥラン亡命政権よりもこちらの推移が気になりますね、というところで次回です。 

第一話は気に入ってたのですが。
回を追うごとに脚本も演出も右肩下がりという感じがします。
特にファムやミリアのキャラクターに魅力が足りない。
未熟で欠点も多いのに何故か上手く行ってしまう。
そんなご都合描写が多すぎるからだと思います。

ラストエグザイル―銀翼のファム―小説&漫画

次回はラストエグザイル―銀翼のファム― 第07話 『Weak square』です。

公式サイトウィキペディア

新しい記事: WORKING'!! 第08話 『嗚呼、妹よ』

古い記事: 輪るピングドラム 第19話 『私の運命の人』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(10)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1438

のらりんすけっち - ラストエグザイル−銀翼のファム− 第6話「Over step」 (2011年11月21日 04:37)

次のお船ゲットだよ! ターゲットにレースを仕掛けるファムちゃん。 相変わらずいきあたりばったり^^; なんと敵さん、グランレースファイナリストを隠し...

動画共有アニメニュース - ラストエグザイル−銀翼のファム−  〜 第6話 Over step (2011年11月21日 05:11)

ラストエグザイル−銀翼のファム−  〜 第6話 Over step 「アナトレー」と「デュシス」の2国が戦争を行い、それを超技術組織『ギルド』が調停...

日刊アニログ - ラストエグザイル-銀翼のファム- 第6話「Over Step」 感想 (2011年11月21日 07:30)

みんながもっと豊かで幸せな生活を送れるように 周辺国が続々と連邦の軍門に下る中でファム達はトゥラン亡命政権樹立を喧伝。 更に戦艦を入手するために歓...

インチョーのなんとなくブログ風 〜もしくはネットの海で瓶詰地獄〜 - ラストエグザイル―銀翼のファム―#06 (2011年11月21日 13:45)

第6話 『Over step』 ――チョイ拾い!!

Specium Blog - ラストエグザイル-銀翼のファム- 第6話 11/19 あらすじと感想 (2011年11月21日 15:46)

 賭けレース。  冒頭は、アデス連邦のアウグスタが母の肖像を見つめるシーン。  場面代わって、次々とアデス艦をしとめていたらしいファムちゃん。...

アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - どんだけ大スターなんだよ!(アイマスとかピングドラムとか) (2011年11月22日 05:06)

【UN-GO 第6話】麟六さんの不倫疑惑…と思いきや、実は麟六さん良い人!という話。最近流行りの寝取られ系か!?…と身構えていたのですが、フツーにハッピー...

ゴマーズ GOMARZ - ラストエグザイル-銀翼のファム- #06 Over step  レビュー (2011年11月22日 13:03)

母である前皇帝ファラフナーズの巨大な肖像画の前に立つサーラ。 ヴァサントはいかにファラフナーズが偉大であっかをサーラに教える… というアバン、それにし...

つぶかぼアニメ感激ノート - ラストエグザイル−銀翼のファム− 6話感想 (2011年11月24日 21:20)

サブタイトル「Over step」 前アウグスタ・ファラフナーズの肖像を見上げるサーラ。慈愛に満ちてまるで女神のようだったと前皇帝の思い出を語るヴァ...

MBlog(エムブログ) - 「ラストエグザイル-銀翼のファム-」#6 (2011年11月25日 00:35)

 アウグスタはミネバ様よりかわゆいんじゃまいか!?(*´Д`*)ハァハァ ミリア様のトゥランもいいけど、アウグスタがいるアデス連邦も捨て難いッ!! こ...

ぺろぺろキャンディー - ◎ラストエグザイル-銀翼のファム-#06「Overstep」 (2012年4月 5日 21:02)

サーラ姫がヴァサントと話す。ファムが、トゥラン亡命政権樹立宣言のチラシをばらまく。戦艦が沢山集まってきてた。アリスティアさんは、ジゼに無鉄砲なパイロットを...

コメント(2)

ルスキニアは他の人達と違って土地を取り戻すというよりも帰還民を討伐することが目的のように思いました。歴史的なものなのか個人的なものはわかりませんが帰還民に凄く恨みを持ってるように思いました。
ミリアのビラ配りがあんなことに利用されるなんて皮肉です。

トゥランも元居た住人を追い払って国作ったらしいですし、
帰還民は帰ってくるな、という風潮なのかもしれませんね。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net