灼眼のシャナIII 第04話 『再会と、邂逅と』

| コメント(4) | トラックバック(9)

遂に対決の時。
前回は回想シーンで終わってしまいましたが、今回は期待です。
てっきりシャナとタイマン勝負かと思ったら、ヴィルヘルミナとマージョリーも来ましたね。
シャナ達は当初敵が悠二に化けている、或いは洗脳なり精神乗っ取りされていることを考えていました。
声がコロコロ変わりますから確かにそう見えますね。
悠二の目的はシャナを連れて行く事らしいのですが、
正直説明が下手。
言っても納得しないというより「何言ってるんだか分かんない」で戦闘に突入した感じがしますね。

まず坂井悠二と祭礼の蛇が融合していること。
これは両者の目的が一致したからであること。
坂井悠二の目的が人間、紅世の徒、フレイムヘイズの有り様を変えたいこと。
その為にシャナに一緒に来てもらう必要があること。 

少なくともここらへんは名言しないと、シャナも納得しないでしょう。
余は祭礼の蛇だ。
シャナ、一緒に来て。 
こんだけで理解しろってのが無理。 
増して血の気の多いフレイムヘイズを説得できそうもありません。 

[特典イラストブック付] 灼眼のシャナIII-FINAL- 第I巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray] 

マージョリー発狂。
まずはおじゃま虫を排除、とヴィルヘルミナとマージョリーを足止め。
そしてマージョリーに「銀」の正体を打ち明ける悠二。

銀はマージョリーの全てを奪った仇敵、彼女がフレイムヘイズになる切っ掛けだった紅世の徒・・・じゃなかった。
目の前の人間の意図を汲んで動く怨念集合体。
つまり鎧カブト着たファンネル。
銀がマージョリーの家族?を殺戮したのはマージョリーの意思だった。

人間だった頃の彼女、どこぞの王か何か知りませんが周囲から頼られまくっている現状にウンザリしていた。
どいつもこいつもくたばってしまえ!!
たまたま現れた銀はこれを忠実に実行しただけ。

仇なんて居なかった、むしろ自分自身だったと知ったマージョリーは絶叫と共に発狂。
フレイムヘイズになった切っ掛けそして目標が全否定されちゃって拠り所が無くなったからですね。
これでマージョリーは戦力外となり、ヴィルヘルミナもフォローに手一杯になりました。

VSシャナの装備は万全。
狩人フリアグネから奪った指輪「アズュール」。
愛染の兄妹ソラト&ティリエルから奪った剣「吸血鬼(ブルートザオガー)」。
悠二の装備は炎と贄殿遮那を武器にするシャナを相手にするのに最適な装備ですね。
序盤で手に入れた宝具がここでちゃんと生きてくるのは見事です。 

加えてシャナの戦い方を一番知っているのがその悠二だけにやりにくい。
炎を封じられ、剣でも互角。
プラス悠二の長い髪による攻撃や相手が悠二であることに躊躇いを見せるシャナ。
まあ勝負あったという事ですね。 

倒したシャナを連れて去っていく悠二。
玻璃壇の回収で吉田や田中とも再会。
これが悠二だって一発で分かる二人も凄い。
かなり風体が違うんですがね。
シャナは連れてく、吉田は置いていく。
やっぱり吉田はフラれたという感じがしつつ次回です。

引っ張るなあ。
序盤で全部話すとその後の展開がつまらなくなる。
それは分かりますが悠二の説明不十分っぷりが気になりましたね。
シャナが聞く耳持たない演出をもう少し強くすれば自然に見えたのですが。
あとは目的が一致して祭礼の蛇と同化したとは言え、どこかで亀裂が出来るんじゃないのか。
そして仮面舞踏会(バル・マスケ)の連中を最後まで御し得るのかが気になりますね。

灼眼のシャナ〈22〉 (電撃文庫)

次回は灼眼のシャナIII 第05話 『囚われのフレイムヘイズ』です。 

公式サイトウィキペディア

新しい記事: Persona4 the ANIMATION 第04話 『Somehere not here』

古い記事: ▼記事▼:『僕は友達が少ない』第四話で省略されたシーンとか比較とか。

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(9)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1365

日刊アニログ - 灼眼のシャナIII -FINAL- 第4話「再会と、邂逅と」 感想 (2011年10月29日 10:29)

悠二、私はあなたを討滅する! 祭礼の蛇として名乗りを挙げた悠二と交戦に入るシャナ達。 戦闘の最中で銀の正体について聞かされたマージョリーは戦闘不能...

藍麦のああなんだかなぁ - 灼眼のシャナⅢ-Final- 第4話 「再会と邂逅と」 (2011年10月29日 16:01)

灼眼のシャナⅢ-Final- 第4話 「再会と邂逅と」です。 いよいよ始まりまし

地図曹長の時酷表 - 灼眼のシャナ? 第4話 マージョリーの表情が強烈すぎるぞ・・・。 (2011年10月29日 16:44)

強くなり過ぎだろ…坂井悠二よw

ゲーム漬け - 灼眼のシャナIII -FINAL- 第4話 再会と、邂逅と (2011年10月29日 17:58)

シャナ達と対峙し、[仮装舞踏会]盟主“祭礼の蛇”の素性が明らかに。 その正体はシャナの契約する『審判』と『断罪』の権能を司る天罰神・“天壌の劫火”アラス...

まぐ風呂 - 灼眼のシャナIII 第04話 (2011年10月29日 21:37)

関連リンクhttp://www.shakugan.com/第4話 再会と、邂逅と前回完全に総集編だったけど今回はまともなんだろうかwとうとう悠二と再会した...

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) - 灼眼のシャナⅢ第4話(10.28) (2011年10月31日 08:00)

「悠二、私はあなたを討滅する。」 「シャナ、君と歩くことをずっと夢見てきた。 君の望んだとおり、僕は強くなった。 だから今、君と歩き、君を守るための戦いを...

日々前進 - 灼眼のシャナ III(Final)第4話 「再会と、邂逅と」 (2011年11月 3日 03:12)

くぎゅううううううううううううううううううううううううう!!!!!!! 遂に覚醒した祭礼の蛇・坂井悠二と相対する炎髪灼眼の討ち手、シャナ! シャナ...

きんかん 〜最近みたアニメについての感想とか〜 - 灼眼のシャナIII(Final) 第4話 「再会と、邂逅と」 を観て (2011年11月 4日 19:39)

 再会を果たした悠二とシャナ。だけど、「何者だ」アラストールもヴィルヘルミナもマージョリーも悠二とは信じてない。「余」と言う彼に、アラストールは心当たりを...

バカとヲタクと妄想獣 - 灼眼のシャナIII 第04話 「再会と、邂逅と」 (2011年11月 9日 18:18)

4話面白かったです。 3話は必要な回ではあったとはいえ 原作既読の自分でも退屈だったので4話である程度動いてよかった。 戦闘シーンがたいしたこと...

コメント(4)

原作よりも台詞が削られているというのもありますが、そもそも悠二はシャナを説得する気はありません。
フレイムヘイズの使命に一途なシャナならば、どんな理由があろうと「世界の在りよう」を乱す自分は討滅の対象であり、絶体に自身の信念を曲げることはないと確信していたからです。

なので、彼は最初から戦って無理矢理連れて行く気でいました。
今回の彼の言葉は説得ではなく、自分の意志の表明、誓いですね。

アニメでも「シャナ、君は絶体に屈しないんだろうね。だからこうして戦うしか互いの間に道はない」とそれを表す台詞が残されていました。

が、原作にはこれに加えて、シャナの「悠二、私はあなたを討滅する」という言葉の後に、「うん、分かってたよ」という台詞があります。
アニメではシャナの台詞はあったものの、「うん、分かってたよ」はなぜかカットされていましたね。

>そもそも悠二はシャナを説得する気はありません。
軍団を引き連れずにトップ自ら一人で着た。
しかも旧知の仲となれば普通話し合いに来たと思います。


僕には目的がある、そしてシャナが必要だから連れて行く。
言っても納得しないだろうから話し合いは無しだ。
目的自体は最後まで明かさなくても全然構わないんですが、
現時点で悠二が何をしようとしてるのかは視聴者に分かるようにして欲しかったです。

原作では地の文に書いてあることを、スタッフはアニメで全く表現しようとしないので非常に不親切な作りになっていますね。

それ以前に、「うん、分かってたよ」という台詞を削ったせいで余計に分かりにくくしていますね。
これはなぜ削ったのか全く理解不能です。

シャナのアニメは1期の時から原作の良さを全く引き出せておらず、著しく出来が悪いうえに、訳の分からない改悪を多々行うので原作既読者としては半ば諦めていますが、せめて原作未読の視聴者に少しでも分かりやすくさせようという気持ちを見せてほしいですね。

原作からの端折りはアニメの常ですが、一期からけっこうヤバかったんですね。
それでファイナルまでこぎつけたのはある意味すごいのかも知れません。
普通にラノベ全22巻なら4期ぐらいのボリュームはありますしね。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net