ダンタリアンの書架 第06話 『焚書官』

| コメント(6) | トラックバック(14)

dan-6-200.jpg

わりと丁寧に作られるんだな。
そう感じたのは、今回ヒューイとダリアンが全く出てこなかったからです。
原作は読んでいないけれど、このアニメかなり忠実に作られているんじゃないですかね。
サブキャラだけで構成される話というのはアニメだと改変されがち。
無理やり主人公やヒロインに出番を作って押しこむ。
或いはヒロインを前倒ししようとして序盤のストーリーを駆け足で無駄に消化する。
そういう残念な傾向がままあります。

焚書官ハルとフラン。
幻書を乱用する人物に対処する役みたいです。
そしてフランの胸には鍵穴。
ダリアンの同類なのか。
しかも成り行きでダリアンとコンビ組んでいるヒューイと違ってプロっぽいです。
焚書官と名乗っていますが公的な職業なのか、単に自称しているのかは不明です。 

この町を訪れたよそ者が次々と行方不明になっている為に調べに来たんだとか。
経緯を考えるとやはり公的な職業なのかもしれませんね。 

そして夜にひとりで捜索をしていたハルは娼婦に化けた人形に襲われる。
これを日本の武術「バリツ」で返り討ち。
コナン・ドイルが創作した、日本人が聞いたことの無い謎の武術ですね。
このアニメにおけるバリツは合気道っぽいですね。

dan-6-1298.jpg

犯人は何となく分かりました。
戦争で爆撃を受け、少ない人口が更に激減した田舎町。
メイベルはある人物から幻書を貰い、死者を人形で代用させることで町を復活させた。
生き残った町の住人の合意の上、町公認というのが凄いですね。

町外れの工場では人形が人形を作るフル生産体制が確立していた。
これ凄くないですか。
人形に色んなモノを作ってもらえば町が大いに潤いそうです。
町の人働かなくても食えそう。
住人にとっても、死んだ家族や友人が人形とは言え帰ってくるといううれしい話。
実際良い事ずくめに見えましたが、当然うまい話には裏がありました。

辻褄が合わなくなると襲いかかる。
そうやってよそ者を闇に葬っていたと。
メイベルはそんな事知らなかったらしいですが、知っても改めるつもりはなさそうです。
妹がハル達を歓迎しなかったのも、前に泊めたよそ者がことごとく帰ってこなかったから。
彼女なりに身を案じて出た言葉だったんですね。

いよいよ待ちかねたバトル開始ですが、やはり本を取り出して読みだすんだろうか。
そう思ったら杖にセットして攻撃。
ヒューイのやり方は効率が悪かったんですね。
幻書のプロじゃないから仕方ないですが。
こうして幻書を処理した上、メイベルの記憶を消してハル達は去っていった。というところで次回です。 

dan-6-710.jpg

読姫がいっぱい。
ダリアン以外にも幻書をストックする存在が明らかとなりました。
更に言うと、メイベルに幻書を渡した別の幻書持ちが居るみたいです。
ヒューイ、ハル、そしていま一人。三者の絡みが今後のストーリーの要になっていくんでしょうか。

あとフランの格好や声を聞いて、「コードギアス~反逆のルルーシュ~」を思い出したのは自分だけじゃないはず。
カレンがC.C.みたいな格好してる。
銀髪なのでヒューイが昔会った人物がこいつかと思いました。 

次回はダンタリアンの書架 第07話 『調香師』です。 

公式サイト / ウィキペディア

新しい記事: 輪るピングドラム 第06話 『Mでつながる私とあなた』

古い記事: バカとテストと召喚獣にっ! 第07話 『僕とのぞきと遙かなる桃源郷っ!』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(14)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1096

SERA@らくblog - ダンタリアンの書架 第6話 「焚書官」 (2011年8月20日 14:30)

主役交代!?(違)  焚書官のハルと銀の読姫フランのコンビ登場。 キャラが立ってる分 ヒューイより ハルの方が主人公向きですね。 バリツ使い(笑)な...

Specium Blog - ダンタリアンの書架 第6話 8/20 あらすじと感想 #dantalian (2011年8月20日 14:41)

 新キャラ登場。  とある町を訪れた二人は、女性警官メイベルに呼びとめられる。二人は焚書官ハル・カムホートとフランベルジュと名乗る。ハル氏が乗ってい...

第6話 『焚書官』 ――チョイ拾い!!

★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★ - ダンタリアンの書架  第6話 「焚書官」 (2011年8月20日 19:50)

ダンタリアンの書架  第6話 「焚書官」     『俺はハル・カムホート。コイツはフラン。フ...

ひえんきゃく - ダンタリアンの書架 第6話 「焚書官」 感想 (2011年8月20日 20:27)

今回は「焚書官」ハルと「銀の読姫」フランのコンビの話なので、 ヒューイ&ダリアンの出番は無かったですが、こちらの二人の 話の方が、アニメでは面...

午後に嵐。 - アニメ「ダンタリアンの書架」 第6話 焚書官 (2011年8月21日 02:17)

ダンタリアンの書架4 (角川スニーカー文庫)(2010/01/01)三雲 岳斗商品詳細を見る 壊れた読姫。我は問う、汝は人なりや? 「ダンタリアンの書...

一言居士!スペードのAの放埓手記 - ダンタリアンの書架 第6話 感想「焚書官」 (2011年8月21日 09:16)

ダンタリアンの書架ですが、ソバカス婦警と灰色の街に迷い込みます。この街は旅人がたくさん失踪していることでも有名ですが、婦警は街の人気者で「うちのドアのたて...

√Fの俯瞰者席 - ダンタリアンの書架 第6話 「焚書官」 感想 キャラだけでなくストーリーも良くなった (2011年8月21日 15:58)

ダンタリアンの書架の感想に参りましょう、 このダンタリアンの書架、1話〜2話までは ダリアン可愛い!でもバトルシーン長いしヒューイ必要なさすぎるわ...

WONDER TIME - ダンタリアンの書架 #6 第7話 「焚書官」 (2011年8月21日 21:57)

「幻書と幻書に関わった者全てを滅ぼすのが 私の役目だ」 焚書官ハルと 読姫フラン  大量に失踪者が出ている町の真実――    【第7話 あらす...

★アニメ三昧★ - ダンタリアンの書架  第6話 「焚書官」 (2011年8月21日 23:57)

ダンタリアンの書架  第6話 「焚書官」 『俺はハル・カムホート。コイツはフラン。フランベルジュだ』怪しい よそ者男女に 職質した、この街...

空夢ノート+ - アニメ『ダンタリアンの書架』 の感想/第7話『焚書官』 (2011年8月22日 02:02)

ダンタリアンの書架 BD 第2巻 [Blu-ray]posted with amazlet at 11.08.20角川書店 (2011-10-28)売...

アニメとゲームと情報局! - ダンタリアンの書架 第6話 「焚書官」 感想 (2011年8月22日 03:14)

「ダンタリアンの書架」  ダンタリアンの書架 第6話 「焚書官」 の感想記事です。   今週から新展開! ダリアン・ヒュー、共に出番ナシでした...

ゲーム漬け - ダンタリアンの書架 第7話 焚書官 (2011年8月22日 22:58)

とある街に人捜しにやって来たと言う、ハル・カムホートとフランベルジュの2人組。 そんないかにも怪しい2人組に声をかけるメイベル・ナッシュという若い女性警...

ぺろぺろキャンディー - ◎ダンタリアンの書架第七話「焚書官」 (2011年12月 6日 21:44)

バイクにのった、ハルとフランベルジュが登場。ハル声-加藤将之:フラン声-小清水亜美:ナージャの声の人メイベルラッシュ、女性警官に止められる。通報があったの...

コメント(6)

神話関連はゴチャゴチャになるから触れないとして・・・
道教の術ならキョンシーじゃない?、と言いたくなりました。

妹ちゃん大人びていると言うか達観しているというか・・・
姉よりも精神的には上なような?

妹さんはそのうち町を出て行きそうに見えました。
かなり前向きな娘みたいなので。
でもメイベルの記憶が戦争中から全部すっ飛んでしまったとしたら、
そんな姉を放っておくのは無理でしょうか。


道教と式神は無関係じゃないと思いますが、
おフダと式神は違うだろうと思いました。
そもそも東洋で人形使った魔術なんかあったかなと。
おフダはキョンシー(死体)用ですし、式神は紙だけのイメージが強いので。

>そもそも東洋で人形使った魔術なんかあったかなと。

普通にありますよ。丑の刻参りも一応人形使いますし。
日本で人形を使う術と言うと・・形代が結構知られているかと。
主に依り代として使ったり自身にかけられる呪い等を肩代わりさせる為の術です。
ぶっちゃけ雛人形や五月人形の元ですね。

藁人形や紙人形じゃなくてお菊人形みたいなのを操るイメージが無いという話です。
依り代は確かにそうですね。
人形が呪術に使われている例もありました。

そちらの人形でしたか・・。
まあ確かにそれらの人形は術で操るより、市松人形やからくり人形みたいに粗末にされた怨念や自我に目覚めた等の理由で人を襲いそれを倒す、の方が一般的な気がしますね。

まあ元は東洋魔術で上手く西洋の道具にアレンジした可能性もありますね。
しかしバリツを出してくるとは思わなかったです。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net