異国迷路のクロワーゼ 第04.5話 『音楽会』※TV未放送分に付き閲覧注意

| コメント(6) | トラックバック(5)

※注意※
こちらはShowTimeで有料配信のTV未放映・BD/DVD第三巻収録の第4.5話になります。
BD/DVDを購入して楽しみたい方は閲覧なさらぬ様ご注意ください。 

yune-4b-489.jpg

日本の歌を演奏する、ジプシーの少女。
OPからドラマ進行中。ちょっと演出が違いますね。
祖父が音楽家で長崎に滞在、そこで歌を覚えたのだとか。
芸術家の孫娘で外国へ旅行する程余裕があったのに何で弾き語りなんかやってるんだろう。
身なりも上品であまりジプシーっぽくない少女です。 

湯音リサイタル。
彼女は曲は知ってますが、歌詞は知らない。
少女の噂を聞きつけた「自称日本通」アリスが二人を引き合わせてくれました。
因みに礼儀としてクロードも招待されたのですが、当然断っています。

単に曲を聞くだけと思った湯音は歌ってくれと言われて面食らいます。
一方でアンヌの祖父は日本それも長崎に居たと知り、湯音にしてはえらい早く打ち解けている。

そしてアリスとカミーユが見守る中、日本の歌と演奏が始まりました。
盛り上げるのはアリスの木魚とカミーユの拍子木。
カラオケで言うタンバリンやマラカスの代わりでしょうか。
どっちも音楽関係ない。
アリスの知識はかなり怪しいのがよく分かりました。

異国迷路 第4.5話-1309.jpg

結ばれぬ二人。
アンヌの祖父は日本人女性と子供をもうけましたが、結婚は許されなかった。
そんな彼が別れ際に送った歌を湯音が知っていた。
どうやらアンヌの祖母から湯音の姉を経由して伝わったものみたいです。
そんな二人がパリで出会う。まさに奇縁というしかありませんね。
再会を約束し、日本の「指切り」を交わしてアンヌはまた次の土地へと去っていったところで次回です。

キャラソンではないので。
歌うシーンは多かったですが、童謡が中心なのであまり不快ではありませんでした。
まあそれでも後半はちょっとダレそうになりました。
そうならなかったのはカミーユの存在です。

そんなに好きなら、連れて帰ればよかったのに。

アンヌの祖父が女性を置いて去っていったのにえらくおかんむりです。
普段の扇子持ってニコニコしている彼女からは想像もつかない険しい表情。
更に彼女の回想が流れてビックリ。

幼少の彼女には一緒に遊ぶ友達が居た。
しかし身分の差か家のものに遠ざけられてしまう。
その相手がどう見てもクロード。
この二人小さい頃会っていたのか。

異国迷路-第4.5話-1090b.jpg

超重要な伏線じゃないのか。
TV未放送話ということで、本筋に関係のない余話を流すと思ってました。
ロミオとジュリエットみたいなクロードとカミーユの関係。 
怒ったのはクロードが自分を連れ出してくれなかった、そのまま自然消滅した関係になぞらえたからか。

これ見ない人ずっと分からないまま進むんでしょうか。
湯音もアンヌの件もこれで吹っ飛んでしまいました。
仮にクロードがアリスの招待を受けていたら、二人は再会出来た。
そう考えると断ったのは勿体無かったですね。

次回は異国迷路のクロワーゼ 第05話 『迷子』です。 

公式サイトウィキペディア

新しい記事: ▼記事▼:『異国迷路のクロワーゼ』TV未放送第4.5話視聴後に明細チェック

古い記事: 輪るピングドラム 第04話 『舞い落ちる姫君』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(5)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1035

日刊アニログ - 異国迷路のクロワーゼ 第04.5話「音楽会 - Recital」 感想 (2011年7月30日 09:23)

それぞれの人が過去に思いを馳せる ギャルリ内から日本の音楽が聞こえてきたのに気づいた湯音。 しかしクロードは関わり合いになってはいけないと忠告する...

ゲーム漬け - 異国迷路のクロワーゼ 第4.5話 音楽会 Recital (2011年7月31日 10:07)

TV未放送で、DVD&Blu-rayの第3巻収録予定の第4.5話がShowTimeで本日7月29日から8月1日の12:00までの期間限定で配信が開始されま...

☆*Rolling Star*☆ 〜純粋に、純真に〜 - 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第4.5話 「音楽会 "Récital"」 感想 (2011年8月 1日 12:05)

リサイタルってフランス語だったんだー・・・(ぇ というのはさておき。 この4.5話は8/1の12:00まで期間限定でShowTimeで配信されてい...

物理的領域の因果的閉包性 - 異国迷路のクロワーゼ 第4.5話 「音楽会」 (2011年8月 4日 11:03)

なぜこれを第5話にしなかったのか不思議ですね。第3話と音つながりだし、第4話アリス無双からの流れを考えても。 クロワーゼ 【crois&...

最新アニメ・マンガ 情報局 - 「異国迷路のクロワーゼ」4.5話の感想 (2011年8月22日 14:37)

「異国迷路のクロワーゼ」4.5話、観ました。ある日湯音の耳に、懐かしい日本の音楽が聞こえてきた。気にする湯音の様子を見て、最初渋っていたクロードが仕方なく...

コメント(6)

初めまして。いつもトラックバックありがとうございます。

カミーユの相手、クロードですね!
このブログ読むまで気づきませんでした。

 そうしてみると、クロードがブランシュ家を毛嫌いしているのも店の問題以外に理由がありそうですね。
 というかもろ恋人を引きはがされた恨みですね。

驚きました。

こちらこそお世話になっております。
>クロードがブランシュ家を毛嫌いしているのも店の問題以外に理由がありそうですね。
やっぱり「あんな貧乏人と遊んじゃダメ」みたく言われたんでしょうか。


だとしたらクロードのブランシュ嫌いも納得です。
二人は再会したときどんな会話を交わすのか凄く興味があります。
恨み節なのか、それとも互いを想いやる会話になるのか。
因みにアリスは二人の事情は知らなそうです。


第4.5話は思ったより話題になってない気がして残念です。
こんな重要な話なのに!
という訳で一緒に盛り上げていきましょう。

このエピソードはアニメオリジナルのようですね。
本来ならカミーユとクロードのエピソードはまだ先なので、このタイミングで扱う題材としては不適切だった気もします。
ギャルリを衰退させる百貨店とブランシュ家に敵愾心を抱く理由の1つでもありますし…

多分脚本でフライング気味に出したんでしょうね。
この方が視聴者の食いつきが違う。
それならば尚の事、TV放送でやれば良かった気がしてなりません。

>身なりも上品であまりジプシーっぽくない少女です。

本作品の制作者がどういう意味で「ジプシー」という言葉を用いたのかよくわかりませんが、
執事は、単に放浪している人をまとめて「ジプシー」と言っただけであまり正確な意味で使っていなかったのかもしれません。
クロードはボヘミアンと言っていましたが、おそらくフランス人ならそちらの呼称を用いそうかな、という気もします。

本作品は、史実に照らし合わせるとあちこちおかしい設定があるので、
言葉の正確性などはあまり深く突っ込まないほうがいいかもしれません(不正確な内容を次々流されるのもどうかとは思いますが)。

なお、「ジプシー」という言葉は、おそらく放送禁止用語かそれに準じるものになっており、
この言葉をテレビ放送で流す勇気(?)が放送局にあるとは思い難いところ。
最近になって取り扱いが変わっているかもしれませんが、テレビ放送でない理由はこのあたりにあるかもしれません。
…なおさら「ボヘミアン」とだけ言わせておけば良かったような気がしますが。

放送禁止用語が未放映の原因だとしたら勿体無かったですね。
もし今「釣りキチ三平」をアニメ化したらタイトル替えられちゃうんでしょうか。


ボヘミアン、或いはロマに直して放送しても良かったと思います。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net