GOSICK─ゴシック─ 第22話 『クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る』

| コメント(4) | トラックバック(35)

ソビュール最大の謎を解き明かし、いよいよクリスマス。
ヴィクトリカの誕生日でもあります。
ようやく穏やかな日々が訪れるのか。

gosick-22-422.jpg

そうは問屋が卸さない。
パーティー会場に謎の黒服が現れて、久城が連れ去られてしまう。
何でも国王のお達しで外国人を全員本国に創刊する事になったとか。
だからって夜来て身一つで連行とかありか。
それもクリスマスの真っ最中に。
事前通告して荷造りする時間ぐらい与えるでしょ。
これじゃ人攫いと変わらないじゃないか。
ソビュールのやる事はいつもヘンテコリンですね。
反体制派の騒動に便乗して逃げ出した久城を助けてくれたのは、あの元浮浪児ルイジ少年だった。

相手は国王なんだけど・・・。
ルイジを通してジャクリーヌと再会した久城。
グレヴィールなら何とかしてくれるわ!
そう言って大喜びで助力してくれる。
グレヴィールを過信し過ぎじゃないのか。
彼が一生懸命なのはジャクリーヌに惚れてるからだぞ。

父親の侯爵にも頭が上がらない男が国王の命令にどうやって抵抗するんだろう。
困り果てたグレヴィールの顔には興味ありますが、その後の展開を考えると笑ってもいられない。

アヴリルが良い子過ぎる。
戦争の足音が近づき、学園からも続々と人が去っていく。
留学生の アヴリルがいの一番に去らないというのはなんとも不思議ですね。
何だかんだでヴィクトリカの友達その2というポジションに納まっています。 

恋のライバルであるにもかかわらず、ヴィクトリカを気遣うホントに良い子です。
可愛くて社交的で本来ならさぞやモテモテでしょう。
ピーターパンのコスプレも似合ってました。
でも愛情は必ずしも善人に向くとは限りません
やっぱ出てくるのが遅かったのが痛かった。
あと本人も言ってますが、ロングヘアーだったらもっと久城の気を引けたかもしれない。

兄さんやっぱダメでした。
アヴリルと入れ替わりに現れたグレヴィールがヴィクトリカをオカルト省に呼び出す。
新しい「モンストル・シャルマン」として、ブロワ侯爵がヴィクトリカを戦争と政争に利用する日がやってきた。
利用されるぐらいならいっそ。
自殺を図るヴィクトリカの目に映ったのは久城の姿だった。
黒服に囲まれて、能天気に手を振る久城。
久城ってホント最後まで成長しません。
帝国軍人の三男坊は永遠に空気が読めなかった。
あまりにも危険に鼻が利かないので、軍人は無理でしょうね。

自身がヴィクトリカを操る為人質となっていると気付いた時は既に遅し。
号泣するヴィクトリカと気まずそうな兄さんというところで次回です。 

gosick-22-1349.jpg

クラスメイトとも仲良くやってたのに。
クリスマス故かコスプレ効果なのか、仮装したヴィクトリカは大人気。
そして久城も普段の死神扱いはどこへやら、フレンドリーに接してもらえて嬉しそう。
・・・というのは将に一瞬の輝きでした。

戦争が迫っている、自身の周囲も不穏な空気が流れている。
なのに簡単に騙される久城ってお人良しじゃなくてバカだと思います。
どうして何度も同じ様な失敗を繰り返すのか。
クライマックスで活躍することもありますが、凡フライに飛びついてファインプレーに見せてるだけじゃないのか。
ヴィクトリカの友人が久城だけじゃなかったら、とっくに見限られている気がしないでもない。
最後くらいはストレスを感じないキャラクターになって欲しいですね。

次回はGOSICK─ゴシック─ 第23話 『灰染めのチェスにチェックメイトを告げる』です。

公式サイトウィキペディア

新しい記事: ▼記事▼:『TIGER & BUNNY 第12話』放送中にUstream配信が飛んだ

古い記事: よんでますよ、アザゼルさん。 第11話 『アルピニストエンジェル』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(35)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/897

★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★ - GOSICK-ゴシック 第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月18日 14:49)

GOSICK-ゴシック   第22話  「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」   ...

日々“是”精進! ver.A - 「GOSICK -ゴシック-」第22話 (2011年6月18日 14:51)

モンストル・シャルマンの、再来・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook031...

crystal cage - GOSICK ゴシック 第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 感想 (2011年6月18日 14:52)

引き裂かれる美しき狼と黒髪の子兎 →「GOSICK」公式サイト GOSICK 第22話感想です。 今回はやばかった!悠木さん...

WONDER TIME - GOSICK -ゴシック- 第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月18日 15:02)

「ヴィクトリカ! これでさよならなんかじゃないから!  離れたりなんかしないから!!」 再び離れ離れにされた一弥とヴィクトリカ! 兎はモンストル・シ...

KAZUの暮らし - GOSICK─ゴシック─ 22話 クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る 感想 (2011年6月18日 15:05)

聖夜に訪れるのは感動なのか、恐怖なのか。

第22話 『クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る』 いやはや…スケジュール的に考えて、プロットくらいしか渡ってないだろうに よくぞまぁ、ここまで作り...

ひえんきゃく - GOSICK―ゴシック― 第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 感想 (2011年6月18日 16:08)

イチャつく若い2人を襲う変態ロリコン親父の魔の手。 トゥルーエンドを迎えて欲しいですね。 学園では仮装クリスマスパーティが行われていた。 ...

おぼろ二次元日記 - GOSICK-ゴシック-#22「クリスマス・キャロ... (2011年6月18日 16:22)

戦争の嵐がやってきた。引き裂かれ、利用される二人。「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」学園では仮装クリスマスパーティが行われていた。一弥に着せようと...

つれづれ - GOSICK -ゴシック- 第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月18日 16:30)

 アブリルが気の毒すぎますね。

一言居士!スペードのAの放埓手記 - GOSICK ゴシック 第22話 感想「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月18日 17:31)

GOSICK ゴシックですが、クリスマス仮装パーティーが開かれます。ヴィクトリカや久城一弥もセシル先生やゾフィに衣装を用意してもらい参加します。アブリルは...

SERA@らくblog - GOSICK -ゴシック- 第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月18日 17:41)

全ては必然だ――。 学園では仮装クリスマスパーティが開かれ。 ヴィクトリカと久城は、モンストル・シャルマンと兎の仮装を♪ 久城はヴィクトリカにとって...

てるてる天使 - GOSICK―ゴシック― 22話『クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る』 感想 (2011年6月18日 18:21)

仮装クリスマス(´・ω・`)

うたかたの日々別館 - GOSICK第22話感想 (2011年6月18日 18:22)

記事はこちら(TBもこちらへ)元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/06/post-46ed....

冴えないティータイム - 第22話 『クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る』 (2011年6月18日 18:47)

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 ちょっとした息抜き回かなんかだと思ったら、全然違いました。うわ‐…何これ。...

にわか屋 - 【GOSICK】22話 普通のイチャラブ回だと思ってたのに・・・ (2011年6月18日 20:02)

GOSICK -ゴシック- #22 クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る 137 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] ...

ジャスタウェイの日記☆ - 『GOSICK -ゴシック-』#22「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月18日 21:00)

「兎はモンストル・シャルマンの心臓。 兎が死ねば怪物も死ぬ」 1924年、クリスマス。 聖マルグリット学園では仮装クリスマスパーティが行われてい...

アニメ徒然草 - GOSICK-ゴシック- 22話 (2011年6月18日 21:30)

全ては、必然。 というわけで、 「GOSICK-ゴシック-」22話 戦争が始まるの巻。 こんの…ホビロンウサギがぁ! アブリルさんに...

桜詩〜SAKURAUTA〜 - GOSICK -ゴシック- #22 (2011年6月18日 21:33)

【クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る】 GOSICK-ゴシック-DVD特装版 第2巻出演:悠木 碧角川書店(2011-05-27)販売元:Ama...

ゲーム漬け - GOSICK -ゴシック- 第22話 クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る (2011年6月18日 23:53)

クリスマスが訪れ、聖マルグリット学園では仮装パーティが開催されます。 一弥もヴィクトリカと共に、モンストルシャルマンと一心同体と言われた兎に変装。 モ...

★アニメ三昧★ - GOSICK-ゴシック 第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月20日 00:00)

GOSICK-ゴシック 第22話  「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 1924 Noël…Une histoire ...

MEGASSA!! - GOSICK -ゴシック- 22 (2011年6月20日 02:50)

第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 初っ端からいきなりコス…いや仮装大会です(笑) どうやらこの学園ではクリスマスに仮装をする...

荒野の出来事 - GOSICK−ゴシック− 第22話 感想 (2011年6月20日 17:50)

 GOSICK  第22話 『クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る』 感想  次のページへ

ブログリブログ - GOSICK -ゴシック- 第22話 (2011年6月20日 23:03)

 ヴィクトリア可愛い。作画可愛い、声優可愛い。そして、一弥の間抜けぶり。間抜け可愛い。

日々の記録 - GOSICK -ゴシック- #22 (2011年6月21日 21:36)

学園はクリスマスを迎えていました。ヴィクトリカと一弥は、おとぎ話のモンストル・シャルマンの扮装をしてパーティーに参加します。しかし、突然に2人の別れの時がやって

アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) - さすがギャルゲ界のビッテンフェルト(俺たちに翼はないとか神のみぞ知るセカイとか) (2011年6月22日 02:38)

【GOSICK−ゴシック− 第22話】プレゼントのお返しを買いに行った久城くんが下手を打ち、ヴィクトリカさんが再びブロア侯爵のもとへ召し出されることになっ...

桃色のラボラトリー - GOSICK -ゴシック-#22 (2011年6月22日 18:41)

第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 1924年、明けて25年にはイタリアでムッソリーニがファシズムが‥‥というような時代なのですね。...

大海原の小さな光 - GOSICK-ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月22日 21:06)

始まりは突然に。 いよいよ最終章の開幕。とりあえずつかみは良し。

いま、お茶いれますね - GOSICK -ゴシック- 第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月22日 21:20)

第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 学園のクリスマスは仮装パーティ。アブリルの仮装はティンカーベルですね。似合ってます。 黒...

生涯現役Gamerを目指す人。 - GOSICK・・・第23回「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月23日 05:03)

2011/06/18 放送分 総評! ↓クリックすると上記イメージが切り替わります。 Image01 Image02 Image03 I...

つぶかぼアニメ感激ノート - GOSICK―ゴシック― 22話感想 (2011年6月23日 11:55)

サブタイトル「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 さぁ、楽しい楽しいクリスマス回ですよー! 面倒事は全部片付きました。あとはエピローグとして...

無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想- - GOSICK -ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月23日 20:02)

脚本:岡田麿里/絵コンテ:福田道生/演出:大西景介/作画監督:堀川耕一 宮前真一クリスマス。学園では生徒がみんな仮装をする。妖精の仮装をするアブリル・ブラ...

無限回廊幻想記譚 別宅 - GOSICK -ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月23日 20:02)

脚本:岡田麿里/絵コンテ:福田道生/演出:大西景介/作画監督:堀川耕一 宮前真一

無限回廊幻想記譚 別館 - GOSICK -ゴシック- 第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 (2011年6月23日 20:04)

脚本:岡田麿里/絵コンテ:福田道生/演出:大西景介/作画監督:堀川耕一 宮前真一 クリスマス。 学園では生徒がみんな仮装をする。 妖精の仮装をす...

ワタクシノウラガワR - GOSICK−ゴシック− 22話 (2011年6月25日 21:03)

第22話 「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」 モンストルシャルマンと呼ばれる、少女の姿をした怪物のお伽噺。 モンストルシャルマンにはうさぎ...

ぺろぺろキャンディー - ◎GOSICK-ゴシック-第22話「クリスマス・キャロ... (2011年10月12日 16:01)

クリスマスになる。この学園のクリスマスはみんなが仮装するらしい。アブリルは、ピーターパン?ゾフィーさんが可愛い衣装をだす。セシルさんはヌイグルミの衣装をだ...

コメント(4)

>あまりにも危険に鼻が利かないので、軍人は無理でしょうね。
多分、今の本人が聞いたら喜ぶことでしょう。
そもそも久城は、軍人になんてこれっぽっちもなりたくない男です。以前言っていた「帝国軍人の三男たる者云々」だって、親兄弟に言われた言葉をトレースしているだけだし、「お国を守って命をかける」という軍人の本分に対して、ずっと納得しがたい疑問を感じていた男です。
それがやっと、「お国」の代わりに当て嵌まる存在を見つけて、本気で強くなろうとしたのはここ一年くらいのこと。おまけにアニメじゃ白星も削られ・・・。

本当の彼は凡フライどころか、ゴロ一つにも泥だらけになって必死に飛びつき、どうにかこうにかキャッチしているような男なのですよ。そんな泥だらけっぷりと、そうでもしないとゴロも取れない自分への苛立ちこそ描くべきなのに・・・。

後、グレヴィールに騙されるのは仕方ないと思います。久城はずっと警部とヴィクトリカの関係を見てきて、兄妹仲が少しずつ軟化しているのを感じ取っているはず。
むしろここで疑ったりしたら、その方がイヤだなあ、私は。

いつもお世話様です。
コンプレックス抱えながらも「帝国軍人の三男坊」
と言うキャッチコピーしか持たないのが久城の情けなさだったと思うんです。


それがソビュールに来て人間的に成長して、
例えば「灰色狼の頼れるパートナー」になっていくのかと期待していたんです。
まるで成長していない・・・と安西先生もビックリなほど変わらない。


ドラ息子が箔を付ける為だけに来たのかと思うと何とも情けないです。
まあ嫁は見つけられましたが。
ラストは日本に渡ってエンディングの様に桜を眺めて終わりかな。
文句言いながらも見てしまうのはやはりヴィクトリカが可愛すぎるからなんですが。

まあ確かに久城はそういうキャラですが・・・それが「情けない」と捉えられるのが問題なんだよなあ。それは「親から貰ったものには何の価値も見いだせないが、『無価値なレッテル』を無意味に誇る以外道がなかった」という悲劇のハズなのに。

アニメで描写の薄い部分を補足しますと、軍人になりたくない久城は、体を鍛えさせられる事もイヤでイヤで仕方有りませんでした。彼自身、男らしさを強制される父との時間より、姉のままごとやお手玉の相手をしている方が好きだった、と語っています。
そして彼の家族構成は、厳格な父、優秀な軍人の長兄、同じく優秀な学者の次兄という、コンプレックスを育むには最強の布陣。

それでも久城が「帝国軍人の三男」を名乗って、形だけでも軍人になろうとしたのは、自分が情けないと父が母に「お前が甘やかすからだ!」と怒鳴りつけるから、というのが理由。留学したのは、自分の周囲のありとあらゆる環境から逃げたかったから・・・と、この辺は久城がレッテルを捨てた回で語られましたかね。

久城とヴィクトリカはパートナーですが、それは「頼れるパートナー」とはちょっと違う気がします。正確には、「他に頼れる者がいないパートナー」という、ちょっと消極的な関係。
周囲には嵐が吹き荒れ、か弱い自分は飛ばされそう。けれど隣にはもう一人いる。か弱い自分たちはいつも一緒。吹き飛ばされて儚く散る時も一緒・・・みたいな。

というか桜庭文学的に、「どれだけ子供が粋がろうが、所詮大人に勝てる訳がない」という展開になりそうな気が、ひしひしとするんですよね・・・。せめて一矢報いて欲しいなあ。

予告を見るとブロワ侯爵が剣振り回していました。
ちょっとは溜飲の下がる展開になるんじゃないかと期待しています。
最後は久城がヴィクトリカの元へ辿り着くのではと思われます。

コメントする

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net