星空へ架かる橋 第12話(終) 『夜空にかかる星の橋』

| コメント(4) | トラックバック(19)

先々週に円佳が振られ、先週伊吹が失恋。
着々と初エンドへのお膳立てが整いつつあるように見えます。
しかし肝心の二人の気持ちが殆ど描かれて来ませんでした。
一方でお祭りの女神と介添えに選ばれたつむぎや陽菜にも可能性がある様に見える。
今回で纏まるんでしょうか。 

hsz-12-290.jpg

これはスタンド攻撃か何かなのか・・・!?
アバン入ったらいきなり一馬と初がよそよそしい。
一体何がどうなってるんだ。
二人がこんな風になる原因がまったく思い当たらない、そもそもここ二週間あまり顔合わせてないし。

もしかして自分は一週見逃したのか。
先週一馬と初が互いに意識するような恋愛イベントが存在したのか。
そんな訳ありません。とにかく、
二人が惚れ合っているという結果があり、過程が全く存在しない。
キングクリムゾンのスタンド攻撃(時間を吹っ飛ばす)を食らったらこんな気分になるんだろうか。

外堀がどんどん埋められていく。
仮病で女神役を初に譲るつむぎ。
一馬の為に、初に告白する為のラブレターを書き上げる円佳。
松岡修造ばりに告白しろと発破をかける伊吹。
何か当人よりも周りが無理やりくっつけようと必死です。
円佳や伊吹は自分の好きな男を取られるのに頑張り過ぎです。
普通頼まれたってこんな役割引き受けないでしょう。
何が彼女達をそうさせるのか。

hsz-12-1237b.jpg

一馬と初は「やらされている」「言わされている」感がバリバリです。
「(良く分からないけど俺は初が好きらしい。)好きだー!」
「(みんなが言うから私はカズ君が好きみたい。)私も大好き!!」

どうにもこんな風にしか聞こえない。

祭りでカップルが誕生したぞ!
めでたしめでたし、今年も豊作じゃあ!!
そしてエンディング代わりにオープニングが流れて、完。
・・・しばらく何が起こったのか全く分からなかった。

何じゃこりゃあ!!
我に返って最初に思ったのがこの言葉。
スタッフ大暴走の上大暴投。
見てるこっちは完璧に置き去りにされました。

そりゃ初はあまり好きなキャラクターじゃありません。
だって最初から最後まで食ってばっかりで、色恋と無縁だったじゃないですか。 
これまでに段々と一馬を意識して、更に一馬も初が気になって・・・という描写があれば納得もします。
最終回でいきなり二人は恋に落ちた。
競馬に例えると、最後尾走っていた馬が突如瞬間移動したかのようなゴールイン。 
アニメスタッフに一体何があったのか、脚本家が発狂でもしたのか。

もっと自然に出来たんじゃなかろうか。
例えば先々週に円佳、先週は伊吹を振る話がありました。
あれをやる代わりに一馬と初が仲良くなるイベントを盛り込めば良かったじゃないですか。

祭りには初、円佳、伊吹が選ばれる。
そこで一馬は初を選ぶ。
やっぱり初だった、私達振られちゃったね。
一人ずつ無理やり振らなくたって、これで一気にカタを付けられるじゃないですか。

携帯が鳴ってリモコンと間違える円佳。
カメラマンとして張り付いていたかさねを介添え役に抜擢。
こんな細かい演出が出来るのに、肝心の恋愛描写が超適当って何故!?
力の入れどころを完全に間違っていた気がします。

hsz-12-417b.jpg

スタッフに是非聞いてみたい。
唐突に二人がモジモジし出したのは何なのか。
初がヒロインなのに恋愛がらみのイベントが少なかったのはどうしてか。
最終的に誰をヒロインにするかで議論などはあったのか。

スタッフ同士のコンセンサスが取れてない為にこんな急展開になった気がするんです。 
ブログやTwitter、イベント等で語ってくれるとありがたいですね。

後から見たら面白くて、遅ればせながらレビューを書いておりました。
正直最後でガックリさせられたという印象で一杯です。
それでもつむぎさんや陽菜先輩、円佳に円佳ママなど魅力的なヒロインが沢山居ました。 
ホント、途中までは良かったんですがねえ・・・勿体無かったです。

公式サイトウィキペディア

新しい記事: ▼記事▼:『戦国乙女~桃色パラドックス~』ニコニコ生放送&本日最終話

古い記事: アスタロッテのおもちゃ! 第12話(終) 『空越しのアスタリスク』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(19)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/929

ゲーム漬け - 星空へ架かる橋 第12話 夜空に架かる星の橋 (2011年6月28日 03:22)

一馬は祭の男神役。 女神役はつむぎで、男神役は呼び交わしの際に女神役に告白しても良いらしく、ヒコナンレースも女神役の美女への告白権をかけて行われたのが事...

のらりんすけっち - 星空へ架かる橋 第12話「夜空に架かる星の橋」(最終回) (2011年6月28日 06:05)

すごい力技で初たんルートへ(^_^;) 前回までとは打って変わってお互い意識し出す一馬と初たん。 こういう展開になるなら、やっぱり前半で初たんイベント...

S:ize - 星空へ架かる橋 第12話「夜空に架かる星の橋」 (2011年6月28日 06:09)

遂に最終回か。 静かな立ち上がり… と思えば朝食の最中にスズメバチが乱入w 話はお祭りの男神について。 歩きゅんはハチが気になってそれどころじゃな...

てるてる天使 - 星空へ架かる橋 12話『夜空に架かる星の橋』 感想 (2011年6月28日 07:01)

歩じゃない(´・ω・`)

本隆侍照久の館 - 星空へ架かる橋 12話『夜空に架かる星の橋』 (2011年6月28日 07:01)

一馬が祭りの男神役。 それは一馬本人が驚きだった。 レースで勝った者がその年の男神役をやるとのことだが、一馬はそんな話聞いてなどいないのだから。

しろくろの日常 - 星空へ架かる橋:12話感想&総括 (2011年6月28日 09:51)

星空へ架かる橋の感想です。 なるほど、村公認か(笑)

HARIKYU の日記 - 「星空へ架かる橋」 第12話 (2011年6月28日 16:35)

「星空へ架かる橋」  第12話 「歩」ファンの人にとっては残念ながら「歩エンド」とはなりませんでしたけど、極く極くまっとうな「初エン...

あめいろな空模様 - 星空へ架かる橋 第12話(最終話) 「夜空に架かる星の橋」 感想 (2011年6月28日 22:45)

初ENDで個人的には凄く良かったと思っていますが・・・。 第12話(最終話) 「夜空に架かる星の橋」 感想は続きから

ニコパクブログ7号館 - 星空へ架かる橋 第12話(終) (2011年6月28日 23:55)

第12話『夜空に架かる星の橋』星空へ架かる橋 1 [Blu-ray]今回は・・・なにやら祭りのようです。

ぬる~くまったりと - 星空へ架かる橋 チバテレ(6/28) (2011年6月29日 09:28)

第12話 最終話 夜空に架かる星の橋 比古南レースで勝てば男神。勝ったのはこより

アニメレビューCrossChannel.jp - 星空へ架かる橋 第12話「夜空に架かる星の橋」(最終話) (2011年6月29日 10:03)

次々とヒロインたちが争いの場から降りる中、お祭りの舞台でまさかのつむぎエンドかと思ったら直前で棄権しましたね。初の態度に気付かないものはいない状況で、外堀...

キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 - 星空へ架かる橋 第12話 「夜空に架かる星の橋」 感想 (2011年6月30日 07:42)

御神役の字が男神なのか御神なのかよく分かりませんでした。 ハチが先程からうっとうしですねw あれってスズメバチですよね? もじもじおっかながっていたり...

バカとヲタクと妄想獣 - 星空へ架かる橋 第12話 「夜空に架かる星の橋」 (2011年7月 1日 02:21)

大門ダヨ 祭りの拝み役に一馬が選ばれる 比古南レースで男性で一位だったからだそうで 姐さん盛りすぎww

つぶかぼアニメ感激ノート - 星空へ架かる橋 12話感想 (2011年7月 1日 18:25)

サブタイトル「夜空に架かる星の橋」 ぽわぽわ温かい田舎系癒しアニメも、今回で最終回ですー! まず、秋祭りを間近に控えた「よろづよ」のとある朝食...

Specium Blog MkII - 星空へ架かる橋 #12 7/1 あらすじと感想 (2011年7月 1日 21:10)

 まさに王道でしたw。  登校時に出会う初ちゃんと一馬くんは、どこかぎこちない。二人とも意識し始めたようです。  ヒコナンレースに優勝した一馬...

俯瞰者席 - 星空へ架かる橋 最終話「夜空にかかる星の橋」 感想 いきなりすぎだがまあいいか (2011年7月 3日 17:28)

今回はご都合主義の初√、ていうか初が一馬を好きになる動機は、 わからなくもない、ちっちゃすぎるけれど微妙なフラグが立ってたし ただ一馬が初を好きになる...

隠れオタん家 - 星空へ架かる橋 #12 最終回 『夜空に架かる星の橋』 感想 (2011年7月 4日 00:01)

  言葉にしなければ決して伝わらないそれぞれの秘めたる想い。 地に架かる橋の上で二人の心と心にも架け橋が架かる瞬間。

最新アニメ・マンガ 情報局 - 「星空へ架かる橋 」12話(fin)の感想 (2011年7月17日 21:10)

「星空へ架かる橋 」12話(fin)、観ました。祭りの男神役に選ばれた一馬。一方、一馬の相手となる女神役にはつむぎが、そして初も女神に付き従う介添えとして...

ぺろぺろキャンディー - ◎星空へ架かる橋第12話「夜空に架かる星の... (2011年10月 9日 21:17)

センカは、カズマが、町のオガミ役になったという。ヒコナンレースで勝った男がやることになってる。センカさんは、新鮮なコダネをもってるカズマが相応しいいう。メ...

コメント(4)

全く同じ感想なのですが……正直、円佳が振られたというか、勝手に諦めた時点でこんな感じで終わるような気がしてました
次は伊吹が同じように振り落とされて、なし崩しで初なんだろうなと
でもまあ、予想以上に強引で驚きましたけど(汗)

一話目から円佳の幼い頃の回想シーンがあり、何度かそれを見せて、円佳が振られた回はEDも特別仕様でした
脚本家あたりは円佳の話がやりたかったけど、お偉いさんの意向で初ENDにしないといけなくて、揉めた結果あんな風になったと邪推しそうです
円佳や伊吹どころか、陽菜先輩やこよりの方がまだ初より恋愛描写多かったのだから、最終回は観てて違和感が凄かったです

実は書いた後人のブログも見たんです。
でもあんまり変だとか書かれていない。
もしかしておかしいと思ってるの自分だけじゃないのか。


そう思ってただけに共感して頂けてホッとしました。
ブログ増してアフィリエイトをやっている身で悪く書くのは気が引けるのかもしれませんが・・・飯を人一倍食ってたら彼氏が出来ましたって何なんだろうと思ってしまいました。

初はそこそこお兄ちゃんだなんだ言いながら最終回直前には微妙に意識してるかな~、って感じはあったんですよ、
問題は一馬だと思います。
一切描写ないですし、なんか夏風邪でも引いたんじゃないかと思うぐらいw
松岡修三wいい表現ですねw

まあでもこの今までの展開を見て積極的だった伊吹か過去での描写の多い円佳が結ばれるのが妥当ですよね・・メインヒロイン恐るべしです

>一切描写ないですし、なんか夏風邪でも引いたんじゃないかと思うぐらいw
まさにそれです。
一馬が女性を意識したシーンって、水着のつむぎと一緒に寝ようとした陽菜ぐらいしか思いつかない。しかも祭りの前に陽菜を賭けて神社で親父と勝負しています。


ヒロインは殆ど来てませんが、村人衆人環視の中で行われています。
無理やりくっつけるならここで陽菜とくっついてもおかしくなかった。
あのイベントがまるで無かった事の様にスルーされているのも激しく疑問でした。

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net