戦国乙女~桃色パラドックス~ 第02話 『困惑乙女』

| コメント(0) | トラックバック(9)

 

神社で謎の光に巻き込まれたヒデヨシこと日出佳乃。
気がついた世界は携帯も通じない。
更に女性であるにもかかわらず織田信長、明智光秀と名乗る人物に助けられる。
訳が分からないまま過ごしていると喋る犬が現れた。

郷に入ればヒロミに従え
頭が悪い所為か、異世界に迷い込んで大変という認識が薄いヒデヨシ。
喋る犬シロがここは昔で、しかもヒデヨシの世界とちょっと違う場所だと教えてくれる。

普通ならここで顔面蒼白になって、
家に帰りたいよ~~~となるのですが、ヒデヨシ気落ちしてません。
帰る方法についても、この世界で大活躍すれば何とかなるとお気楽そのものです。
逆に服がセーラー服と体操服(ブルマ)の二着しか無いことを嘆いています。
ある意味大物かもしれません。

頭は悪いし遅刻ばかりと現代ではダメな娘だったヒデヨシ。
でも今回は色々とできる子なのが分かってきます。

能力その1:人心掌握
戦で焼け落ちた村を検分する信長に付いて来たヒデヨシ。
同じく帯同した光秀は村人に発破をかけます。
口で何を言ってもやる気も出ないし腹も膨れない。
携帯で音楽を流しながら村人に混じって作業に没頭します。
正直あまり役に立っている感じはしませんが、すっかり仲良くなりました。
「人たらしの天才」と呼ばれていた豊臣秀吉ゆかりの能力ですね。

能力その2:センスがいい
直接役に立つ能力かはまだ分かりません。
あてがわれた部屋を着物を使って派手にコーディネート。
光秀はなんじゃこりゃとお怒りですが、信長は気に入ってくれました。
「ファッションに命掛けてます!」は伊達じゃなかった。
これも豊臣秀吉が派手好きだった事が元ネタでしょうか。

能力その3:運動神経がいい
ヒデヨシが気に入らない光秀は武士の本分と武芸勝負を挑んできます。
戦国武将と現代女子高生が果し合いって無茶すぎるだろう。
しかも一番勝負が投げナイフ。
武士じゃなくて忍者の領分じゃないのか。

一見ヒデヨシのダメっぷりが強調されていますが、実は彼女中々やります。
木刀や槍での立会いで、ちゃんと光秀の攻撃をかわしているんです。
相手は現役バリバリの戦争屋です。
普通なら一撃でやられます、下手すりゃ死ぬ。
本気じゃないとしてもこれは凄い。

挙句槍勝負ではサモ・ハン・キンポーの映画「燃えよデブゴン」を参考に、見よう見まねで光秀に対抗。
見よう見まねで実践なんて、相当運動神経良くないと出来ない。
実は槍と棍を間違っていますが、それにしても凄い。
負けこそしたものの、この動きを信長に認められます。
あと、光秀は武士の本分と言いますが、ヒデヨシがどうやったら武士に見えるのか不思議です。

女だけの世界
村を再建していた時も、信長の城にいるときも男がまったく出てこない。
この世界の人間は女性だけ。
当然どうやって増えているのかをシロに尋ねるヒデヨシ。
なんか日本昔ばなしみたいな口調で誤魔化されました。

そうなるとシロは何者か。
多分彼はオスでしょうし、女しか居ない世界ではそもそも「男」とは何なのか通じるわけが無い。
それを知っているシロはこの世界の犬ではありませんよね。
彼もヒデヨシ同様、迷い込んだクチでしょうか。
そしてヒデヨシ以外の前では喋らないで普通に犬やっているのは何故なのか。

信長の目的である鎧集めも進んでいるみたいです。
客人として伊達政宗(当然女)が出てきました。
光秀と正宗って世代違わない?
明智光秀:1528年生まれ
伊達政宗:1567年生まれ
39歳違いです。
史実だとまず接点ありそうにない年齢です。
パラレルワールドだからあまり気にしちゃダメなんだろうけど物凄い違和感ありました。
その正宗がヒデヨシに興味を持ったところで次回です。 

鎧探索にヒデヨシがどんな力を発揮するのか気になりますね。
武芸はいまひとつなので、やはり調略(交渉)でしょうか。

光秀が・・・
かなり鼻息の荒い猛将タイプに描かれていますね。 
秀吉と同じで交渉が得意なイメージがあります。
光秀というより柴田勝家みたく見えます。 

次回は
戦国乙女~桃色パラドックス~ 第03話 『天空乙女』
です。 

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

Powered by amaprop.net

トラックバック(9)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/685

日々“是”精進! - 「戦国乙女~桃色パラドックス~」第2話 (2011年4月14日 15:09)

第2話「困惑乙女」伝説の深紅の甲冑集めを手伝う事になったヒデヨシ。それにしてもこの世界、戦国時代のようだが、どうやら女しかいない様子。携帯電話は、未だ圏外...

ゲーム漬け - 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第2話 困惑乙女 (2011年4月14日 17:14)

何だかんだ言いつつ、マイペースに我が道を行くヒデヨシ。 突如、自分の知らない世界にやって来たヒデヨシよりも、周りの方がカルチャーショックを受けています。 ...

いま、お茶いれますね - 戦国乙女〜桃色パラドックス〜  第2話 「困惑乙女」 (2011年4月14日 18:26)

第2話 「困惑乙女」 アホの子ゆえの奇策? まぁ奇策は本来ならば、基本の戦略を見につけてこそ成功するものですが、ヒデヨシの場合は、何事にも臆さ...

桜詩〜SAKURAUTA〜 - 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 #2 (2011年4月14日 19:37)

【困惑乙女】 百花繚乱戦国乙女 榛名伝承編 2 (電撃コミックス)著者:しなの ゆらアスキー・メディアワークス(2010-10-27)販売元:Ama...

Little Colors - 戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第2話 「困惑乙女」 感想 (2011年4月14日 23:01)

ヒデヨシの動きを見てるのが何だか楽しいと気付きました。ちょっと可愛くなってきた…カモ。

アニメ徒然草 - 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 2話 (2011年4月14日 23:11)

できることから始めよう。 というわけで、 「戦国乙女〜桃色パラドックス〜」2話 戦国カンフーの巻。 言葉も大事だけど、それだけで全てが...

生徒会の放課後 こーひーたいむ - 戦国乙女~桃色パラドックス~ 【2話】 「困惑乙女」 (2011年4月15日 06:54)

戦国乙女~桃色パラドックス~、2話。 ・・・全体を通して・・・ 戦国の世界で暮らすことになったヒデヨシ。帰る方法もまだ不明である。...

バカとヲタクと妄想獣 - 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第02話 「困惑乙女」 (2011年4月18日 01:33)

大門ダヨ なるほど、ヒデヨシがノブナガに影響を与えていくのか

ロリ+お姉さん=萌死 - 戦国乙女〜桃色パラドックス〜 第02話 「困惑乙女」 (2011年4月18日 18:39)

ヒデヨシ「ジャジャーン♪」 ノブナガ「まーたあのカラクリか」

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net