おとめ妖怪 ざくろ 第11話『ふれて、殻々と』

| コメント(2) | トラックバック(9)

不倫は良くありません。でもこれは同情の余地ありますね。
強い妖力を持った里の巫女だったざくろの母・突羽根(つくはね)。
彼女は自分の意思に関わらず、里の長と結婚する事になります。
しかしこれは彼女にとって不幸でした。 

ざくろ大戦 第11話-262.jpg

基本小屋に監禁されてダンナは子作りに訪れるだけ。生んだ息子にも会わせて貰えない。
まさに生む機械な扱いです。
妖力が目的で、更に言えば妖力の強い子供を作る為の結婚。
妖怪にしては奔放な?性格の突羽根には耐えられるべくもありませんでした。

ざくろ大戦 第11話-422.jpg

小屋を抜け出した先で出会ったのが人間の男・恵永(えなが)
チョンマゲじゃない髪型に物凄い違和感を感じますが、大正時代っぽいのでセーフでしょうか。
初対面は突羽根が登ってた木を恵永が切り倒すという最悪なものでしたが、徐々に打ち解けていきます。
空から降ってきたから、天女かと思った。

zakuro-11-526.jpg

恵永は突羽根の全てを受け入れてくれた。
・・・その幸せは長く続きませんでした。

結局里の長の追っ手に恵永が殺されてしまいます。
人間と通じた突羽根に、ダンナはおろか実の息子である沢鷹からも軽蔑のまなざしで見られます。
しかもこのことを密告したのは二人の密通を知った沢鷹。

・恵永は死に、
・夫である里の長からは汚らわしいと忌み嫌われた上、
・沢鷹からも汚い物を見るような目で見られる。

半狂乱になる突羽根。
里の長からどうこう言われる筋合いはありませんが、子供である沢鷹から嫌われるのは仕方ない。

ざくろ大戦 第11話-870.jpg

どんな背景があろうが、自分の母が父以外の男の元に走ったら裏切りだと思うでしょう。
更に突羽根が恵永の子を妊娠していた事が判明すると、半妖化の儀式『稲綱降ろし』にかけられてしまう。

ざくろ大戦 第11話-914.jpg

ここらへんがよく分かりません。
通常稲綱降ろしとは、人間の男性の子を妊娠した人間の妊婦に掛けるものです。
人間の子を妊娠した突羽根の子であるざくろは、もともと半妖じゃないんですかね。
なのにわざわざ儀式を行う意味は何なんでしょう。
ざくろが半妖として強力な妖力を持っているのは儀式と関係ない気がします。

ざくろ大戦 第11話-66.jpg

櫛松の手引きで逃げ出したものの、逃げ切れるものではないと自分だけ舞い戻った突羽根。
自分の命を差し出すことで、ざくろは守ったという訳です。
腐ってもいないのでてっきり術で動かないのかと思いましたが、妖力が強くて死んでも腐らないらしいです。 

ざくろ大戦 第11話-1034.jpg

でも結局ざくろは沢鷹に囚われの身。父親違いとは言え妹と結婚するとか本気なんでしょうか。
それに母を汚らわしいと言ったのにその子供は大丈夫なのか。
妖怪はとにかく妖力が強ければ何でも構わないって事なんですかね。
このままだとざくろも小屋に監禁コースです。

ざくろ大戦 第11話-1268.jpg

今回は妖人省の面々も説明を聞いている回だったので、動きはありませんでした。
妖怪の中でもハブられ気味の女郎蜘蛛と橙橙にも思惑がある様です。
来週は派手な大立ち回りが見られそうですね、という所で次回です。

次回は
おとめ妖怪 ざくろ 第12話『きき、焦々と』
です。

新しい記事: 侵略!イカ娘 第11話『人形じゃなイカ?/疑惑じゃなイカ?/登山しなイカ?』

古い記事: ヨスガノソラ 第11話『ソラメクフタリ/モトカノメモリ』

カテゴリ:

関連記事

トラックバック(9)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/348

日々“是”精進! - 「おとめ妖怪ざくろ」第11話 (2010年12月16日 20:41)

  第十一話「ふれて、殻々と」捕らわれた西王母桃が、見知らぬ屋敷で見つけたのは、母・突羽根だった。その手に触れた瞬間、西王母桃も知らなかった母・突羽根の記...

Spare Time - おとめ妖怪 ざくろ 第11話「ふれて、殻々と」 (2010年12月16日 22:19)

『捕らわれた西王母桃が、見知らぬ屋敷で見つけたのは、母・突羽根(つくはね)だった。 その手に触れた瞬間、西王母桃も知らなかった母・突羽根の記憶が前に広が...

Kazu'Sの戯言Blog(新館) - おとめ妖怪 ざくろ 11話レビュー (2010年12月16日 23:34)

一気にネタ出し。境遇はなかなか良くできていましたが、母親が優秀な巫女というだけだったのはちょっと期待はずれ。もう少し絶対的な何かがあると思ったんですけどね...

White wing - おとめ妖怪ざくろ 第11話「ふれて、殻々と」 (2010年12月18日 10:54)

屋敷から逃げる西王母桃が母の残思を感じると当時期に妖人省では今迄、皆に隠し通して来た櫛松が西王母桃の母の突羽根と自分の関係、そして西王母桃の出生を語り始め...

Plum Wine* - おとめ妖怪 ざくろ 第十一話 『ふれて、殻々と』 (2010年12月18日 16:35)

母の記憶

破滅の闇日記 - おとめ妖怪 ざくろ 第11話「ふれて、殻々と」 (2010年12月18日 20:01)

初戀幻灯機(2010/11/24)総角景(櫻井孝宏),薄蛍(花澤香菜),芳野葛利劔(日野聡),雪洞(豊崎愛生),鬼灯(堀江由衣),花桐丸竜(梶裕貴) 西王...

朔夜の桜 - おとめ妖怪 ざくろ #11 (2010年12月18日 23:00)

「ふれて、殻々と」 ざくろちゃん逃げて〜。 お母様のペンダントが光った。 隠し扉? あっ、お母様! バレたからOPに絵が差し込まれてる! ちょ、提供...

第11話 『ふれて、殻々と』 ――ああ、もうなんか “いっそ滅んでしまえ、人間ども!!” みたいな、気分になるねぇ……。 ――ツルっと拾い!

バカとヲタクと妄想獣 - おとめ妖怪ざくろ 第11話 「ふれて、殻々と」 (2010年12月24日 13:43)

もうそろそろクリスマスですなぁ。 さて、今年はどうやってカップルに嫌がらせをしようか。 カップルバスターズ第三小隊のヨペチコです。

コメント(2)

突羽根は妖怪ではなく、神がかりという種族ではないのでしょうか。。。
半妖は妖怪と人間のハーフではないのですし。
沢鷹は神がかりの純血種なので、妖怪を下に見ているのでは?と思いました。

コメントありがとうございます。
原作だとそこらへんもっと詳しく説明あるんでしょうか。
人間視点だと人外は全部『妖怪』『妖人』になっちゃうんで分かりづらいです。

神がかりの里って地名だと思ってたのですが種族なんですかね。
沢鷹が女郎蜘蛛に『妖怪風情が』て言った所は引っかかってました。
お前は妖怪と違うのか、と。

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net