伝説の勇者の伝説 第20話『絶望に埋め尽くされない心』

| コメント(0) | トラックバック(0)

自分を脅したミランを逆脅迫した上で、自分の意思でライナ抹殺に来たルーク。
ライナとルークは一見互角。
しかし戦場で場数を踏んだルークの方が一枚も二枚も上手でした。
ライナは観念して、死を受け入れようとします。

伝勇伝 第20話-375.jpg

そこにフェリス乱入。
どうやらルークの後を追ってきたみたいです。
そして会うなりライナをグリグリと踏みつける。
そして戦闘開始と思いきや、無視されていたリルが動き出しました。

小屋に急ぐライナとフェリス。
しかし皆を庇ったラフラがまず殺されてしまいます。
喋りすぎ&ブエカとの恋愛など、いかにも死んでしまいそうな感じはしましたが。

伝勇伝 第20話-488.jpg

それを見たブエカが発狂し複写眼が暴走。
止めようとしたライナはリルに阻まれ、ブエカの眼は結晶化し奪われます。
更に子供達が魔獣の餌食になってリルが言ったのは、

伝勇伝 第20話-530.jpg

「あ~あ、結晶化する前に殺しちまった。勿体ね」
ガスタークは作中で悪役という位置づけなんでしょうか。
オルラ兄妹の非道っぷりが際立っています。

流石のライナもブチ切れる。「殺す」なんて初めて聞きました。
そんな二人の戦いに割って入るフェリス。
ライナが死すら厭わない戦いをしているのを見抜いたからです。

伝勇伝 第20話-676.jpg

二人が痴話喧嘩をする間、リルが棒立ちで何もしないのが凄くシュールです。
更にさっきまで敵だったルークもライナを援護。
単純にリルの方がやっかいと踏んだからでしょうか。
ルークの考えもよく分かりません。

空気を読んでいたリルが攻撃を再開。フェリスに傷を負わせます。
それを見たライナも暴走しかけるのですが、留まりました。
複写眼が戻った、と驚きを隠せないリル。

正気に戻ったライナはティーアに子供と避難するように指示。
迎えに来ると言い残し、一旦ティーアは去りました。
子供を逃がして後顧の憂いも無くなりました。
こちらは3人です。調子に乗っていたリルも遂にお終い・・・
リルは文句言いながら逃げました。そして誰も追いかけない。

何で倒さないの?こんな外道逃がしてどうする!?
逃げる際にリルはライナを「全ての式を解くもの」と言いました。
これまで複写眼のようで複写眼でないと言われたライナの正体を知るキーワードみたいです。
全てが終わってライナはローランド帰還を決意します。
その上でフェリスに

dyd-20-1134.jpg

「今度俺が暴走したら、お前の手で殺して欲しい」
 と頼み事。
ルークからの報告書を憂鬱な表情で眺めるシオン。

ライナは好きだけど、一緒に居ると国を滅ぼしかねない。
そんな友人を持ってしまった王の苦悩が見て取れます。

伝勇伝 第20話-1304.jpg

ルシルはライナを殺したほうが楽になると忠告しますが、そんな事はシオンの眼中にありません。
その選択が更に自分を追い詰めることも分かっている感じですね。

次は
伝説の勇者の伝説 第21話『ローランドの闇』
です。出戻りライナを待ち受けるのは何でしょうか。

Powered by amaprop.net

トラックバック(0)

トラックバックURL:
http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/247

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net