ふらいんぐうぃっち(2)[石塚千尋] 犬養さんたんげタイプ!と聞いて焦る真琴が(・∀・)イイ!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

ふらいんぐうぃっち(2)


ばっけ(ふきのとう)の話はこの巻に収録。
アニメでは第2話で放送、前倒ししてたんですね。

犬養登場。
桜祭りで出会った占い師。
客が真琴と知るや個人情報聞きまくり。
正体は犬の獣人…じゃなくて元は人間。
茜の作った変身チョコでこんな姿になったそうで。
夜だけ元に戻るって狼男の逆パターン。

私が直します!
姉の失態は私の失態も同じ。
責任感あるように見えて、人体実験への欲望が隠しきれていない。
やはり真琴も魔女なんですね、考え方が。
茜は天才と誉れ高い魔女、他方真琴は駈け出し。
実力差があるのに戻せるのだろうか。
というか戻すんじゃなくて魔法の重ねがけって危なくないか。
砂糖入れすぎたからって塩入れちゃダメな気が。
半分犬→犬そのものへ。
ヒドイ、けど笑ってしまうwww

でも見方を変えれば中途半端だった変身が完全になった訳で。
まあ犬養に取っては嬉しくもありませんが。
あと1年間持続している茜の魔法に対し、真琴の魔法はすぐ終了。
ここらへんはまだ未熟ですね。

やはり姉を探すしか、しかし何処に居るかわからない。
増してこの前来たばかり、次はいつになるのやら…。
と思ったら来た。
ベトナム帰りなんでしょうか、アオザイ姿がセクシー。
そして事も無げに犬養に話しかける。
犬養ブチ切れ、これは当然。
自分でやったんじゃん、という答えに唖然。

酔った挙句つまみがないからと変身チョコをつまみ食い。

魔法が解けた!
自業自得だったのですが、解除の方法知らない茜はもっと責任感じよう。
帰り際に魔法が解除され、犬養の顔が明らかに。
これが圭のドストライク。
アニメだと「ん?」と反応した程度ですが、漫画じゃ焦ってる感がある。
原作の真琴の方が圭に好意ありそうですね。 

ふらいんぐうぃっちの極意。
タイトルなのに飛ぶのがいまいち苦手な真琴。
お尻と股が痛いです→そりゃ大変だ、すぐ脱いで薬つけないと!
茜曰く、真琴は勘違いをしている。
体ごと浮かせる、箒は添えるだけ。
そうなると箒って必要?手ブラで普通に飛べるよね。
魔女じゃなくてドラゴンボールみたくなっちゃうけど。


弟子にしてください!
2人のやり取りを見ていた千夏が私も魔女になりたい!と茜に弟子入り志願。
普通の人間が魔女になれるの?
こればっかりは血筋がモノを言うんじゃなかろうか。
またいとこ=はとこだからいちおう血は繋がっているだろうけど。
なれなくはないってそうなんだ。

但し普通の一生は送れないかも。
何か重いこと言ってますが、お気楽極楽な茜が言うと説得力がない。
まあ茜は才能ありますからね。
魔法に限らず素質や才能ないのにのめり込んじゃうと大変って事かも。
増して千夏は小学生、とりあえず親の許可を。
あっさりとれた。
こうして魔女見習いになった千夏だけど、本当に魔女になれるんでしょうか。

新しい記事: ふらいんぐうぃっち(3)[石塚千尋] 椎名母子登場!そして空飛ぶクジラがとってもファンタジー。

古い記事: ダンジョン飯 4巻[九井 諒子][ビームコミックス] 遂にドラゴンと対決!ファリンは無事か!?

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/5068

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

Powered by amaprop.net