棺姫のチャイカ(3)[榊一郎/茶菓山しん太] チャイカと「もの」の正体!水着に水浴びもあるよ!! - こいさんの漫画・ライトノベルの感想

棺姫のチャイカ(3)[榊一郎/茶菓山しん太] チャイカと「もの」の正体!水着に水浴びもあるよ!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

棺姫のチャイカ -3 (カドカワコミックス・エース)


亡国の姫君、討伐皇帝の遺体。
ジレットの口から遂にチャイカと「もの」の正体が明らかになりました。
正直「もの」「もの」書いているのが面倒だったので助かります。
ものの正体は滅亡したがず帝国皇帝の遺体の一部。
英雄が遺体を刻んで持ち帰ったって趣味悪いな。
と思ったらこの遺体が強大な魔法燃料になると。
つまり莫大なエネルギー源。

そしてチャイカの正体はガズ皇帝の娘チャイカ・ガズ。
血筋や家柄がモノを言う時代、亡国の姫は生きているだけで脅威になる。
新たな戦争の火種になりかねない平和の敵であると。
それを守っているトールもまた然り。

いいな、それ。
戦争に逆戻りする、それでも良いのか。
普通の主人公なら戦争はよくないけと言いつつチャイカを見捨てるのも…と悩むところ。
でもトールは悩まない。
戻してもらおうじゃないか、戦国時代に!!
乱波師は戦争しか活躍の場がない。
応用効きそうだけど、少なくともトールはそう思っている模様。

ならば乱波師パラダイスの戦国時代を望むのは必定。
…言ってることがアメリカの軍産複合体とかと一緒です。
歴史に逆行し、平和より戦争を望む主人公。
しかしこうまでハッキリ言われると清々しさすら感じますね。

ドミニカ登場…妹が出てる!
アニメでは丸ごと省略された妹ルツィエが出てきます。
若い姉妹の貴族が治める領地経営はカツカツ。
そのためドミニカは功名を上げようと妹ルツィエを置いて戦場へ。
妹のために。
やがて戦争が終わり、戻ってくると…妹は既に死んでいた。
自分が命がけで頑張ったのは何のため。
最悪の結果に慟哭するドミニカ。
因みに原作にあった妹の死因が結構えげつないんですが、そこまでは描かれていませんね。

ギイ登場…いきなり攻撃!
主人公といえば相手が手を出すまで攻撃しないもの。
という話はトールには通用しません。
でも死なない。
どうやらチャイカが言っていた情報をくれる知らない人がこいつ。

信じる信じないは勝手、と言いながら次の遺体の在処と放置された機車(ヴィークル)の情報をくれる。
追手のジレット隊が迫っているため選択の余地はないと。
突然現れてフッと消えるギイに脅威を感じるトール。
チャイカは騙されているor踊らされているのかもしれない。

水着だ水浴びだ!
中世っぽい世界観ですが目次とEPISODE13に水着のチャイカとアカリ。
同じエピソードでチャイカとアカリが水浴びします。
アニメでも見たかったなこれ。
アカリには無反応なのにチャイカの裸に反応してしまうトール。
ガチロリコンの疑いがあります。

公式サイト公式サイト(原作) / ウィキペディアニコニコ大百科 / 公式Twitter(#棺姫のチャイカ #棺姫のチャイカAB #chaika_anime) / Gyao!


新しい記事: 棺姫のチャイカ(4)[榊一郎/茶菓山しん太] 「竜騎士って知ってるか?」「てへ☆」

古い記事: 棺姫のチャイカ(2)[榊一郎/茶菓山しん太] 嘗てトールはセクハラボーイだった。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4732

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

レビュー作品一覧

あいうえお順です

ピックアップ

Powered by amaprop.net