ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈下〉[柳内たくみ] 特地のヒロイン、日本に行く。 - こいさんの漫画・ライトノベルの感想

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈下〉[柳内たくみ] 特地のヒロイン、日本に行く。

| コメント(0) | トラックバック(0)

ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈下〉 (アルファポリス文庫)


異世界モノの掟破り。
大抵は理由があって帰れない。
むしろ帰るのが最終目的って場合が多いのが異世界モノのお約束。
それが第1巻の後半で実現。
厳重に管理されているけどいつでも行き来が可能というゲートならではの展開ですね。

選ばれたのはテュカ、レレイ、ロゥリィの三人。
追加でピニャとボーゼス。
立場的にはピニャが真っ先に選ばれてもおかしくない、何しろ皇帝の娘ですから。
なのにあんまり扱いが良くない気がするのは何故だろう。

気苦労皇女。
今回のメインはピニャ・コ・ラーダじゃないでしょうか。
正直伊丹との絡みは少ないのですが、出番は多いですね。
自衛隊の凄さを目の当たりにした彼女、その気になれば滅ぼされかねないと戦々恐々。
しかし部下であるボーゼスとパナシェが伊丹を敵と間違えて捕虜にし小突き回してしまう。
「協定違反」に青くなってしまうんですね。

普通なら「誤解があった、ゴメン」で済むですが、専制国家の姫はそうは思わない。
謝ったらそれを口実に開戦→滅亡させられる。
そんな事出来る自衛隊じゃないんですが、自分の国の常識で物を見てしまうと。
謝らずに事態を収められないかと無駄に脂汗流して頓珍漢な奮闘するのが笑える。

特地の美女軍団来日。
テュカ、レレイ、ロゥリィが国会へ。
その美貌とテュカがエルフ、ロゥリィが亜人ということも相まって大評判。
逆に彼女たちも日本の町並みに眼を見張ることになる。
ピニャとボーゼスは頭数に入っていない云わば味噌っかす。
皇女なんですがね。 

しかし彼女たちに目をつけたのは一般人だけじゃありません。
日本に特地の権益を独占させてなるものか。
そういった連中も動き出すと。
中国にロシア…特にアメリカは政治でも軍事でもアプローチを試みてくると。 
みんな彼女たちをお持ち帰りしたくで仕方ないわけです。 
上巻では特地で帝国の軍隊やドラゴンとの派手な戦闘が繰り広げられました。
下巻では日本で各国の特殊部隊との「静かな戦い」が展開されます

伊丹の元妻登場。
これ上巻のキャラ紹介に乗せない方が良かったかも。
そりゃ伊丹に結婚してたなんてびっくりですよ。
だからここまで伏せとけば衝撃的だったのに。
元妻なんで別れた訳ですが…何故か今でも資金援助。

実は彼女「プロの同人作家」という名の無職。
結婚したのも道楽にうつつを抜かしつつ安定した生活を送りたいが為だった。
流石に自分でもダメだと思って別れたのですが結局元の木阿弥、金の無心は変わらない。
当然ながら魅力ゼロです。
伊丹の結婚歴の為にしか存在意義を感じないキャラですね。

伊丹がどんどんチートキャラ化している。
給料泥棒と言われながら、
レンジャー経験あり。
特殊作戦群(通称:特戦)に所属歴あり。
経歴だけ見ればバリバリのエリートじゃないかと。

更に男ばかりの職場でありながら、一度は結婚もしている。
現在は特地の美女達ににくっつかれて嬉しい悲鳴。
そして一番ヤバかったのが大臣(のち首相)とオタ友にしちゃったこと。
これ操縦法間違うと伊丹TUEEE!!するだけになっちゃう。
個人的にはそうならない事を祈ります。

頑張れテュカ。
容姿は伊丹のドストライク、一番最初に出会ったこともありメインヒロインと思しきデュカ。
今回も目立った活躍がありません。
出番という点ではピニャの躍進が著しいですし、
交渉に欠かせないレレイ、戦闘で頼れるロゥリィに比べ目立った売りが無いのが厳しいですね。
エルフ耳くらいですか。
アプローチ面でも相変わらずレレイ、ロゥリィに及ばない。
このまんま空気ヒロインになっちゃったら悲しい。
次巻こそ彼女の活躍に期待したいです、という所で次回です。

公式サイト / 公式サイト(原作) / ウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#gate_anime)


新しい記事: おとめ妖怪 ざくろ(1)[星野リリィ] アニメ化が丁寧だったのが分かる。

古い記事: ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉[柳内たくみ] 現代兵器は剣と魔法の世界で通用するか?

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/4116

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

レビュー作品一覧

あいうえお順です

ピックアップ

Powered by amaprop.net