南Q阿伝(1)[光永康則] 日本は狙われている! - こいさんの漫画・ライトノベルの感想

南Q阿伝(1)[光永康則] 日本は狙われている!

| コメント(0) | トラックバック(0)


阿Q正伝みたいなタイトル。
同じ作者による「怪物王女」で登場した邪神「南久阿」を主人公にした所謂スピンオフ作品です。
前作の執筆で作者の画力が大幅に向上した事もあり、登場する女性が非常に魅力的ですね。

あらすじ
特技は三階から飛び降りること。
一見普通の高校生だが並外れた身体能力を持つ神田太郎。
彼を太郎ではなく太郎丸と呼び接触してくる少女・南久阿。
実は太郎は幼少時に日本古来の神・南久阿の下僕である「太郎丸」を体に宿したことで人外の力を身につけたのでした。

日本は今海外からやってきた渡来神により荒らされつつある。
乗っ取りを阻止して日本を守らなければならない。
こうして半ば強引に南久阿によって戦いに駆り立てられていく太郎であった。

美女美少女盛りだくさん、パンチラ多め、巨乳率高し!
怪物王女に比べ特に見た目大人っぽい美女が多いのが特徴です。
お色気ムンムンの叔母・多重子に太郎の学校の教師・容子。
同級生の南代祝詞も高校生にしてはかなり発育が良い。
獣娘こと人狼とおぼしき大上銀子も同様です。

またパンチラも怪物王女ではほぼ令裡が専門に担当してましたが、この作品ではどのキャラも頻繁にパンチラ。
見た目中学生の南久阿は縞パン率が高いですね。

神田くんの家庭の事情。
太郎は叔母の多重子とその子供(つまり従姉妹)の那由と一緒に暮らしている。
実の両親はどうしたんだろう。
また多重子は太郎から「叔母さん」と言われるのを嫌がっている。
年齢的なオバサンじゃなくて血縁上の叔母さんなのにダメなんですか。
子供だって居るのに。 

因みに那由は見た目10歳ぐらいに見えます。
多重子は30くらいでしょうか、確かに叔母さんは嫌かも。
更に太郎の学校の先生・容子は多重子と高校の同級生だそうで。
正直もっと若いと思ってましたがじゃあこっちもアラサー?

想像ですが二人共29歳でギリギリ20代なのかもしれない。
多重子が19歳で那由を産んだと考えると不可能じゃない。
これぐらいの年齢設定にしておくと読者受けが良さそうですし。

太郎はモテそう。
怪物王女の日郎よりも見た目知的なイケメンに見えます。
まず同居人の従姉妹である那由は間違いなく太郎に惚れてますね。
お兄ちゃんが太ったら嫌!
オバケのQ太郎並に飯を食う太郎から食事を取り上げる様が可愛い。

そして神社が縁で知り合ったクラスメイト・南代祝詞と獣娘大上銀子あたりとイイ仲になりそう。
下手すりゃハーレムも十分あり得ます。
因みに祝詞は巫女の娘にもかかわらず霊感が無いんだとか。
肝心なときに蚊帳の外になっちゃう紗和々ポジションだと厳しいかな。
そんな事も含めて先が気になります、という所で続きます。 

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#)


新しい記事: チアチア[光永康則] パンツ乱れ飛ぶソフトエロ路線へ。

古い記事: 怪物王女(17)(18) 激突、フヒトVSギリアム。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3430

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

レビュー作品一覧

あいうえお順です

ピックアップ

Powered by amaprop.net