ハイスコアガール1&2~ゲーム漫画の皮を被った純愛ラブコメ~ - こいさんの漫画・ライトノベルの感想

ハイスコアガール1&2~ゲーム漫画の皮を被った純愛ラブコメ~

| コメント(0) | トラックバック(0)

1990年代の格ゲーブームに浸かっていた世代に送る。
ストリートファイター2(スト2)やバーチャファイター(バーチャ)など格闘ゲーム全盛期を舞台にした漫画です。
ネットで話をチラホラ見かけて気になってました。
私自身、昔はゲーム三昧で格ゲーにもドップリだったので思い入れがありますね。

●ハイスコアガール1(小学生編)

絵を見てビックリ。
何か怖い、これホラー漫画か何か?
という感じの「萌え」とは一見縁のない絵柄です。

あらすじ
勉強ダメ、スポーツダメという主人公矢口ハルオの唯一の自慢はゲーム。
それもメインはファミコンなどの家庭用ゲームじゃなくてアーケードの対戦格闘ゲー。
小学生でありながら「不良のたまり場」として入店を禁じられているゲーセンに入り浸り。
ハルオは不良ではありません、ただただゲームが好きなだけ。
そんな彼の前に強敵が現れた、同じクラスの大野晶です。

大金持ちの令嬢で容姿端麗、文武両道のお嬢様が何故かゲーセンに居てハルオをコテンパン。
ゲームだけは誰にも負けない。
そんな彼の唯一の拠り所を奪おうとする「なんでも持っている」お嬢様にハルオは憤慨。
なんでお前みたいなお嬢様がこんな所に居るんだよ。
自身のプライドとフィールドを守るため、彼女を追いだそうとするのですが…。

実在のゲームが多数登場。
メインのスト2始めゲームが実名で登場します。
やはり仮の名前じゃ入れ込めないですからね。
また原作者自身かなりゲームに造詣が深いらしく当時の業界事情や業界用語も頻繁に出てきます。
嘗てゲーマーだった人はノスタルジーに浸れることうけあいです。

大野さんは喋らない。
前述のとおり完璧超人の上ゲームも鬼強い大野さん。
でも無口、とにかく無口。
意思表示は大体以下の行動で行います。
・こくこく、と頷くと「YES」
・ふるふる、と首を振ると「NO」
・暴力(怒り、あと照れ隠し)。

初対戦でハメ技使ったハルオに対し台パンどころか台キックして鉄拳パンチ食らわせてきます。

ハルオ…何というリア充。
最初は目障りでしかなかった大野に対し「倒して追い出す」気満々だったハルオ。
しかし人気はあっても友達が居なかったり、習い事に忙殺されて自由にゲームが出来ない事情が明らかになってくる。
ハルオの話題はほぼ100%ゲームです。
そのゲームの話題に目を輝かせる大野に対し世話を焼いてしまう。

新しいゲーセンの噂を聞きつけて自転車に乗るハルオ。
直後当たり前のように荷台に座っている大野の姿が。
小学生で女の子と二人乗りを経験してしまうハルオ。
このようにゲームを通して一見接点の無かった二人は交流していきます。
こうして大野への認識は強敵から同じくゲームを愛する「同志」へと変わっていく。

そして訪れた別れ。
そんな日々は長くは続かなかった。
大野さんがアメリカへ引っ越すことが決まってしまう。
クラス中が別れを惜しむ中意地を張ってしまうハルオ。
しかしゲームのキャラが彼に語りかける。
ここへ来てようやく大野さんが単なるゲーム仲間じゃない事を自覚したハルオは一路空港を目指すと。

大野さんが可愛すぎる。
前述のとおりホラーチックな絵柄、それも作画が不安定。
なのに大野さんの挙動が物凄く可愛い。
分かりにくいですがゲームに目を輝かせるところやハルオとの時間を楽しんでいる僅かな表情の変化が何とも堪りません。

台詞が皆無なのでアニメ化したら声優要らないから楽だななんて思ってしまいました。
実際は台詞こそ無いものの泣いたり唸ったりするので声優は必要なんですが。 

この漫画は巻を追う毎に時間が流れるタイプです。
なので小学生編は今回でおしまい。
話は続くのですが、第一巻で一つの物語が完結しています。
単巻で読んでも全巻通しても楽しめる内容となっています。

●ハイスコアガール2(中学生編1)

あれから二年、新ヒロイン日高小春登場。
大野さんがアメリカへ旅立って二年の時が流れ、ハルオも中学生になりました。
頭のなかは相変わらずゲームでいっぱい。
学校でゲーセンの出入りを咎められても馬耳東風です。

傍から見るとバカなのに人生楽しそうに見えたんでしょうか。
無趣味で無為な日々を送る少女・日高小春はそんなハルオがちょっと気になっていたと。
この二人が急接近するきっかけはやはりゲーム。
日高の実家である酒屋がゲーム筐体を置いたことでハルオと接点が出来る。

ハルオのコミュ力は高い。
ゲーム馬鹿みたいなハルオですが、クラスのそれもあまり離したことのない女子に気軽に声を掛ける。
基本物怖じしない性格みたいです。
そして家庭用ゲーム機の話題に疎い大野さんや、ゲームそのものに興味がなかった日高を惹きつける話術。
わりと…というかかなりコミュニケーション能力は高いです。

そんでもってゲームではありますが、好きな事にひたすら熱中するその姿。
モテモテとは行かなくても、これは結構モテますよね。
まあ本人はひたすらゲームの事しか考えてなくて、日高も気になったり幻滅したりを繰り返すんですが。

帰ってきた!
自覚のないまま日高との交流を深めていくハルオ。
そんな二人に波乱が訪れます。
二年前アメリカに引っ越した大野さんの帰国&ハルオの中学への転入。
大野さんの帰還に激しい衝撃を受けるハルオ。
これは武者震いなのかそれとも…。
という所で次巻へと続きます。

三角関係必至か?
普通二人のヒロインが出ると、どっちかに人気が集中しちゃう事も多い。
でも大野さんと日高小春は正直甲乙つけがたいです。
やっぱり最初に出てきた大野さんが有利だとは思うんですが…日高の健気さと一途さも非常に魅力的。
何しろ彼女がゲームをするのはひたすらハルオの為ですからね。 


新しい記事: ハイスコアガール3&4~日高小春の猛攻~

古い記事: 琴浦さん1 (マイクロマガジン☆コミックス) [コミック] 噂には聞いてたけど森谷の実家の設定が違うのね。

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3407

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

レビュー作品一覧

あいうえお順です

ピックアップ

Powered by amaprop.net