僕は友達が少ない 7(MF文庫) - こいさんの漫画・ライトノベルの感想

僕は友達が少ない 7(MF文庫)

| コメント(0) | トラックバック(0)


学園祭&新キャラ。
リア充のイベントと毛嫌いしてた隣人部ですが、学園祭に参加が決定。
紆余曲折の挙句決まったのが映画。
・・・なんか涼宮ハルヒの憂鬱を連想させますね。

アチラはハルヒ考案の思いつき脚本のツギハギでした。
こちらは一応夜空がガッツリ脚本を作ってくる・・・と思ったら紆余曲折で段々ハルヒっぽくなってしまった。
もはやパクリなのかパロディなのか判断に迷うところです。

新キャラとして星奈をライバル視するちびっこの遊佐葵、そして生徒会長の日高日向が登場。
ただどちらも顔見せ程度で隣人部との絡みが薄い。
今後生かせるのかは次巻以降に期待といったところです。

夜空と星奈、どこで差が付いたのか。
隣人部=小鷹ハーレムとよく言われますが、

恋愛キャラ・・・夜空、星奈。
ギャグキャラ・・・幸村、理科。
妹キャラ・・・小鳩、マリア。
 

実質夜空と星奈の一騎打ちで間違い無いと思います。
ケイトが第三勢力になるかもと考えた事もありましたが、彼女は星奈に遠慮してます。
そして両者を比較すると人気、作中の扱いで圧倒的に星奈が優位となっていました。

更にこの巻では残り少ない夜空のアドバンテージが尽く覆されてしまう。
将に肉一強という状態になります。
流石に星奈が強過ぎで勝負にならない気がするのですがどう収めるんでしょう。

見所は小鳩と理科。
でしょうか。
隣人部メンバーは全員ぼっちで教室に居場所がない。
ところが小鳩の場合は事情が異なっていたことが判明。
小鳩は言動が痛々しいだけでじつは他のメンバーほど攻撃的じゃない。
もしかしたら脱隣人部に一番近いのは小鳩かもしれませんね。

また理科、星奈、マリアと天才の多い隣人部の部員。
星奈とマリアは頭は良いのですが間の抜けた所があります。
一方で理科は人間の機微にも聡かった。
彼女は小鷹が分かっていながらある事を黙っている事実に既に気づいていた。
今回の意味深な引きはこちらです。

毎回ラストで重大な事実が発覚し、次巻でウヤムヤになるのがはがないのパターン。
そろそろこちらにも変化が欲しいですね。 

DVD特装版。
第六巻では特装版にドラマCDが付きましたが、第七巻の特装版はアニメDVDが付属。
・時間は10分ほど。
・価格は2,980円。通常版は609円なのでDVDの値段は2,371円。
流石に高すぎる。
通常の30分アニメ(約24分)に直せば5,690円もするんですか。
はがないに相当入れ込んでいる人でもないと厳しい値段です。
出来ればBD/DVDの初回特典に入れて欲しいですね。

そんな訳で通常版の評価は★4つ、特装版の評価は★2つ、合わせて★3つでの評価です。 

新しい記事: 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3 (GA文庫) [文庫]

古い記事: 迷い猫オーバーラン!2(ジャンプコミックス)

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1401

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

レビュー作品一覧

あいうえお順です

ピックアップ

Powered by amaprop.net