僕は友達が少ない 3 (MFコミックス アライブシリーズ) - こいさんの漫画・ライトノベルの感想

僕は友達が少ない 3 (MFコミックス アライブシリーズ)

| コメント(0) | トラックバック(0)


遂に隣人部ヒロインが全員集結。
顔は怖いけど他はそつなくこなす小鷹の意外な弱点。
それはギャグがつまらないこと。
にもかかわらず自分ではギャグのセンスがあると思い込んでる事だった。
本人はドヤ顔決めてますが、小鷹もまた残念な子です。

今回はマリア、そして理科が登場。
更に部活中心の小鷹を追いかけて小鳩までやってきた。
これで隣人部の面々が勢ぞろいしたことになります。 

理科は漫画で魅力UP。
筋金入りの変態キャラである理科はやはり表情が見られる漫画だと面白いですね。
しかし「ガムダン」や「オヴァ」は目線が入ってるだけでまんまガンダムとエヴァです。

理科は表情がコロコロ変わるのですが、実に可愛く描けていますね。
何か変態キャラというのを忘れてしまうほど可愛い。
これは嬉しい誤算でした。 

激突!!マリアVS小鳩。
今回の見所はなんといってもここ。
弁当をくれる小鷹にすっかり懐いてしまったマリア。
小鳩の立場あやうし。
大好きなお兄ちゃんを取られてなるか、本当の妹はウチじゃ!
そう意気込んで隣人部に乗り込んで来る訳です。

全員を見回した時に発動した小鳩センサーは漫画版オリジナルの演出ですね。
星奈が★5つで一番危険だったのですが、どんな意味があるんだろう。
・単純に変態度。
・女の本能から見た小鷹への危険度。
★の数が理科>夜空だったから変態度かな?

遅れて登場したマリアとは会う前から不倶戴天の敵。
・小鷹と同じ部活。
・小鷹が弁当を作ったのはマリアの為。
・マリアはシスター、小鳩は自称吸血鬼(悪魔)
そんな訳で激突必死です。
10歳のマリアと取っ組み合いの喧嘩する14歳の小鳩。
止めなきゃいけないんだけどどこか微笑ましい。

理科の意外な可愛さと、期待通りの小鳩の可愛さが爆発しています。
今回も面白かったです。 

公式サイトウィキペディア / 月刊コミックアライブアライブ公式ブログ / ゲーム公式サイト

新しい記事: 僕は友達が少ない+ 1 (ジャンプコミックス)

古い記事: 僕は友達が少ない 2 (MFコミックス アライブシリーズ)

関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://koisananime.com/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1283

コメントする

2019年1期のアニメ
(まだレビュー中)

相互リンク

Blogランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

レビュー作品一覧

あいうえお順です

ピックアップ

Powered by amaprop.net